登録された アイデンティティ ソースのリストから アイデンティティ ソースを削除できます。この場合、削除されたアイデンティティ ソースを使用するユーザーは、vCenter Single Sign-On に認証されなくなります。

手順

  1. Web ブラウザから vSphere Web Client または Platform Services Controller に接続します。
    オプション 説明
    vSphere Web Client https://vc_hostname_or_IP/vsphere-client
    Platform Services Controller https://psc_hostname_or_IP/psc

    組み込みで展開した場合は、Platform Services Controller のホスト名または IP アドレスは vCenter Server のホスト名または IP アドレスと同じです。

  2. administrator@vsphere.local または vCenter Single Sign-On 管理者グループの別のメンバーのユーザー名とパスワードを指定します。
    インストール時に異なるドメインを指定した場合は、administrator@ mydomain としてログインします。
  3. vCenter Single Sign-On の設定を行うユーザー インターフェイスに移動します。
    オプション 説明
    vSphere Web Client
    1. [ホーム] メニューから [管理] を選択します。
    2. [Single Sign-On] で、[構成] をクリックします。
    Platform Services Controller [Single Sign-On] で、[構成] をクリックします。
  4. [アイデンティティ ソース]タブで、アイデンティティ ソースを選択して[アイデンティティ ソースの削除]アイコンをクリックします。
  5. 確認を求められたら[はい]をクリックします。