vSphere 6.5 には、vSphere デプロイをアップグレードするためのオプションが数多くあります。vSphere のアップグレードを成功させるには、アップグレード オプション、アップグレード プロセスに影響を与える構成の詳細、タスクの順序を理解しておく必要があります。

vSphere の 2 つの主要なコンポーネントは、VMware ESXi™ と VMware vCenter Server™ です。ESXi は、仮想マシンおよび仮想アプライアンスを作成および実行できる仮想プラットフォームです。vCenter Server は、ネットワークに接続された ESXi ホストを統合管理する役割を果たすサービスです。vCenter Server システムを使用して、複数のホストのリソースをリソース プールにまとめて管理できます。vCenter Server Appliance は、事前構成された Linux OS ベースの仮想マシンで、vCenter Server システムと vCenter Server コンポーネントを実行するために最適化されています。

vSphere 6.0 からは、vCenter Server および vCenter Server コンポーネントを実行するために必要なサービスが Platform Services Controller に含まれます。

既存の vCenter Server 構成の詳細に基づいて、次のデプロイ タイプのいずれかにアップグレードできます。

  • Platform Services Controller が組み込まれた vCenter Server

  • 外部の Platform Services Controller を使用する vCenter Server

重要:

アップグレード中は、vCenter Server のデプロイ タイプを変更することはできません。