テンプレートから仮想マシンをデプロイすると、テンプレートのコピーである仮想マシンが作成されます。その新しい仮想マシンには、テンプレート用に構成されている仮想ハードウェア、インストールされているソフトウェア、およびその他のプロパティがあります。

前提条件

テンプレートから仮想マシンをデプロイするには、次の権限が必要です。

  • 仮想マシン > インベントリ > 既存のものから作成 (データセンターまたは仮想マシン フォルダが対象)。

  • 仮想マシン > 設定 > 新規ディスクの追加 (データセンターまたは仮想マシン フォルダが対象)。新しい仮想ディスクを追加することによって元のハードウェアをカスタマイズする場合のみ必要です。

  • 仮想マシン > プロビジョニング > テンプレートのデプロイ (デプロイ元テンプレートが対象)。

  • リソース > 仮想マシンのリソース プールへの割り当て (ターゲットのホスト、クラスタ、またはリソース プールが対象)。

  • データストア > 容量の割り当て (デプロイ先データストアが対象)。

  • ネットワーク > ネットワークの割り当て (仮想マシンの割り当て先となるネットワークが対象)。新しいネットワーク カードを追加することによって元のハードウェアをカスタマイズする場合のみ必要です。

  • 仮想マシン > プロビジョニング > カスタマイズ (ゲスト OS をカスタマイズしている場合は、テンプレートまたはテンプレート フォルダが対象)。

  • 仮想マシン > プロビジョニング > カスタマイズ仕様の読み取り (ゲスト OS をカスタマイズしている場合は、ルート vCenter Server が対象)。