ユーザーがデバイス アプリ ストアから VMware Workspace ONE Intelligent Hub アプリケーションをダウンロードするか、管理者が Workspace ONE UEM を構成して Workspace ONE Intelligent Hub アプリケーションを管理対象アプリケーションとしてデバイスにプッシュすることができます。

Intelligent Hub アプリケーションを Workspace ONE UEM Console から組織内の特定のグループおよびユーザーに展開します。ユーザーがデバイス上で Workspace ONE アプリケーションにログインした後、資格付与された Web および SaaS アプリケーションにアクセスすることができます。

次の手順では、Workspace ONE UEM Console から Intelligent Hub アプリケーションを管理対象アプリケーションとしてプッシュします。

注: Workspace ONE UEM での管理対象アプリケーションの構成の詳細については、 VMware Workspace ONE UEM ドキュメント センターの『VMware Workspace ONE UEM アプリケーション管理ガイド』を参照してください。

前提条件

Workspace ONE Intelligent Hub アプリケーションを Workspace ONE UEM Console からプッシュするよう計画している場合、アプリケーションの使用資格が付与されたエンド ユーザーのスマート グループを準備します。

手順

  1. Workspace ONE UEM Console で、[アプリとブック] > [アプリケーション] > [ネイティブ] > [公開] の順に移動して、[アプリケーションを追加] を選択します。
  2. プラットフォームを iOS または Android から選択します。
  3. [アプリ ストアを検索] を選択し、[名前] テキスト ボックスに、アプリケーション ストアで VMware Workspace ONE を検索するためのキーワードとして「Workspace ONE」を入力します。
  4. [次へ] を選択し、[選択] を使用して、アプリケーション ストアの検索ページから Workspace ONE Intelligent Hub アプリケーションをアップロードします。
  5. 次のタブ設定で、Intelligent Hub ユーザーの割り当てと展開のオプションを構成します。
    タブ 説明
    情報 サポートされるデバイス モデル、評価、およびカテゴリなどに関する情報を入力および表示します。
    割り当て Workspace ONE Intelligent Hub アプリケーションを、デバイス上でアプリケーションを使用することができるエンド ユーザーのスマート グループに割り当てます。
    展開

    該当する場合は、可用性と高度なエンタープライズ モビリティ管理 (EMM) 機能を構成します。

    管理対象アプリケーションを自動的に構成するには、[アプリケーション構成を送信] を有効にして、エンタープライズ用アプリケーション構成 (ACE) のキー値のペアを入力します。エンタープライズ キーと値のペアに関する Workspace ONE UEM アプリケーションの構成を参照してください。

    利用条件 (オプション)Workspace ONE Intelligent Hub アプリケーションを使用するための [利用条件] を有効にします。
  6. [保存と公開] を選択して、ユーザーがアプリケーションを利用できるようにします。
    サポートされている各プラットフォームでこれらの手順を完了します。