vSphere Auto Deploy インフラストラクチャを構成したら、ESXi ソフトウェア デポを追加して、イメージ プロファイルを指定し、ルールを作成してそれを有効なルール セットに追加する必要があります。

このタスクについて

vSphere Auto Deploy は、ESXi インストール プロセスで使用する VIB セットを定義するイメージ プロファイルをホストにプロビジョニングします。イメージ プロファイルは、ソフトウェア デポに格納されます。ホストのプロビジョニングを開始する前に、適切なイメージ プロファイルが利用できることを確認します。 PowerCLI セッションにソフトウェア デポを追加する場合は、そのセッションでのみ利用可能です。ソフトウェア デポを複数のセッションで継続して使用することはできません。

このタスクの手順には、 PowerCLI コマンドレットの実行が含まれます。 PowerCLI セッションで実行できる vSphere Auto Deploy コマンドレットの詳細については、vSphere Auto Deploy PowerCLI コマンドレットの概要を参照してください。

前提条件

PowerCLI を実行するシステムから、プロビジョニングする ESXi ホストにアクセスできることを確認します。

手順

  1. vCenter Server がインストールされる Windows システムのコンソールに、管理者として直接ログインするか、または RDP を使用してログインします。

    この作業では、vCenter Server システムが実行中のシステム上に、 PowerCLI がインストールされていることを想定しています。

  2. PowerCLI セッションで Connect-VIServer コマンドレットを実行し、vSphere Auto Deploy が登録される vCenter Server システムに接続します。
    Connect-VIServer ipv4_address

    この コマンドレットはサーバ証明書の警告を返す場合があります。本番環境では、サーバ証明書の問題が発生していないことを確認します。開発環境では、この警告は無視できます。

  3. vCenter Server 認証情報を入力します。
  4. Add-EsxSoftwareDepot を実行して PowerCLI セッションにオンライン デポを追加します。
    Add-EsxSoftwareDepot https://hostupdate.vmware.com/software/VUM/PRODUCTION/main/vmw-depot-index.xml

    新しく PowerCLI セッションを開始するたびに、ソフトウェア デポを追加する必要があります。

  5. Get-EsxImageProfile コマンドレットでデポの内容を確認して、ソフトウェア デポが正しく追加されたかどうか検証します。

    コマンドレットはデポに含まれるすべてのイメージ プロファイルの情報を返します。

  6. New-DeployRule コマンドレットを実行して新しいルールを作成します。
    New-DeployRule -Name "InitialBootRule" -Item ESXi-6.0.0-2494585-standard -AllHosts

    コマンドレットは、指定されたイメージ プロファイルをインベントリのすべてのホストに割り当てるルールを作成します。

  7. 有効なルール セットに新しいルールを追加して、そのルールを vSphere Auto Deploy サーバで使用できるようにします。
    Add-DeployRule	-DeployRule "InitialBootRule"

次のタスク

最初のホストに vSphere Auto Deploy をプロビジョニングし、そのイメージ プロビジョニングを検証します。