vSphere Auto Deploy でプロビジョニングされるホストには、コア ダンプを保存するためのローカル ディスクがありません。vSphere Web Client のホスト プロファイル機能を使用してリファレンス ホストを構成し、ESXi Dump Collector を使用することができます。

このタスクについて

esxcli system coredump コマンドを使用して、ESXi Dump Collector を使用するホストを設定し、そのホストのホスト プロファイルを保存することがベスト プラクティスです。詳細については、ESXCLI を使用した、ESXi Dump Collector の構成を参照してください。

前提条件

  • コアダンプ ポリシーを構成するホスト プロファイルを作成したことを確認します。ホスト プロファイルの作成方法の詳細については、『vSphere のホスト プロファイル』ドキュメントを参照してください。

  • vSphere Auto Deploy を使用してプロビジョニングされる複数のホストからのコア ダンプ用に、少なくとも 1 つのパーティションで十分なストレージ機能があることを確認します。

手順

  1. vSphere Web Client で、ポリシーおよびプロファイル をクリックし、ホスト プロファイル を選択します。
  2. 編集するホスト プロファイルを右クリックして、設定の編集 を選択します。
  3. 名前と説明をそのままにして、次へ をクリックします。
  4. ウィザードの [ホスト プロファイルの編集] ページで、ネットワークの構成 > ネットワーク コアダンプの設定 の順に選択します。
  5. 有効化 チェック ボックスを選択します。
  6. 使用するホスト NIC、ネットワーク コアダンプ サーバ IP アドレス、ネットワーク コアダンプ サーバ ポートを指定します。
  7. 終了 をクリックしてホスト プロファイルの設定を保存します。

次のタスク

  • リファレンス ホストで指定した設定でプロビジョニングするすべてのホストに、ホスト プロファイルを適用するルールを作成します。 PowerCLI セッションでルールを作成する方法については、ルールの記述とホストへのホスト プロファイルの割り当てを参照してください。

  • vSphere Auto Deploy がすでにプロビジョニングされているホストの場合は、テストを実行し、 PowerCLI セッションでコンプライアンスを修正します。ルールのコンプライアンスのテストおよび修復を参照してください。

  • プロビジョニングされていないホストをパワーオンし、新しいホスト プロファイルを使用して、それらのホストがプロビジョニングされるようにします。