vCenter Server Appliance をバージョン 5.5 または 6.0 からバージョン 6.5 にアップグレードできます。Platform Services Controller アプライアンスをバージョン 6.0 からバージョン 6.5 にアップグレードできます。

GUI または CLI アップグレードのプロセスを次に示します。

  1. 一時的なネットワーク構成を使用して、新しいアプライアンス(バージョン 6.5)をデプロイする

    vCenter Server Appliance をアップグレードする場合は、vSphere 環境の規模に適した新しいアプライアンスのデプロイ サイズを選択する必要があります。また、vCenter Server Appliance データベースに適した新しいアプライアンスのストレージ サイズを選択する必要もあります。ソース vCenter Server Appliance が外部のデータベースを使用している場合は、新しいアプライアンスの Oracle データベース サイズとストレージ サイズの特定を参照してください。

  2. アップグレードするバージョン 5.5.x または 6.0.x のソース アプライアンスから、サービスと構成データをエクスポートする

    新しいアプライアンスに転送するデータの種類を選択する必要があります。

    外部の Update Manager インスタンスが使用されている vCenter Server Appliance をアップグレードする場合は、Update Manager の構成とデータベースを容易にエクスポートできるように、移行アシスタントが Update Manager マシンで実行されていることを確認します。

  3. エクスポートされたデータを、新しくデプロイされたアプライアンスに転送する

    非短期の分散仮想ポート グループは移行されません。アップグレード後に、新しいアプライアンスを非短期の分散仮想ポート グループに手動で接続できます。

    ソース vCenter Server Appliance で外部のデータベースが使用されている場合、そのデータベースは、新しいアプライアンスに組み込まれた PostgreSQL データベースに移行されます。

    アップグレードする vCenter Server ApplianceUpdate Manager インスタンスが使用されている場合、その Update Manager インスタンスは、アップグレードされた新しいアプライアンスに組み込まれた VMware vSphere Update Manager に移行されます。

  4. ソース アプライアンスをパワーオフする。アップグレードされた新しいアプライアンスでは、ソース アプライアンスのネットワーク構成が使用されます。

現在のアプライアンス バージョンが 5.5 よりも前の場合は、5.5 または 6.0 にアップグレードしてから、バージョン6.5 にアップグレードします。

図 1. 外部 Platform Services Controller を使用する vCenter Server Appliance のアップグレード ワークフロー


外部の vCenter Single Sign-On を使用する vCenter Server Appliance 5.5 をアップグレードするには、まず vCenter Single Sign-On インスタンスを Platform Services Controller にアップグレードする必要があります。