[リポジトリ] ページでは、ネイティブ Management Pack のアクティベーション/アクティベーションの解除、または他の Management Pack のアンインストールを行えます。

[[リポジトリ] ページの場所]

メニューで、[管理] をクリックします。左側のペインで、[ソリューション] > [リポジトリ] の順に選択します。

表 1. [リポジトリ] ページのオプション
オプション 説明
VMware ネイティブ Management Pack
名前 ソリューションの名前。
有効化 ネイティブ Management Pack をインストールします。アクティベーション後のクラウド Management Pack は [ソリューション] > [クラウド アカウント] で構成できます。アクティベーション後のその他のすべての Management Pack は、[ソリューション] > [Other Accounts] で構成できます。

すべてのクラスタのノードにアクセスできる場合にのみ、アクティベーションが開始されます。

注: 事前インストールされた Management Pack は、デフォルトで有効になっています。これらは適宜 [クラウド アカウント] または [Other Account] ページから構成できます。 [Add Account] をクリックして、ソリューションを構成します。
無効化 Management Pack をアンインストールします。
注: 事前インストールされた Management Pack を無効にすることはできません。
ステータス Management Pack が構成されているかどうかを示します。緑色のチェックマークは、Management Pack が正常にインストールされていることを示します。構成されている場合は、それに関連付けられているアカウントの数を表示できます。

アカウントを表示または編集するには、アカウント リンクをクリックして、Management Pack に関連付けられているアカウント ページに移動します。

提供元 ソリューション作成元のベンダーまたはメーカーの名前。
バージョン ソリューションを識別するバージョンとビルド番号。
コンテンツの表示 Management Pack を使用して、デプロイされたコンテンツのリストを表示します。
デフォルトの内容の再設定 このオプションは、VMware vSphere ソリューションでのみ使用できます。

vRealize Operations Cloud のインスタンスを更新し、アラート定義とシンプトム定義を上書きするオプションを選択した後、既存のコンプライアンスのアラート定義を上書きする必要があります。

vRealize Operations Cloud の現在のバージョンをアップグレードする場合、このオプションを選択して、アラート定義とシンプトム定義を上書きする必要があります。アラート定義とシンプトム定義を上書きしない場合、コンプライアンス ルールでは新旧の定義がともに使用されます。

その他の Management Pack

名前、ステータス、バージョン、ソリューション作成元のベンダーまたはメーカー名など、非ネイティブの Management Pack に関する詳細が表示されます。関連するデータ、メタデータ、特別な設定が不要のコンテンツを含む特定 Management Pack をアンインストールできます。Management Pack をアンインストールするには、[アンインストール] をクリックし、[リスクを理解したうえで同意します] を選択します。