役割を削除すると、Workstation Pro は役割のリストから定義を削除します。

重要:

役割の割り当てを削除または置き換える前に、ユーザーへの影響について必ず理解しておきます。

前提条件

リモート ホスト上の役割を削除する場合には、リモート サーバに接続します。リモート サーバへの接続を参照してください。

手順

  1. [役割を編集] ダイアログ ボックスを開きます。

    オプション

    説明

    ローカル ホスト上の役割の削除

    • (Windows ホスト)[共有 VM] を右クリックし、[役割] を選択します。

    • (Linux ホスト)[共有 VM] を右クリックし、[役割を編集] を選択します。

    リモート ホスト上の役割の削除

    • (Windows ホスト)リモート ホストを右クリックし、[役割] を選択します。

    • (Linux ホスト)リモート ホストを右クリックし、[役割を編集] を選択します。

  2. 削除する役割を選択し、[削除] をクリックします。

    Windows ホストでは、Workstation Pro によりホスト上で構成されている、ユーザーまたはグループと役割の組み合わせが削除されます。他のアクセス権限が割り当てられていないユーザーまたはグループはすべての権限を失います。

  3. 役割がユーザーまたはグループに割り当てられている場合、再割り当てオプションを選択して [OK] をクリックします。

    オプション

    説明

    影響を受けるすべてのユーザーおよびグループから役割を削除する

    • (Windows ホスト)[役割の割り当てを削除] を選択します。

    • (Linux ホスト)[影響を受けるアクセス権限を削除] を選択します。

    他のアクセス権限が割り当てられていないユーザーまたはグループはすべての権限を失います。

    影響を受けるすべてのユーザーおよびグループから役割を削除し、別の役割を割り当てる

    • (Windows ホスト)[影響を受けるユーザーに再割り当てする役割] を選択し、役割を選択します。

    • (Linux ホスト)[影響を受けるアクセス権限を再割り当てする役割] を選択し、役割を選択します。