vSAN ファイル サービスを使用して、クライアント ワークステーションまたは仮想マシンがアクセスできる vSAN データストアにファイル共有を作成します。ファイル共有に保存されているデータには、アクセス権を持つ任意のデバイスからアクセスできます。

vSAN ファイル サービスは vSAN の上にあるレイヤーで、ファイル共有を提供します。現在、SMB、NFSv3、NFSv4.1 ファイル共有をサポートしています。vSAN ファイル サービスは vSAN 分散ファイル システム (vDFS) とストレージ サービス プラットフォームで構成されています。vDFS は、vSAN オブジェクトを集約して基盤となるスケーラブルなファイル システムを提供します。ストレージ サービス プラットフォームは、回復力の高いファイル サーバ エンドポイントと展開、管理、監視を行う制御プレーンを提供します。ファイル共有は、シェアごとに既存の vSAN ストレージ ポリシー ベースの管理と統合されます。vSAN ファイル サービスでは、vSAN クラスタにファイル共有を直接ホストできます。

vSAN ファイル サービスを構成すると、vSAN は内部管理用として単一の VDFS 分散ファイル システムをクラスタに作成します。各ホストにファイル サービス仮想マシン (FSVM) が配置されます。FSVM は、vSAN データストアのファイル共有を管理します。各 FSVM には、NFS と SMB の両方のサービスを提供するファイル サーバが含まれています。

ファイル サービス ワークフローが有効になっている間、入力として固定 IP アドレス プールが提供されます。IP アドレスの 1 つがプライマリ IP アドレスとして使用されます。プライマリ IP アドレスは、SMB および NFSv4.1 リファーラルでファイル サービス クラスタ内のすべての共有にアクセスする場合に使用されます。IP アドレス プールで指定された IP アドレスごとにファイル サーバが起動します。ファイル共有は、1 つのファイル サーバでのみエクスポートされます。ただし、ファイル共有は、すべてのファイル サーバ間で均等に分散されます。アクセス要求の管理に役立つコンピューティング リソースを提供するには、IP アドレスの数を vSAN クラスタ内のホストの数と同じにする必要があります。

vSAN ファイル サービスは、ストレッチ クラスタと 2 ノード構成のクラスタをサポートします。2 ノード構成のクラスタでは、2 台のデータ ノード サーバを同じ場所またはオフィスに配置し、リモートまたは共有の場所に監視ホストを配置する必要があります。