vSphere Data Protection または vSphere Storage APIs - Data Protection に統合されたサードパーティ製品を使用して、vCenter ServervCenter Server Appliance、または Platform Services Controller を含む仮想マシンをバックアップおよびリストアすることができます。

vSphere Data Protection は、EMC を備えた、ディスクベースのバックアップおよびリカバリ ソリューションです。vCenter Server に完全に統合された vSphere Data Protection を使用すると、重複排除されたターゲット ストレージの場所にバックアップを格納する際にバックアップ ジョブを管理できます。vSphere Data Protection をデプロイして構成すると、vSphere Web Client インターフェイスを使用して vSphere Data Protection にアクセスし、仮想マシンのバックアップおよびリカバリを選択、スケジューリング、構成、および管理できるようになります。vSphere Data Protection はバックアップ中に仮想マシンの静止スナップショットを作成します。バックアップ操作をするたびにデデュープが自動的に実行されます。

vSphere Data Protection を使用して、vCenter ServervCenter Server Appliance または Platform Services Controller が含まれる仮想マシンのフル イメージ バックアップを実行できます。仮想マシンは、DNS で正しく解決される完全修飾ドメイン名 (FQDN) を使用するか、そのホスト名が IP アドレスになるよう構成されている必要があります。ホスト名が IP アドレスとして構成されている場合、その IP アドレスは変更できません。

次のバックアップおよびリカバリはサポートされていません。

  • 増分バックアップ

  • 差分バックアップ

  • 個々のディスクのバックアップ

  • スナップショットがある仮想マシン

  • Fault Tolerance で構成された仮想マシン

VMware vSphere Storage APIs - Data Protection に統合されたサードパーティ製品を vSphere Data Protection の代わりに使用することもできます。

VMware vSphere Storage APIs - Data Protection は、vSphere 仮想マシンを一元的かつ効率的に、オフホストの LAN フリー バックアップをバックアップ製品によって可能にするデータ保護フレームワークです。VMware vSphere Storage APIs - Data Protection の詳細については、VMware の Web サイトを参照してください。バックアップ製品を vSphere Storage APIs - Data Protection に統合する方法については、お使いのバックアップ製品のベンダーにお問い合わせください。