Update Manager がインストールされているマシンがインターネットに接続していない場合は、vSphere Update Manager Download Service (UMDS) をインストールします。

前提条件

  • UMDS がアップグレード、パッチ メタデータ、およびパッチ バイナリをダウンロードできるように、UMDS のインストール先となるマシンがインターネットに接続できることを確認します。

  • 6.0 以前の UMDS のインスタンスをアンインストールします(インストールされている場合)。このバージョンの UMDS がインストールされていると、インストール ウィザードでエラー メッセージが表示され、インストールを続行できません。

  • UMDS をインストールする前に、データベース インスタンスを作成して構成します。UMDS を 64 ビット マシンにインストールする場合、64 ビット DSN を構成し、ODBC からテストする必要があります。データベースの権限および準備作業の手順は、Update Manager で使用したものと同じです。詳細については、Update Manager データベースの準備を参照してください。

  • バンドルされている Microsoft SQL Server 2012 Express データベースを使用する場合は、システムに Microsoft Windows インストーラ バージョン 4.5 (MSI 4.5) がインストールされていることを確認します。

  • UMDS と Update Manager は、別々のマシンにインストールする必要があります。

  • 最適なパフォーマンスを確保するには、システム要件にリストされている Update Manager サーバと同じ要件を持つシステムに UMDS をインストールします。

手順

  1. ソフトウェア インストーラのディレクトリで、autorun.exe ファイルをダブルクリックして、vSphere Update Manager > ダウンロード サービス を選択します。

    autorun.exe を実行できない場合は、umds フォルダを参照して VMware-UMDS.exe を実行します。

  2. (オプション) : 組み込みデータベースとしての Microsoft SQL Server 2012 Express の使用 オプションを選択し、インストール をクリックします。
    注:

    この手順は、サポート対象の別の Oracle または SQL Server データベースを使用する場合のみスキップしてください。

    以前の Update Manager 環境で Microsoft SQL Server 2012 Express を使用していない場合、Microsoft SQL Server 2012 Express のインストール ウィザードが開きます。

  3. インストール をクリックします。
  4. インストール用の言語を選択し、OK をクリックします。
  5. (オプション) : ウィザードでプロンプトが表示されたら、Windows Installer 4.5 など、必要な項目をインストールします。

    この手順は、Windows Installer 4.5 がマシンにインストールされていない場合にのみ必要で、vSphere 5.x 製品を初めてインストールするときに実行する必要があります。システムが再起動したら、インストーラが再起動します。

  6. ようこそページで 次へ をクリックします。
  7. 使用許諾契約書を読んで同意し、次へ をクリックします。
  8. 使用許諾契約書の条項に同意して、次へ をクリックします。
  9. (オプション) : データベースを選択して、次へ をクリックします。

    組み込みの Microsoft SQL Server 2012 Express データベースの使用を選択した場合、このページはインストール ウィザードで表示されません。

    1. サポート対象の既存のデータベースを使用する場合は、DSN のリストから選択します。DSN が Windows NT 認証を使用していない場合、DSN のユーザー名とパスワードを入力し、次へ をクリックします。
    重要:

    DSN は、64 ビットの DSN である必要があります。

  10. Update Manager Download Service のプロキシ設定を入力し、次へ をクリックします。
  11. Update Manager Download Service のインストール用ディレクトリとパッチ ダウンロード用ディレクトリを選択して、次へ をクリックします。

    デフォルトの場所を使用しない場合は、変更 をクリックして、別のディレクトリを参照できます。以前の UMDS 5.5 インストールまたは UMDS 6.0 インストールで作成された既存のダウンロード ディレクトリにするパッチ ストアを選択し、ダウンロードした適用可能なアップデートを UMDS 6.5 で再利用できます。既存のダウンロード ディレクトリは、UMDS 6.5 に関連付けられた時点で、以前の UMDS バージョンでは使用できなくなります。

  12. (オプション) : ディスクの空き容量に関する警告メッセージに対し、OK をクリックします。
  13. インストール をクリックして、インストールを開始します。
  14. .NET Framework 4.0 がインストールされていないという警告メッセージが表示されたら、OK をクリックします。

    UMDS インストーラでは、前提項目のインストール後に、実際の製品がインストールされます。

  15. 終了 をクリックします。

タスクの結果

UMDS がインストールされます。