ソフトウェアおよび依存型ハードウェア iSCSI アダプタは、VMkernel ネットワークによって異なります。ソフトウェアまたは依存型ハードウェアの iSCSI アダプタを使用する場合は、iSCSI コンポーネントと物理ネットワーク アダプタとのトラフィック用に接続を構成する必要があります。

ネットワーク接続の構成には、各物理ネットワーク アダプタへの仮想 VMkernel アダプタの作成が含まれます。その際に、VMkernel アダプタを適切な iSCSI アダプタと関連付けます。このプロセスをポート バインドと呼びます。

ソフトウェア iSCSI でのネットワーク接続の使用時機と方法に関する特別の考慮事項については、http://kb.vmware.com/kb/2038869 にある VMware ナレッジ ベースの記事を参照してください。

iSCSI 構成での複数のネットワーク アダプタ

ソフトウェアおよび依存型ハードウェア iSCSI でホストが複数の物理ネットワーク アダプタを使用している場合、マルチパス用のアダプタを使用します。

ソフトウェア iSCSI アダプタは、ホストで使用可能な物理 NIC で接続できます。依存型 iSCSI アダプタを接続する場合は、必ず固有の物理 NIC へ接続する必要があります。

注:

物理 NIC は、接続対象の iSCSI ストレージ システムと同じサブネット上になければなりません。

図 1. iSCSI を使用したネットワーク
iSCSI を使用したネットワーク。

iSCSI アダプタと物理 NIC は、仮想ネットワーク アダプタまたは VMkernel ポートとも呼ばれる、仮想 VMkernel アダプタを介して接続されます。それぞれの仮想ネットワーク アダプタと物理ネットワーク アダプタ間で 1:1 のマッピングを使用して、VMkernel アダプタ (vmk) を vSphere スイッチ (vSwitch) に作成します。

複数の NIC を使用している場合に 1:1 のマッピングを実行する 1 つの方法は、仮想 - 物理アダプタの組み合わせごとに個別の vSphere スイッチを指定することです。

注:

個別の vSphere スイッチを使用する場合、それらを異なる IP サブネットに接続する必要があります。そうしなければ、VMkernel アダプタで接続の問題が発生する場合があり、ホストは iSCSI LUN を検出できません。

次の例は、vSphere 標準スイッチを使用する構成を示していますが、Distributed Switch も使用できます。vSphere Distributed Switch の詳細については、『vSphere のネットワーク』 ドキュメントを参照してください。

図 2. 個別の vSphere Standard Switch での 1 対 1 のアダプタ マッピング
iSCSI ネットワーク用の 2 つの個別の vSwitch。

代わりに、すべての NIC と VMkernel アダプタをひとつの vSphere 標準スイッチに追加する方法があります。この場合、デフォルトのネットワーク設定をオーバーライドし、唯一の対応するアクティブな物理アダプタに各 VMkernel アダプタをマップする必要があります。

注:

VMkernel アダプタが同じサブネットにある場合は、単一の vSwitch 構成を使用します。

図 3. 単一の vSphere Standard Switch での 1 対 1 のアダプタ マッピング
iSCSI ネットワーク用の単一の vSwitch。

次の表にこのトピックで説明した iSCSI 管理ネットワークを要約します。

表 1. iSCSI のネットワーク構成

iSCSI アダプタ

VMkernel アダプタ (ポート)

物理アダプタ (NIC)

ソフトウェア iSCSI

vmhbaX2

vmk1

vmnic1

vmk2

vmnic2

依存型ハードウェア iSCSI

vmhbaX3

vmk1

vmnic1

vmhbaX4

vmk2

vmnic2