Workstation Pro で作成した仮想マシンは、別のホスト システム、または同一ホスト システム上の別の場所に移動できます。異なるオペレーティング システムが稼働しているホスト システムに仮想マシンを移動することもできます。

始める前に

  • Workstation Pro が移動後の仮想マシンの UUID を生成する方法について理解しておく必要があります。仮想マシン UUID の使用を参照してください。

  • 仮想マシンを別のホスト システムに移動する場合は、仮想マシンを新しいホストに移動する場合の制限事項について理解しておく必要があります。別のホストへの仮想マシンの移動の制限を参照してください。

  • リンク クローンまたは親仮想マシンを移動する場合は、クローンが親仮想マシンにアクセス可能であることを確認してください。詳細については、リンク クローンの移動を参照してください。

  • 移動する仮想マシンのディレクトリに保存されているファイルのバックアップ コピーを作成してください。

このタスクについて

仮想マシンの移動では、通常、その仮想マシンを構成するすべてのファイルを移動する必要があります。仮想マシンの作成時に仮想マシンの元のディレクトリにあるすべてのファイルを移動する必要があります。Workstation Pro 仮想マシンに関連するすべてのファイルのパス名は、この仮想マシン ディレクトリからの相対パスで表されます。仮想マシンのディレクトリ以外のディレクトリにファイルを保存した場合は、仮想マシンの場所を基準にして同じ位置にある同じ名前のディレクトリにそれらを移動してください。

仮想マシンを新しいホスト システムや同じホスト システム上の別の場所に移動すると、Workstation Pro は仮想ネットワーク アダプタに新しい MAC アドレスを割り当てます。また、Workstation Pro は仮想マシンの構成ファイルへのパスに使用するディレクトリ名を変更した場合にも、新しい MAC アドレスを割り当てます。

手順

  1. 仮想マシンのディレクトリに、すべての仮想マシン ファイルが格納されていることを確認します。

    一部のファイルが、仮想マシンのディレクトリの外に存在することがあります。

  2. ゲスト OS をシャットダウンしてから仮想マシンをパワーオフにします。
  3. 仮想マシン ファイルを新しい格納場所にコピーします。
  4. 仮想マシンを同一ホスト システム上の異なる場所に移動した場合は、その仮想マシンをライブラリから削除し、ファイル > 開く を選択してから、新しい場所にある仮想マシン構成ファイル (.vmx) を参照して指定します。
  5. 仮想マシンを異なるホスト システムに移動した場合は、新しいホスト システム上で Workstation Pro を起動し、ファイル > 開く を選択してから、仮想マシン構成ファイル (.vmx) を参照して指定します。
  6. 新しい格納場所で仮想マシンが正常に動作することを確認できたら、元の格納場所から仮想マシン ファイルを削除してください。
  7. 仮想マシンが正しく動作しない場合は、すべての仮想マシン ファイルが新しい格納場所にコピーされているか、確認します。

    仮想マシン デバイスの設定を調べて、新しい格納場所からアクセスできない場所が関連ファイルの中に指定されていないか確認します。