イメージ プロファイルは、ほとんどの場合、既存のプロファイルのクローン作成によって作成します。一部の VMware カスタマやパートナーで、イメージ プロファイルを新しく作成する必要がある場合があります。スクラッチからイメージ プロファイルを新規作成する場合は、依存関係や承認レベルに十分に注意します。

このタスクについて

システムでは、基本イメージに追加する VIB の承認レベルが、基本イメージの承認レベル以上であることが求められます。低い許容レベルの VIB をイメージ プロファイルに追加する場合、イメージ プロファイル許容レベルを低くする必要があります。詳細については、イメージ プロファイル許容レベルの設定 を参照してください。

コマンド ラインでパラメータを指定する代わりに、PowerShell のプロンプト メカニズムを使用して文字列パラメータを指定できます。プロンプトは、オブジェクトなどのその他のパラメータには機能しません。

前提条件

  • PowerCLI および前提となるソフトウェアがインストールされています。vSphere ESXi Image Builder および前提となるソフトウェアのインストール を参照してください。

  • 基本のイメージと 1 つ以上の VIB を含むデポにアクセスできます。VMware および VMware パートナーは、URL でアクセスできるパブリックなデポを提供します。VMware または VMware パートナーは、ローカル環境に解凍してファイル パスを使用してアクセスできる ZIP ファイルを作成することができます。

手順

  1. PowerCLI セッションで、使用するデポごとに、Add-EsxSoftwareDepot cmdlet を実行します。

    オプション

    アクション

    リモート デポ

    Add-EsxSoftwareDepot -DepotUrl depot_url を実行します。

    ZIP ファイル

    1. ZIP ファイルをローカル ファイル システムにダウンロードします。

    2. Add-EsxSoftwareDepot -DepotUrl C:\file_path\offline-bundle.zip を実行します。

    この cmdlet は、1 つ以上の SoftwareDepot オブジェクトを返します。

  2. Get-EsxImageProfile cmdlet を実行して、現在表示されているすべてのデポ内のすべてのイメージ プロファイルをリスト表示します。任意の引数を使用して出力をフィルタリングすると、検索を絞り込むことができます。
    Get-EsxSoftwarePackage -CreatedAfter 7/1/2010
  3. 新しいプロファイルを作成し、名前とベンダーを割り当てて基本パッケージを追加します。
    New-EsxImageProfile -NewProfile -Name "Test #2" -vendor "Vendor42" -SoftwarePackage esx-base[0],esx-xlibs[0]

    この例は、esx-base パッケージを使用します。イメージ プロファイルを新規作成する場合、通常、esx-base パッケージを含めます。スペースを含む名前は、引用符で囲みます。

  4. 新しいパッケージに関する詳細情報については、パイプラインを使用して、新しいイメージ プロファイルを format-list に渡します。
    (Get-EsxImageProfile -Name "Test #2").VibList | format-list

変数を使用した、イメージ プロファイルの新規作成

このコマンド シーケンスはこのワークフローの手順を繰り返しますが、パラメータを名前で渡す代わりに、オブジェクト (変数内の位置によってアクセスされる) として渡します。次のコマンドを PowerCLI プロンプトで順番に実行できます。

Add-EsxSoftwareDepot depoturl
$pkgs = Get-EsxSoftwarePackage -CreatedAfter 7/1/2010
$ip2 = New-EsxImageProfile -NewProfile -Name "Test #2" -vendor "Vendor42" -SoftwarePackage $pkgs[0]
$ip2.VibList | format-list