仮想マシンを割り当てるときに、Virtual Volumes データストアが特定のストレージ要件を満たすよう保証するには、Virtual Volumes ストレージ ポリシーを仮想マシンに関連付けます。

このタスクについて

Virtual Volumes ストレージ ポリシーを割り当てることができるのは、仮想マシンの初期デプロイ中か、またはクローン作成や移行などのその他の仮想マシンの操作を実行するときです。このトピックでは、新しい仮想マシンの作成時に Virtual Volumes ストレージ ポリシーを割り当てる方法を説明します。仮想マシンのその他のプロビジョニング方法については、『vSphere の仮想マシン管理』ドキュメントを参照してください。

同じストレージ ポリシーを、仮想マシンの構成ファイルとそのすべての仮想ディスクに適用することができます。仮想ディスクと構成ファイルのストレージ要件が異なる場合は、別のストレージ ポリシーを仮想マシンの構成ファイルおよび選択した仮想ディスクに関連付けることができます。

手順

  1. vSphere Web Client で、仮想マシンのプロビジョニング プロセスを開始し、次の該当するステップに従います。
  2. すべての仮想マシンのすべてのファイルおよびディスクに同じストレージ ポリシーを割り当てます。
    1. [ストレージの選択] ページの 仮想マシン ストレージ ポリシー ドロップダウン メニューで、VVols Silver などの Virtual Volumes に適合するストレージ ポリシーを選択します。
    2. 使用可能なデータストアのリストから Virtual Volumes データストアを選択します。
    3. Virtual Volumes でレプリケーション サービスを使用する場合は、レプリケーション グループを指定します。

      レプリケーション グループは、ターゲット サイトにまとめてレプリケートする必要のある仮想マシンと仮想ディスクを示します。

      オプション

      説明

      事前構成済みレプリケーション グループ

      ストレージ側で事前に構成されたレプリケーション グループ。vCenter Server および ESXi では、レプリケーション グループは検出されますが、レプリケーション グループのライフサイクルは管理されません。

      自動レプリケーション グループ

      Virtual Volumes によって、レプリケーション グループが作成され、すべての仮想マシン オブジェクトがこのグループに割り当てられます。

    そのデータストアは、仮想マシン構成ファイルとすべての仮想ディスクのターゲット ストレージ リソースとなります。

  3. 仮想ディスクのストレージ ポリシーを変更します。

    仮想ディスクごとにストレージ配置の要件が異なる場合は、このオプションを使用します。

    1. [ハードウェアのカスタマイズ] ページで、[新規ハードディスク] ペインを展開します。
    2. 仮想マシン ストレージ ポリシー ドロップダウン メニューで、仮想ディスクに割り当てる VVol Gold などの適切なストレージ ポリシーを選択します。
    3. レプリケーションの場合は、レプリケーション グループを指定するか、変更します。仮想マシンの自動レプリケーション グループを使用している場合は、グループを仮想ディスクの事前構成済みグループに変更することはできません。
  4. 仮想マシンのプロビジョニング プロセスを完了します。

タスクの結果

仮想マシンの作成後は、サマリ タブに、割り当てられたストレージ ポリシーとそのコンプライアンス ステータスが表示されます。

次のタスク

構成ファイルまたは仮想ディスクのストレージ配置要件を変える場合は、後で仮想ポリシー割り当てを変更できます。仮想マシンのファイルとディスク用ストレージ ポリシー割り当ての変更を参照してください。