修正前チェック レポートを生成すると、vSphere Lifecycle Managerによって、クラスタ内のホストで正常な修正を確実に実行するために必要なアクションを含むリストが生成されます。

修正の事前チェック レポートには、修正の完了を妨げる可能性がある、クラスタ、ホスト、仮想マシン レベルでの問題に関する情報が含まれています。

修正が正常に実行されない可能性のある問題の詳細については、 修正の事前チェック レポートを参照してください。

手順

  1. vSphere Client で、個々のホストまたはコンテナ オブジェクトの vSphere Lifecycle Manager コンプライアンス ビューに移動します。
    1. ホスト、クラスタ、またはコンテナ オブジェクトに移動します。
    2. [アップデート] タブをクリックします。
  2. [ホスト] > [ベースライン] の順に選択します。
  3. [ベースライン] ペインで、[修正の事前チェック] をクリックします。
    [修正事前チェック] ダイアログ ボックスが開きます。
  4. 事前チェックの結果を確認し、[完了] をクリックします。
    [修正事前チェック] ダイアログ ボックスの下部のペインに、ホストおよび仮想マシン レベルでの問題のリストが表示されます。

結果

[修正事前チェック] ダイアログ ボックスには、選択したオブジェクトの修正を正常に実行できない可能性があるクラスタ、ホスト、および仮想マシンの問題のリストが表示されます。

[修正事前チェック] ダイアログ ボックスの上部のペインに、クラスタ レベルでの問題のリストが表示されます。

[修正事前チェック] ダイアログ ボックスの下部のペインに、ホストおよび仮想マシン レベルでの問題のリストが表示されます。

次のタスク

修正前チェック中に vSphere Lifecycle Managerで特定されたすべての問題を修正し、選択したオブジェクトを修正します。

修正の事前チェック レポート

修正の事前チェック レポートには、修正前にクラスタまたはホストで実行されたチェックの結果が示されています。このチェックでは、修正の成功を妨げる可能性がある問題が vSphere Lifecycle Manager によって識別されます。vSphere Lifecycle Manager は問題のタイプに応じて、問題を解決するために必要な対処法を提案したり、問題を自動的に解決したりします。

オブジェクトの vSphere Lifecycle Manager コンプライアンス ビューで、修正の事前チェック レポートを生成できます。

表 1. クラスタの問題
現在の構成/問題 推奨アクション 詳細
DRS がクラスタ上で無効になっている。 クラスタの DRS を有効にします。 DRS を使用すると、vCenter Server は自動的にホスト上に仮想マシンを配置および移行して、クラスタのリソース使用を最適化できます。
事前チェック中に vSAN 健全性チェックが失敗します。 修正を進める前に、[vSAN の健全性] ページに移動し、健全性に関する問題をすべて解決してください。 vSAN 健全性チェックでは、vSAN クラスタ内のホストについて一連のテストを実行します。ホストが正常に修復されたことを確認するには、vSAN の健全性チェックが成功する必要があります。修正タスクを開始した vSAN クラスタが、修正の事前チェック中に vSAN 健全性チェックに失敗している場合、ホストはメンテナンス モードになってアップグレードされますが、メンテナンス モードを終了できないことがあります。修正が最終的に失敗します。
クラスタ内の 1 つまたは複数の ESXi ホストに対してライセンスが不足しています。 CPU あたりのコア数が 32 を超える ESXi ホストに複数のライセンスがあることを確認します。 1 つの CPU ライセンスで、最大 32 個の物理コアをカバーします。CPU のコア数が 32 を超える場合は、それぞれの ESXi ホストに追加の CPU ライセンスを割り当てる必要があります。詳細については、『https://www.vmware.com/company/news/updates/cpu-pricing-model-update-feb-2020.html』を参照してください。
クラスタで DPM が有効になっています。 なし。

vSphere Lifecycle Manager によって DPM が自動的に無効になります。

ホストに実行中の仮想マシンがない場合、DPM は修正前または修正中にホストをスタンバイ モードにする可能性があります。vSphere Lifecycle Manager ではこれらを修正できません。
クラスタで HA アドミッション コントロールが有効になっています。 なし。

vSphere Lifecycle Manager によって HA アドミッション コントロールは自動的に無効になります。

HA アドミッション コントロールによって vSphere vMotion で仮想マシンを移行できなくなるため、ホストをメンテナンス モードに切り替えられません。
EVC がクラスタ上で無効になっています。 なし。vSphere Lifecycle Manager によって EVC が自動的に有効になりますが、vSphere Client に通知やメッセージは表示されません。 クラスタで EVC が無効になっている場合、vSphere vMotion による仮想マシンの移行は続行できません。この結果、vSphere Lifecycle Manager を使用して修正するホスト上のマシンにダウンタイムが生じます。
表 2. ホストの問題
現在の構成/問題 推奨アクション 詳細
CD/DVD ドライブは、ESXi ホスト上の仮想マシンに接続されています。 CD/DVD ドライブの接続を解除してください。 ホストの仮想マシンに CD/DVD ドライブまたは取り外し可能デバイスが接続されていると、そのホストをメンテナンス モードに切り替えることができない場合があります。修正操作を開始するときに、ホスト上の仮想マシンに取り外し可能デバイスが接続されていると、そのホストは修正されません。
フロッピー ドライブは、ESXi ホスト上の仮想マシンに接続されています。 フロッピー ドライブを切断します。 ホストの仮想マシンにフロッピー ドライブまたは取り外し可能デバイスが接続されていると、そのホストをメンテナンス モードに切り替えることができない場合があります。修正操作を開始するときに、ホスト上の仮想マシンに取り外し可能デバイスが接続されていると、そのホストは修正されません。
ESXi ホスト上の仮想マシンに対して Fault Tolerance (FT) が有効になっています。 その仮想マシンの Fault Tolerance を無効にしてください。 ホスト上のいずれかの仮想マシンで FT が有効なっている場合、vSphere Lifecycle Manager はそのホストを修正できません。
パワーオン状態の仮想マシンは、仮想 Flash Read Cache を使用するように構成されています。 アップグレードを続行する前に、仮想 Flash Read Cache を無効にします。 仮想 Flash Read Cache はサポートされていません。アップグレード操作中に、vSphere Lifecycle Manager は、ホスト上のすべての仮想マシンの仮想 Flash Read Cache を削除します。修正を行う前に、https://kb.vmware.com/s/article/2057840を参照してください。
ESXi ホストの仮想マシンに VMware vCenter Server がインストールされていて、クラスタで DRS が無効になっています。 クラスタで DRS を有効にして、vSphere vMotion によって仮想マシンを移行できることを確認してください。 クラスタ内のいずれかの仮想マシンで、現在使用している vCenter Server インスタンスが実行されています。クラスタで DRS を有効にした場合は、vSphere vMotion によって vCenter Server が実行されている仮想マシンを移行して、ホストの修正が確実に成功するようにできます。
クラスタ内の ESXi ホストには、コア数が 32 を超える CPU があり、複数のライセンスが必要です。 ホストで必要となる数のライセンスを割り当てます。 1 つの CPU ライセンスで、最大 32 個の物理コアをカバーします。CPU のコア数が 32 を超える場合は、追加の CPU ライセンスを取得する必要があります。詳細については、『https://www.vmware.com/company/news/updates/cpu-pricing-model-update-feb-2020.html』を参照してください。