Management Pack for Microsoft Azure は組み込みのアダプタで、各アダプタ インスタンスに対して診断ダッシュボードを提供し、Microsoft Azure からメトリックを収集します。クラウド アカウントを追加して、 vRealize Operations Cloud のアダプタ インスタンスを構成できます。

前提条件

  • Management Pack for Microsoft Azure がアクティベート解除されている場合は、 vRealize Operations Cloud でそれをアクティベートします。詳細については、ソリューションの [リポジトリ] ページを参照してください。
  • この構成で使用するクライアント シークレットを Microsoft Azure ポータルで生成します。詳細については、クライアント シークレットの生成を参照してください。

手順

  1. メニューで、[管理] をクリックします。
  2. 左側のペインで、[ソリューション] > [クラウド アカウント] の順にクリックします。
  3. [アカウントの追加] をクリックし、[Microsoft Azure] を選択します。
  4. クラウド アカウント情報を入力します。
    オプション 操作
    名前 アダプタ インスタンスの名前を入力します。
    説明 アダプタ インスタンスの説明を入力します。
  5. 接続を構成します。
    オプション 操作
    サブスクリプション ID Microsoft Azure のサブスクリプション ID を入力します。
    ディレクトリ (テナント) ID Azure Active Directory のディレクトリ(テナント)ID を入力します。
    認証情報 プラス記号をクリックして、Microsoft Azure へのアクセスに使用する認証情報を追加します。
    • 作成する認証情報の値に対するインスタンス名を入力します。この値は、アダプタ インスタンスの名前ではなく、シークレット認証情報に対するフレンドリ名です。
    • Azure Active Directory のアプリケーション ID を入力します。
    • Microsoft Azure ポータルでアプリケーション用に生成したクライアント シークレットを入力します。
    • ネットワークに必要なローカル プロキシ情報があれば入力します。
    コレクタ/グループ アダプタ インスタンスを実行させるコレクタを選択します。コレクタは、オブジェクトをインベントリに収集して監視します。デフォルトで指定されているコレクタは、最適なデータ収集のために選択されています。
  6. [テスト接続] をクリックして、接続を検証します。
    注:

    テスト接続が失敗した場合は、クラウド アカウントを追加しないでください。

    失敗したテスト接続を使用するクラウド アカウントを追加すると、 vRealize Operations Cloud でアダプタ インスタンスのデータが収集されないことがあります。この問題を解決するには、クラウド アカウントを削除し、正しい情報を使用してクラウド アカウントを再度追加します。プロキシを使用している場合は、プロキシ接続が効率的であることを確認します。

  7. [[Add]] をクリックします。

次のタスク

vRealize Operations Cloud がデータを収集していることを確認します。
情報を表示する場所 表示する情報
[環境] アダプタ インスタンス関連のオブジェクトはインベントリ ツリーに追加されます。詳細については、Management Pack for Microsoft Azure のオブジェクトの表示を参照してください。

アダプタで収集されるメトリックの詳細については、「Metrics for the Management Pack for Microsoft Azure」を参照してください。

[ダッシュボード] アダプタ インスタンスのダッシュボードが vRealize Operations Cloud に追加されます。詳細については、Management Pack for Microsoft Azure ダッシュボードを参照してください。