ルールを作成して有効なルール セットに追加したら、最初のホストをプロビジョニングし、その vCenter Server の場所を確認して、セットアップしたイメージのプロビジョニングの検証を行います。

手順

  1. 最初の ESXi ターゲット ホストとして使用する物理ホストへのコンソール セッションを開き、ホストを起動して、正常に iPXE ブートされたことを示すメッセージを確認します。

    起動プロセスで、DHCP がホストに IP アドレスを割り当てます。この IP アドレスは、事前に DNS サーバで指定した名前です。ホストは vSphere Auto Deploy サーバに接続し、iPXE の tramp ファイルに示されている HTTP URL から ESXi のバイナリをダウンロードします。この tramp ファイルは、事前に TFTP_Root ディレクトリにダウンロードしたものです。vSphere Auto Deploy の各インスタンスは、TFTP サーバ用に一連のカスタム ファイルを作成します。

  2. vSphere Auto Deploy サーバを管理する vCenter Server システムに接続するには vSphere Web Client を使用します。
  3. vSphere Web Client のホーム ページで、ホストおよびクラスタ をクリックします。
  4. 新しくプロビジョニングされたホストが、データセンター レベルの vCenter Server インベントリ内にあることを確認します。

    デフォルトでは、vSphere Auto Deploy は、起動プロセスの完了時にホストをデータセンターに追加します。

次のタスク

ホストからホスト プロファイルを抽出し、ユーザー入力を要求するように設定します。