vSphere Auto Deploy を使用したプロビジョニングを実施したことがないホスト(最初の起動)のプロビジョニングは、それ以降の起動でのプロセスとは異なります。ホストを準備し、その他すべての前提条件を満たしてから、ホストをプロビジョニングする必要があります。任意で vSphere Web Client または PowerCLI コマンドレットを使用して、vSphere ESXi Image Builder でカスタム イメージ プロファイルを定義できます。

前提条件

手順

  1. ホストを起動します。

    ホストは DHCP サーバに接続し、サーバがポイントする場所から iPXE をダウンロードします。次に、ルール エンジンで指定されたイメージを使用して、vSphere Auto Deploy サーバがホストをプロビジョニングします。vSphere Auto Deploy サーバは、ルール セットで指定されている場合は、ホスト プロファイルをホストに適用する場合があります。最後に、vSphere Auto Deploy は、ルール セットで指定されている vCenter Server システムにホストを追加します。

  2. (オプション) : vSphere Auto Deploy が、IP アドレスなどのユーザー入力を要求するホスト プロファイルを適用する場合、ホストはメンテナンス モードになります。vSphere Web Client でホスト プロファイルを再び適用して、プロンプトが表示されたらユーザー入力を行います。

タスクの結果

最初の起動プロセス後は、ホストは実行され、vCenter Server システムによって管理されます。vCenter Server はホストのイメージ プロファイル、ホスト プロファイル、および場所の情報を保存します。

これで、必要に応じてホストを再起動できます。再起動するたびに、ホストは vCenter Server システムによって再びプロビジョニングされます。

次のタスク

必要に応じてホストを再プロビジョニングします。ホストの再プロビジョニングを参照してください。

イメージ プロファイル、ホスト プロファイル、カスタム スクリプト、またはホストの場所を変更する場合は、vSphere Web Client を使用してルールを更新し、それらをアクティベートするか、 PowerCLI セッションでコンプライアンスのテストおよび修復の操作を実行します。ルールおよびルール セットまたはルールのコンプライアンスのテストおよび修復を参照してください。