仮想マシンのデプロイ元となるテンプレートを選択して、ゲスト OS と仮想マシンのハードウェアをカスタマイズできます。また、仮想マシンの作成が完了したら起動するように選択できます。ゲスト OS のコンピュータ名、ネットワーク、およびライセンス設定などのプロパティを変更できます。ゲスト OS プロパティを変更すると、同一の設定を持つ仮想マシンをデプロイする場合に発生する可能性のある競合を防止するために役立ちます。仮想マシンをデプロイする前に、ISO ファイルなどの CD デバイスを追加してゲスト OS をインストールできます。または、ストレージやネットワークなどの仮想マシンのハードウェアを再構成することもできます。

このタスクについて

このページは、テンプレートではないインベントリ オブジェクトから 新規仮想マシン ウィザードを開いた場合にのみ表示されます。

注:

テンプレートからデプロイ操作を開始する場合は、ウィザードの後のページでカスタマイズと電源オプションを選択します。

手順

  1. テンプレートを検索または参照して移動します。
  2. (オプション) : オペレーティング システムのカスタマイズ を選択して、仮想マシンのゲスト OS をカスタマイズします。
  3. (オプション) : この仮想マシンのハードウェアのカスタマイズ を選択して、デプロイ前に仮想マシンのハードウェアを構成します。
  4. (オプション) : 仮想マシンの作成後に仮想マシンをパワーオンするには、作成後に仮想マシンをパワーオン を選択します。
  5. 次へ をクリックします。