Virtual Volumes のストレージ ポリシーはデフォルトで [要件なし] に設定されています。必要な場合は、Virtual Volumes と互換性のあるカスタム ストレージ ポリシーを作成できます。

前提条件

手順

  1. vSphere Web Client のホームで、ポリシーおよびプロファイル > 仮想マシン ストレージ ポリシー の順にクリックします。
  2. 仮想マシン ストレージ ポリシー タブをクリックします。
  3. 仮想マシン ストレージ ポリシーを新規作成します アイコンをクリックします。
  4. vCenter Server インスタンスを選択します。
  5. ストレージ ポリシーの名前と説明を入力します。
  6. [ルール セット] ページで、配置ルールを定義します。
    1. ストレージ タイプ ドロップダウン メニューから、Virtual Volumes などのターゲット ストレージ エンティティを選択します。
    2. ルールの追加 ドロップダウン メニューから、機能を選択してその値を指定します。

      たとえば、Virtual Volumes オブジェクトの 1 秒あたりの読み取り操作数を指定できます。選択したストレージ エンティティに必要な数のルールを含めることができます。入力する値が、ストレージ リソースがアドバタイズする値の範囲内にあることを確認します。

    3. (オプション) : 配置要求を微調整するには、タグベースのルールを追加します。

      タグベースのルールでは、特定の配置基準を含めたり除外したりできます。たとえば、ターゲット Virtual Volumes データストアのリストから Palo Alto タグの付いたデータストアを除外することができます。

  7. (オプション) : 仮想マシン ストレージ ポリシーに含めるデータ サービスを選択します。

    [ルール セット] ページで参照するデータ サービスはストレージによって提供されます。データ サービスを参照する仮想マシン ストレージ ポリシーは、仮想マシンについてこれらのデータ サービスを要求します。

    1. コンポーネントの追加 () アイコンをクリックし、ドロップダウン メニューからデータ サービス カテゴリを選択します(レプリケーションなど)。
    2. ルールに対して適切なプロバイダと値を指定することによって、データ サービス カテゴリのルールを定義します。または、事前定義済みコンポーネントのリストからデータ サービスを選択します。

      オプション

      説明

      Component Name

      このオプションは、データベースにストレージ ポリシーのコンポーネントを事前定義している場合に使用できます。使用するコンポーネントがわかっている場合は、リストでそれを選択して仮想マシン ストレージ ポリシーに追加します。

      すべて表示

      カテゴリで使用できるすべてのコンポーネントを確認します。特定のコンポーネントを含める場合は、リストでそれを選択し、OK をクリックします。

      カスタム

      ルールに対して適切なプロバイダと値を指定して、データ サービス カテゴリのカスタム ルールを定義します。

    3. さらにコンポーネントを追加して、他のデータ サービスを要求します。

      共通または通常のルール セットごとに、同じカテゴリ(キャッシュなど)から使用できるコンポーネントは 1 つのみです。

  8. ストレージ ポリシーの作成を完了させて、終了 をクリックします。

タスクの結果

Virtual Volumes と互換性のある新しい仮想マシン ストレージ ポリシーがリストに表示されます。

次のタスク

これで、このポリシーを仮想マシンに関連付けたり、デフォルトとしてポリシーを指定したりできます。