新規ベースライン ウィザードを使用して、導入環境の必要に応じてカスタム パッチ、拡張機能、およびアップグレード ベースラインを作成できます。Update Manager クライアント管理ビューでベースラインを作成および管理します。

Update Manager は、編集または削除ができないデフォルトのベースラインも提供します。デフォルトのベースラインは、ホスト用のパッチと、仮想マシンおよび仮想アプライアンス用のアップデートを含む、事前定義されたベースラインです。その他のタイプのデフォルト ベースラインはシステム管理ベースラインで、vSAN クラスタが最新のサポート対象ソフトウェアを実行しているかを確認するために使用できます。