vCenter Server for Windows インスタンスを vCenter Server Appliance インスタンスに移行できます。

Windows の vCenter Server バージョン 5.5 またはバージョン 6.0 インスタンスから、Linux ベース OS の vCenter Server Appliance 6.5 デプロイに移行できます。

vCenter Server 移行パスの例は、サポートされている移行結果を示しています。

vCenter Single Sign-On(バージョン 5.5)または Platform Services Controller(バージョン 6.0)が組み込まれた vCenter Server インスタンスを、Platform Services Controller アプライアンスが組み込まれた vCenter Server Appliance 6.5 インスタンスに移行できます。この場合、vCenter Server インスタンスと組み込みの vCenter Single Sign-On インスタンスまたは Platform Services Controller インスタンスは、ソフトウェアによって同時に移行されます。

図 1. vCenter Single Sign-On が組み込まれた vCenter Server 5.5.x の移行


Photon 上の Platform Services Controller 6.5 が組み込まれた vCenter Server Appliance 6.5 への、vCenter Single Sign-On が組み込まれた Windows 上の vCenter Server 5.5 の移行


図 2. Platform Services Controller が組み込まれた vCenter Server 6.0.x の移行


Photon 上の Plaform Services Controller 6.5 が組み込まれた vCenter Server Appliance 6.5 への、Platform Services Controller が組み込まれた Windows 上の vCenter Server 6.0 の移行


外部 vCenter Single Sign-On(バージョン 5.5)または Platform Services Controller(バージョン 6.0)を使用する vCenter Server インスタンスを、外部 Platform Services Controller アプライアンスを使用する vCenter Server Appliance 6.5 インスタンスに移行できます。この場合は、外部 vCenter Single Sign-On インスタンスまたは Platform Services Controller インスタンスを移行してから、vCenter Server インスタンスを移行する必要があります。

図 3. 外部 vCenter Single Sign-On を使用する vCenter Server 5.5.x の移行
図 4. 外部 Platform Services Controller を使用する vCenter Server 6.0.x の移行


Photon 上の Plaform Services Controller 6.5 が組み込まれた vCenter Server Appliance 6.5 への、外部 Platform Services Controller を使用する Windows 上の vCenter Server 6.0 の移行


高可用性を実現するために複数のシステムを構成している場合、vCenter Server では、アップグレード プロセスの一環として、共通サービスを外部の Platform Services Controller 構成に組み込むことができます。

複製により複数サイトのセットアップを構成する場合、vCenter Server を使用して、アップグレード プロセスの一環として、共通サービスを外部 Platform Services Controller 構成に組み込むことができます。

バージョンが混在する移行環境の詳細については、複数 vCenter Server インスタンス環境のアップグレード順序と移行順序およびバージョン混在の移行動作を参照してください。