時間を節約するために、構成済みテンプレートのコピーである仮想マシンを作成できます。仮想マシンの有効な親オブジェクトであるインベントリの任意のオブジェクトから、新規仮想マシン ウィザードを開始できます。テンプレートから直接ウィザードを開くこともできます。ウィザードでは、仮想マシンとテンプレートを作成およびデプロイするためのさまざまなオプションを選択できます。

このタスクについて

テンプレートからウィザードを開いた場合、[作成タイプの選択] ページは表示されません。

手順

選択して、テンプレートから仮想マシンをデプロイします。

オプション

説明

インベントリの任意のオブジェクトから 新規仮想マシン ウィザードを開きます。

  1. 仮想マシンの有効な親オブジェクトである任意のインベントリ オブジェクト(データセンター、フォルダ、クラスタ、リソース プール、ホストなど)を右クリックして、新規仮想マシン を選択します。

  2. テンプレートからのデプロイ を選択し、次へ をクリックします。

    [名前とフォルダの選択] ページが開きます。

テンプレートから テンプレートからのデプロイ ウィザードを開きます。

テンプレートを右クリックし、このテンプレートから仮想マシンのデプロイ を選択します。

[名前とフォルダの選択] ページが開きます。