vSphere 管理者は、NSX-T Data Center ネットワーク スタックを使用して Kubernetes ワークロードに接続する スーパーバイザー クラスタ として vSphere クラスタを構成できます。

前提条件

  • 環境が vSphere クラスタを スーパーバイザー クラスタ として設定するためのシステム要件を満たしていることを確認します。要件の詳細については、NSX-T Data Center を使用して vSphere with Tanzu をセットアップするためのシステム要件を参照してください。
  • NSX-T Data Center がインストールされ、構成されていることを確認します。NSX-T Data Center のインストールと構成の詳細については、vSphere with Tanzu で使用する NSX-T Data Center のインストールと構成を参照してください。
  • 制御プレーン仮想マシン、ポッドの短期ディスク、コンテナ イメージの配置用のストレージ ポリシーを作成します。
  • クラスタの共有ストレージを構成します。vSphere DRS と HA、およびコンテナのパーシステント ボリュームの保存には、共有ストレージが必要です。
  • vSphere クラスタで DRS と HA が有効であり、DRS が完全自動化モードに設定されていることを確認します。
  • クラスタに関するクラスタ全体の構成の変更権限があることを確認します。

手順

  1. vSphere Client ホーム メニューから、[ワークロード管理] を選択します。
  2. [開始する] をクリックします。
  3. 構成する vCenter Server システムを選択します。
  4. [NSX] ネットワーク スタックを選択します。
  5. [次へ] をクリックします。
  6. [クラスタを選択] > [データセンター] の順に選択します。
  7. 互換性のあるクラスタのリストからクラスタを選択し、[次へ] をクリックします。
  8. [制御プレーンのサイズ] ページで、制御プレーン仮想マシンのサイズを選択します。
    制御プレーン仮想マシンのサイズによって、 スーパーバイザー クラスタ で実行できるワークロードの数が決まります。
    ガイダンスについては、 VMware 構成の上限サイトを参照してください。
  9. [次へ] をクリックします。
  10. [ネットワーク] 設定で、制御プレーンおよびワーカー ノードのネットワーク設定を構成します。
    1. [管理ネットワーク] ペインで、以下の管理トラフィック設定を構成します。
      オプション 説明
      ネットワーク 管理トラフィック用に構成されているネットワークを選択します。

      たとえば、DPortGroup-MGMT です。

      制御プレーンの IP アドレスの開始 Kubernetes 制御プレーン仮想マシンに連続する IP アドレスを予約するための開始点を決定する IP アドレスを、次のように入力します。
      • Kubernetes 制御プレーン仮想マシンそれぞれの IP アドレス。
      • 管理ネットワークへのインターフェイスとして機能するいずれかの Kubernetes 制御プレーン仮想マシンのフローティング IP アドレス。フローティング IP アドレスが割り当てられた制御プレーン仮想マシンは、3 台すべての Kubernetes 制御プレーン仮想マシンの中で主要な仮想マシンとして機能します。
      • Kubernetes 制御プレーン仮想マシンで障害が発生し、新しい制御プレーン仮想マシンが引き継ぐため起動しているときにバッファとして機能する IP アドレス。

      たとえば、10.197.79.152 です。

      サブネット マスク 管理ネットワークのサブネット マスクを入力します。

      たとえば、255.255.255.0 です。

        ゲートウェイ IP アドレス を入力します。

      たとえば、10.197.79.253 です。

      DNS サーバ 環境内で使用する DNS サーバのアドレスを入力します。vCenter Server システムが FQDN で登録されている場合は、vSphere 環境で使用する DNS サーバの IP アドレスを入力して、スーパーバイザー クラスタ で FQDN を解決できるようにする必要があります。

      たとえば、10.142.7.1 です。

      NTP サーバ 環境内で使用する NTP サーバがある場合は、そのアドレスを入力します。
      DNS 検索ドメイン DNS が Kubernetes 制御プレーン ノード内で検索するドメイン名(corp.local など)を入力して、DNS サーバで解決できるようにします。
    2. [ワークロード ネットワーク] ペインで、名前空間のネットワークの設定を構成します。
      名前空間ネットワークの設定により、 スーパーバイザー クラスタ で実行されている vSphere ポッド および名前空間への接続が確立されます。
      オプション 説明
      vSphere Distributed Switch スーパーバイザー クラスタ のオーバーレイ ネットワークを処理する vSphere Distributed Switch を選択します。

      たとえば、DSwitch を選択します。

      Edge クラスタ 名前空間ネットワークに使用する Tier-0 ゲートウェイを持つ NSX Edge クラスタを選択します。

      たとえば、EDGE-CLUSTER を選択します。

      API サーバ エンドポイントの FQDN 必要に応じて、API サーバ エンドポイントの FQDN を入力します。
      DNS サーバ 環境内で使用する DNS サーバがある場合は、その IP アドレスを入力します。

      たとえば、10.142.7.1 です。

      ポッド CIDR vSphere Native Pod の IP アドレス範囲を決定する CIDR 注釈を入力します。デフォルト値を使用できます。
      サービス CIDR Kubernetes サービスの IP アドレス範囲を決定する CIDR 注釈を入力します。デフォルト値を使用できます。
      入力方向 CIDR Kubernetes サービスの入力方向 IP アドレス範囲を決定する CIDR 注釈を入力します。この範囲は、タイプがロード バランサで入力方向のサービスに使用されます。
      出力方向 CIDR Kubernetes サービスの出力方向 IP アドレスを決定する CIDR 注釈を入力します。スーパーバイザー クラスタ 内の名前空間ごとに 1 つの出力方向 IP アドレスのみが割り当てられます。出力方向 IP アドレスは、特定の名前空間内の vSphere ポッドNSX-T Data Center の外部と通信するために使用する IP アドレスです。
  11. [次へ] をクリックします。
  12. [ストレージ] 設定で、スーパーバイザー クラスタ のストレージを構成します。
    次のオブジェクトごとに選択したストレージ ポリシーによって、そのオブジェクトがストレージ ポリシーで参照されるデータストアに配置されます。各オブジェクトには、同じストレージ ポリシーを使用することも異なるストレージ ポリシーを使用することもできます。
    オプション 説明
    制御プレーン ノード 制御プレーン仮想マシンを配置するためのストレージ ポリシーを選択します。
    ポッドの短期ディスク vSphere ポッド を配置するためのストレージ ポリシーを選択します。
    コンテナ イメージ キャッシュ コンテナ イメージのキャッシュを配置するためのストレージ ポリシーを選択します。
  13. [設定の確認] セクションで設定を確認し、[完了] をクリックします。
    クラスタで vSphere with Tanzu が有効になり、DevOps エンジニアに提供する スーパーバイザー ネームスペース を作成できるようになります。クラスタに含まれているホストに Kubernetes 制御プレーン ノードが作成され、Spherelet プロセスも作成されます。

次のタスク

スーパーバイザー クラスタスーパーバイザー ネームスペース を作成して構成します。『 vSphere 名前空間 の作成と設定』を参照してください