vSAN はブロックレベルのデデュープおよび圧縮を実行してストレージ容量を節約できます。vSAN オールフラッシュ クラスタでデデュープおよび圧縮を有効にすると、各ディスク グループ内の冗長なデータが削減されます。

デデュープでは冗長なデータ ブロックが削除されるのに対して、圧縮ではさらに各データ ブロック内で冗長なデータが削除されます。 これらの技術は連携して機能し、データを保存するために必要な容量を減らすことができます。 vSAN はデデュープを実行してから、データをキャッシュ層からキャパシティ層に移動するときに圧縮を実行します。

デデュープおよび圧縮はクラスタ全体の設定として有効にできますが、ディスク グループ単位で適用されます。 vSAN クラスタでデデュープおよび圧縮を有効にすると、特定のディスク グループ内の冗長なデータが単一のコピーに削減されます。

デデュープおよび圧縮は、新しい vSAN オールフラッシュ クラスタを作成するとき、または既存の vSAN オールフラッシュ クラスタを編集するときに有効にできます。vSAN クラスタの作成と編集については、『vSAN のプランニングとデプロイ』の「vSAN の有効化」を参照してください。

デデュープおよび圧縮を有効または無効にするときに、vSAN はすべてのホストのすべてのディスク グループのローリング再フォーマットを実行します。vSAN データストアに保存されているデータによっては、このプロセスに長時間かかることがあります。これらの操作を頻繁に実行しないでください。デデュープおよび圧縮を無効にする予定の場合、最初にデータを配置するのに十分な物理容量があることを確認する必要があります。

注:

仮想マシンの暗号化では、ストレージに書き出す前にホストのデータを暗号化するため、デデュープおよび圧縮は暗号化された仮想マシンには効果的ではない場合があります。仮想マシンの暗号化を使用する場合は、ストレージのトレードオフについて検討してください。

デデュープおよび圧縮を使用したクラスタ内のディスクの管理方法

デデュープおよび圧縮を有効にしてクラスタ内のディスクを管理する場合、次のガイドラインを考慮します。

  • ディスクを 1 つずつディスク グループに追加しないようにします。 重複排除および圧縮の効率を高めるには、ディスク グループを追加してクラスタのストレージ容量を増やすことを検討してください。

  • ディスク グループを手動で追加する場合は、すべてのキャパシティ ディスクを同時に追加します。

  • 単一のディスクをディスク グループから削除することはできません。 変更を行うには、ディスク グループ全体を削除する必要があります。

  • 単一のディスクで障害が発生すると、ディスク グループ全体で障害が発生します。

デデュープおよび圧縮によって節約できる容量の確認

デデュープおよび圧縮によって削減できるストレージ量は、保存されているデータのタイプや重複するブロックの数など、多くの要因によって異なります。 ディスク グループが大きくなると、デデュープ率が高くなる傾向があります。 デデュープおよび圧縮の結果は、vSAN のキャパシティ モニターで [デデュープおよび圧縮の概要] を表示すると確認できます。

vSphere ClientvSAN 容量を監視するときに [デデュープおよび圧縮の概要] を表示できます。デデュープおよび圧縮の結果に関する情報が表示されます。 [有効化前に使用] 容量はデデュープおよび圧縮を適用する前に必要な論理容量を示すのに対して、[有効化後に使用] 容量はデデュープおよび圧縮を適用した後に使用される物理容量を示します。 [有効化後に使用] 容量には、節約される容量の量の概要と、デデュープおよび圧縮の比率も表示されます。

[デデュープおよび圧縮の比率] は、デデュープおよび圧縮を適用した後に必要となる物理([有効化後に使用])容量に対するデデュープおよび圧縮を適用する前にデータを保存するために必要な論理([有効化前に使用])容量に基づきます。 具体的には、この比率は [有効化前に使用] 容量を [有効化後に使用] 容量で割ったものです。 たとえば、[有効化前に使用] 容量が 3 GB だが物理的な [有効化後に使用] 容量が 1 GB の場合、デデュープおよび圧縮の比率は 3 倍です。

vSAN クラスタでデデュープおよび圧縮を有効にした場合、ディスク容量が要求されて再割り当てされるため、キャパシティの更新がキャパシティ モニターで反映されるまでに数分かかる場合があります。