vSphere Lifecycle Manager では、選択した ESXi バージョンをホストおよびクラスタのハードウェア コンプライアンスと比較して検証するプロセスが自動化されます。ハードウェア互換性チェックによって、ホストまたはクラスタ ハードウェアが VMware 互換性ガイド (VCG) および vSAN ハードウェア互換性リスト (vSAN HCL) に確実に準拠します。

ハードウェア互換性リスト

ハードウェア互換性リストは、さまざまな vSphere リリースでの使用が認定されたハードウェアのリストです。VMware 互換性ガイドには、特定の vSphere リリースでの使用が認定されているサーバ モデルおよび I/O デバイスに関する情報が含まれています。VMware 互換性ガイドとは別に vSAN は、独自のハードウェア互換性リストを保持しています。このリストには、すべての I/O およびネットワーク デバイス コントローラ ハードウェアと、それぞれについて vSAN での使用が認定されているファームウェア バージョンが記載されています。vSAN HCL には、特定の vSphere リリースでサポートされるディスク ドライブ、および vSAN での使用が認定されている最も古いディスク ドライブ ファームウェア バージョンに関する情報も含まれています。

vSphere Lifecycle Manager を使用して、次のタスクを実行できます。
  • 単一ホストのハードウェア互換性をチェックします。
  • vSAN クラスタのハードウェア互換性をチェックします。

一般に、ハードウェアの互換性がなくても修正は阻止されません。また、修正の際に解決されることもありません。ただし、クラスタのハードウェア互換性に問題がある場合に修正を防止するように vSphere Lifecycle Manager を構成できます。グローバルな vSphere Lifecycle Manager 修正設定の詳細については、単一イメージを使用して管理するホストおよびクラスタの vSphere Lifecycle Manager 修正設定の構成を参照してください。特定のクラスタの修正設定の詳細については、単一イメージを使用して管理する、クラスタのグローバル vSphere Lifecycle Manager 修正設定のオーバーライドを参照してください。