Hub サービス コンソールの [従業員セルフサービス] ページでは、Workspace ONE Intelligent Hub で利用できるセルフサービス サポートのタイプをカスタマイズできます。

セルフサービス タブへ役立つリンクを追加して、基本的なデバイス管理タスクの実行、問題の調査、および問題の解決方法について、ユーザーに対して支援および教育を行うことができます。これらのリンクにより、ヘルプ デスク チケットとサポートの問題の数を減らすことができます。

ブラウザで [セルフサービス] タブを表示するオプションが、グローバル設定でデフォルトでオンになっています。このオプションは、[従業員のセルフサービス] ページで無効にできます。従業員のセルフサービス タブのバージョンを作成し、特定のグループに割り当てられた特定のユーザー グループに役立つリンクを設計して、特定のグループに割り当てられた Hub テンプレートにバージョンを追加できます。

セルフサービス タブ名を変更する

Intelligent Hub アプリケーションに表示されるタブは、ナビゲーション バーに [サポート] として表示されます。[従業員のセルフサービス] ページでラベルを変更できます。新しい名前は、アプリケーション ビューが更新されたときにナビゲーション バーに表示されます。

連絡先情報を管理する

デバイスを加入するように Workspace ONE UEM が構成されていて、Hub サービスで構成されている場合、[従業員のセルフサービス] ページに連絡先セクションが表示されます。表示されるサポート E メール アドレスと電話番号は、[Workspace ONE UEM] > [Device] > [Enrollment] > [Customization] ページで構成されています。

注: Workspace ONE UEM Console の [カスタマイズ] タブには、E メールと電話番号の例が表示されます。この例の設定を変更しない場合は、[連絡先] セクションにこの情報が表示されます。 Intelligent Hub サポート タブの E メールと電話番号の連絡先情報を構成する を参照してください。

ユーザー デバイス管理のためのセルフサービス オプション

デバイス セルフサービスを有効にすると、Intelligent Hub アプリケーションの [セルフサービス] タブに [マイ デバイス] セクションが表示されます。[マイ デバイス] セクションには、ユーザーのデバイスに関する詳細情報が表示されます。デフォルトでは、ユーザーはデバイスを追加し、有効になっているデバイスのプロファイルをインストールできます。ユーザーは、[同期] をクリックして、すべてのプロファイルをデバイスに同期することもできます。

これらのオプションは、[従業員のセルフサービス] ページで無効にできます。

役立つリンクの追加

セルフサービス ヘルプのための推奨される内部または外部のサイトやナレッジベースの記事にユーザーを誘導するためのリンクを追加できます。これらのリンクを使用して、ユーザーはサポート チームに問合わせる前に問題の解決方法を見つけることができます。これらのリンクは、[セルフサービス] タブの [[役立つリソース]] セクションに表示されます。