仮想マシンの I/O フィルタを有効にするには、まず、その I/O フィルタによって提供されるデータ サービス機能がリストされた仮想マシン ポリシーを作成する必要があります。

このタスクについて

I/O フィルタ機能は、仮想マシン ストレージ ポリシー ウィザードの 共通ルール ページに表示されます。I/O フィルタを有効にするポリシーには共通ルールを含める必要があります。ただし、追加の配置ルールはオプションです。

環境にインストールされている I/O フィルタによっては、データ サービスがキャッシュ、レプリケーションなど、複数のカテゴリに属する場合があります。ストレージ ポリシーの特定のカテゴリを参照することで、仮想マシンのサービスを要求することになります。

I/O フィルタとストレージで暗号化など、同じサービス カテゴリが提供される場合、ポリシーはこのサービスを両方のプロバイダから要求できます。その結果、仮想マシン データが 2 回、I/O フィルタとストレージによって暗号化されることになります。ただし、Virtual Volumes によって提供されるレプリケーションと I/O フィルタによって提供されるレプリケーションは、同じストレージ ポリシーに共存することができません。

前提条件

手順

  1. vSphere Web Client のホームで、ポリシーおよびプロファイル > 仮想マシン ストレージ ポリシー の順にクリックします。
  2. 仮想マシン ストレージ ポリシー タブをクリックします。
  3. 仮想マシン ストレージ ポリシーを新規作成します アイコンをクリックします。
  4. vCenter Server インスタンスを選択します。
  5. ポリシーの名前(例:I/O フィルタ)と説明を入力して、次へ をクリックします。
  6. 共通ルール ページで、I/O フィルタを定義します。
    1. ストレージ ポリシーでの共通ルールの使用 を選択します。
    2. コンポーネントの追加 () アイコンをクリックし、ドロップダウン メニューからデータ サービス カテゴリを選択します(レプリケーションなど)。
    3. ルールに対して適切なプロバイダと値を指定することによって、データ サービス カテゴリのルールを定義します。または、事前定義済みコンポーネントのリストからデータ サービスを選択します。

      オプション

      説明

      Component Name

      このオプションは、データベースにストレージ ポリシーのコンポーネントを事前定義している場合に使用できます。使用するコンポーネントがわかっている場合は、リストでそれを選択して仮想マシン ストレージ ポリシーに追加します。

      すべて表示

      カテゴリで使用できるすべてのコンポーネントを確認します。特定のコンポーネントを含める場合は、リストでそれを選択し、OK をクリックします。

      カスタム

      ルールに対して適切なプロバイダと値を指定して、データ サービス カテゴリのカスタム ルールを定義します。

      注:

      他の I/O フィルタと一緒に暗号化を使用する場合は、暗号化の前の I/O フィルタを許可する パラメータを True に設定します。これにより、暗号化の前に、レプリケーションなどのフィルタでクリア テキスト データを分析できるようになります。

    4. さらにコンポーネントを追加して、他のデータ サービスを要求します。

      共通または通常のルール セットごとに、同じカテゴリ(キャッシュなど)から使用できるコンポーネントは 1 つのみです。

    5. 次へをクリックします。
  7. ポリシーに配置ルールが含まれる場合、ルール セット ページでストレージ配置要件を指定し、次へ をクリックします。
    注:

    異なるタイプのデータストア間で I/O フィルタをもつ仮想マシンを移行する場合は、ポリシーにすべてのターゲット データストアの配置ルールが含まれていることを確認してください。たとえば、VMFS と Virtual Volumes のデータストア間で仮想マシンを移行する場合は、混合仮想マシン ストレージ ポリシーを作成します。ポリシーには、VMFS データストアのタグベースのルールと Virtual Volumes データストアのルールが含まれている必要があります。

  8. [ストレージ互換性] ページで、使用可能なデータストアのリストを確認し、次へ をクリックします。

    I/O フィルタ ポリシーとの互換性を維持するため、データストアは I/O フィルタを使用するホストと接続されており、なおかつポリシーのストレージ要件を満たしている必要があります。

  9. ストレージ ポリシーの作成を完了させて、終了 をクリックします。

タスクの結果

新しいポリシーがリストに追加されます。