標準インストールでは、SaltStack Config インストーラで提供されているオーケストレーション highstate を実行します。highstate は Salt マスターで実行され、マルチノード環境を設定します。これにより、PostgreSQL、Redis、および RaaS ノードをホストする他の 3 台のノードに、中核となる SaltStack Config アーキテクチャがインストールされます。

このインストール シナリオの最終的な目的は、それぞれ異なるホスト機能を持つ 4 台のノードを構成することです。以下の各ノードは、Salt マスターのミニオンでもあります。

  • Salt マスター ノード
  • PostgreSQL データベース ノード
  • Redis データベース ノード
  • RaaS ノード(別名 SaltStack Config ノード)
注: 問題のある用語を取り除くという VMware の取り組みの一環として、 SaltStack Config とその関連製品およびドキュメントで使用されている Salt マスターという用語は、より適切な用語に置き換えられます。この用語の更新が完全に完了するのは、いくつかのリリース サイクル後になる可能性があります。

高可用性

複数の Salt マスターまたは複数の RaaS ノードを設定できます。1 台のノードで Salt マスター サービスを実行し、別のノードで 2 つ以上の他のサービスを組み合わせることもできます。この種のシステム アーキテクチャを構成する手順については、このガイドでは詳しく説明していません。

高可用性やカスタム アーキテクチャの要件については、コンサルティング サービスが必要な場合があります。ただし、同じタイプの複数のノードを設定する前に、通常はマルチノード インストールのシナリオから始めて、後で追加のアーキテクチャを構成します。

高可用性の詳細については、システム アーキテクチャの要件を参照してください。

開始する前に

インストール プロセスを開始する前に、次のインストール前のタスクを確認して実行します。

標準インストールの場合は、Salt のインストールまたはアップグレードページに記載されているすべての手順を実行することが特に重要です。特に、SaltStack Config インストーラに必要な依存関係をインストールの 4 台のノードすべてにインストールする[必要があります]。これを行わないと、インストールは失敗します。失敗したインストールを修正するには、詳細なトラブルシューティングが必要な場合があります。支援が必要な場合は、サポートに連絡してください。