vSphere with Tanzu を有効にする前に、スーパーバイザー クラスタ および名前空間で使用するストレージ ポリシーを作成します。このポリシーは vSphere 環境で使用可能なデータストアを表します。これらは、制御プレーン仮想マシン、ポッドの短期ディスク、コンテナ イメージ、パーシステント ストレージ ボリュームなどのオブジェクトのストレージの配置を制御します。Tanzu Kubernetes クラスタを使用する場合は、ストレージ ポリシーによって、Tanzu Kubernetes クラスタ ノードのデプロイ方法も決定されます。

vSphere ストレージ環境と DevOps のニーズに応じて、複数のストレージ ポリシーを作成してさまざまなストレージ クラスを表すことができます。たとえば、vSphere ストレージ環境にブロンズ、シルバー、ゴールドの 3 つのクラスのデータストアがある場合、すべてのデータストアに対してストレージ ポリシーを作成できます。その後、短期仮想ディスクとコンテナ イメージ仮想ディスクにブロンズ データストアを使用し、パーシステント ボリューム仮想ディスクにシルバーおよびゴールド データストアを使用することができます。ストレージ ポリシーの詳細については、『vSphere のストレージ』ドキュメントの「ストレージ ポリシー ベースの管理」の章を参照してください。

次の例では、ゴールドとタグ付けされたデータストアのストレージ ポリシーを作成します。

vSAN データ パーシステンス プラットフォームを使用する場合、ストレージ ポリシーを vSAN Direct または vSAN SNA データストアに対して作成できます。詳細については、vSAN Direct ストレージ ポリシーの作成vSAN SNA ストレージ ポリシーの作成 を参照してください。

前提条件

  • ストレージ ポリシーで参照するデータストアが、クラスタ内のすべての ESXi ホスト間で共有されることを確認します。
  • 必要な権限:仮想マシン ストレージ ポリシー.更新および仮想マシン ストレージ ポリシー.表示

手順

  1. データストアにタグを追加します。
    1. タグ付けするデータストアを右クリックし、[タグとカスタム属性] > [タグの割り当て] の順に選択します。
    2. [タグの追加] をクリックして、タグのプロパティを指定します。
      プロパティ 説明
      名前 データストア タグの名前を指定します(Gold など)。
      説明 タグの説明を追加します(Datastore for Kubernetes objects など)。
      カテゴリ 既存のカテゴリを選択するか、新しいカテゴリを作成します(Storage for Kubernetes など)。
  2. vSphere Client で、[仮想マシン ストレージ ポリシーの作成] ウィザードを開きます。
    1. [メニュー] > [ポリシーおよびプロファイル] の順にクリックします。
    2. [ポリシーおよびプロファイル] で、[仮想マシン ストレージ ポリシー] をクリックします。
    3. [仮想マシン ストレージ ポリシーの作成] をクリックします。
  3. ポリシーの名前と説明を入力します。
    オプション 操作
    vCenter Server vCenter Server インスタンスを選択します。
    名前 ストレージ ポリシーの名前(Gold Storage Policy など)を入力します。
    説明 ストレージ ポリシーの説明を入力します。
  4. [データストア固有のルール][ポリシー構造] 画面で、タグベースの配置ルールを有効にします。
  5. [タグベースの配置] ページで、タグ ルールを作成します。
    次の例を使用してオプションを選択します。
    オプション 説明
    タグ カテゴリ ドロップダウン メニューから、タグのカテゴリ([Kubernetes のストレージ] など)を選択します。
    使用量オプション [以下のタグ付けをされたストレージを使用:] を選択します。
    Tags [タグを参照] をクリックし、データストア タグ([Gold] など)を選択します。
  6. [ストレージ互換性] ページでこのポリシーに適合するデータストアのリストを確認します。
    この例では、ゴールドとタグ付けされたデータストアのみが表示されます。
  7. [確認して完了] ページでポリシーの設定を確認し、[完了] をクリックします。

結果

既存のストレージ ポリシーのリストに、ゴールドとタグ付けされたデータストアの新しいストレージ ポリシーが表示されます。

次のタスク

ストレージ ポリシーを作成した後、vSphere 管理者は次のタスクを実行できます。
  • ストレージ ポリシーを スーパーバイザー クラスタ に割り当てます。スーパーバイザー クラスタ に設定したストレージ ポリシーにより、制御プレーン仮想マシン、ポッドの短期ディスク、およびコンテナ イメージが、ポリシーによって表されるデータストアに配置されます。NSX-T Data Center ネットワークを使用したワークロード管理の有効化を参照してください。
  • ストレージ ポリシーを スーパーバイザー ネームスペース に割り当てます。名前空間で認識されるストレージ ポリシーにより、名前空間がどのデータストアにアクセスしてパーシステント ボリュームに使用できるかが決まります。ストレージ ポリシーは、名前空間では一致する Kubernetes ストレージ クラスとして表示されます。このストレージ クラスは、この名前空間の Tanzu Kubernetes クラスタにも伝達されます。DevOps エンジニアは、ストレージ クラスをパーシステント ボリュームの要求指定で使用できます。vSphere 名前空間 の作成と設定を参照してください。