VMware vSphere® vSphere Lifecycle Manager では、イメージとベースラインを使用して、VMware ESXi ホストの集中的で簡素化されたライフサイクル管理が可能です。

ライフサイクル管理とは

一般的な用語では、ライフサイクル管理とは、ソフトウェアをインストールし、アップデートやアップグレードによってメンテナンスを行い、最後に運用を終了するプロセスを指します。

vSphere 環境の維持、特にクラスタとホストの維持という文脈では、ライフサイクル管理とは、新しいホストへの ESXiおよびファームウェアのインストール、必要に応じた ESXi バージョンとファームウェアの更新またはアップグレードなどのタスクを指します。

vSphere Lifecycle Manager全般の概要

VSphere 7.0 では、vSphere Lifecycle Managerは以前の vSphere リリースで提供されていた Update Manager 機能を含み、ESXi ライフサイクル管理のための新しい機能や可能性をクラスタレベルで追加することによって強化されています。

vSphere Lifecycle ManagervCenter Server で実行されるサービスです。vCenter Serverアプライアンスのデプロイ時に、HTML5 ベースの vSphere ClientvSphere Lifecycle Manager ユーザーインターフェイスが自動的に有効になります。

vSphere Lifecycle Managerは、インターネットに直接またはプロキシ サーバ経由でアクセスできる環境で動作します。しかし、インターネットにアクセスすることなく、セキュアなネットワークで使用することもできます。その場合、Update Manager Download Service (UMDS) を使用して vSphere Lifecycle Managerデポにアップデートをダウンロードするか、手動でインポートします。

イメージとベースライン

vSphere Lifecycle Managerでは、ベースライン(またはイメージ)を使用して ESXi ホストを管理できます。

以前の vSphere リリースでは、ホストへのパッチおよびソフトウェア アップデートの適用や ESXiバージョンのアップグレードなど、ホストの操作にベースラインおよびベースライン グループを使用する機能がすでに提供されていました。

VSphere 7.0 では、ESXiホストのライフサイクル操作を実行する別の方法として、イメージを使用できます。vSphere Lifecycle Managerイメージは、クラスタ内のすべてのホストに適用される、望ましいソフトウェア仕様を表します。ソフトウェアとファームウェアのアップデートが単一のワークフローで同時に行われます。vSphere Lifecycle Managerイメージを使用することで、イメージの推奨、自動化されたファームウェアの更新、ハードウェア互換性チェックなどの新しい機能を利用することもできます。

vSphere Lifecycle Managerイメージは、ホスト上で実行するソフトウェア、ドライバ、ファームウェアの正確な説明です。この新機能により、単一のイメージを設定し、クラスタ内のすべてのホストに適用することで、クラスタ全体のホスト イメージの均一性を確保します。

以前の vSphere リリースと同様に、 vSphere Lifecycle Managerベースラインおよびベースライン グループを使用して、次のタスクを実行できます。
  • ESXiホストのアップグレードとパッチ適用。
  • ESXiホストへのサードパーティ製ソフトウェアのインストールと更新。
VSphere 7.0 以降では、 vSphere Lifecycle Managerイメージを使用してクラスタ内のホストをまとめて管理し、次のタスクを実行できます。
  • クラスタ内のすべてのホストに、必要な ESXiバージョンをインストールします。
  • クラスタ内のすべての ESXiホストにサードパーティ製ソフトウェアをインストールして更新します。
  • クラスタ内のすべての ESXiホストのファームウェアの更新。
  • クラスタ内のすべての ESXiホストをまとめて更新およびアップグレードします。
  • VMware 互換性ガイド (VCG)、ホストおよび vSANハードウェア互換性リスト (vSAN HCL) などのハードウェア互換性リストと比較して、ホストのハードウェアの互換性を確認します。
注:

vSphere Lifecycle Managerでは、クラスタの作成時にイメージの使用を開始できます。クラスタの作成中にイメージを設定しない場合も、後で vSphere Lifecycle Managerベースラインの使用から vSphere Lifecycle Manager イメージの使用に切り替えることができます。

クラスタにイメージを使用するように切り替えると、ベースラインを使用するように戻すことはできません。ベースラインが使用される別のクラスタにホストを移動することはできますが、管理目的で単一のイメージがすでに使用されているクラスタを変更することはできません。

vSphere Lifecycle Managerおよび仮想マシン

vSphere Lifecycle Managerを使用して、環境内の仮想マシンのハードウェアおよび仮想マシンの VMware Tools バージョンをアップグレードできます。