vSphere Lifecycle Manager は、ダウンロード元と定期的かつ自動的に同期します。ただし、アップデートまたは ISO イメージを手動でインポートまたは削除するか、都合の良いタイミングで同期をトリガすることで、vSphere Lifecycle Manager デポの内容を変更できます。

vSphere Lifecycle Manager デポへのアップデートのインポート

ZIP 形式のオフライン バンドルを使用して、vSphere Lifecycle Manager デポにアップデートを手動でインポートすることができます。オフライン バンドルをインポートする場合は、アップデートのメタデータと実際のペイロードの両方を vSphere Lifecycle Manager デポに追加します。

インポート オプションを使用して、オフライン バンドルから vSphere Lifecycle Manager デポにアップデートをポピュレートします。レガシー パッチおよび拡張機能とは別に、オフライン バンドルには、ESXi 基本イメージ、ベンダー アドオン、またはサードパーティ製ソフトウェア(OEM ハードウェア要件に固有の非同期ドライバなど)も含めることができます。基本イメージ、ベンダー アドオン、およびコンポーネントの詳細については、vSphere Lifecycle Manager が使用できるソフトウェア パッケージ ユニットを参照してください。

vSphere Lifecycle Manager ベースラインを使用する場合は、ESXi6.7 以降が実行されているホストにパッチおよび拡張機能を含むオフライン バンドルをインポートできます。この場合、オフライン バンドルの内容は、ホストのパッチ適用操作にのみ使用できます。7.0 より前のバージョンの ESXi イメージが含まれている OEM オフライン バンドルをインポートする場合は、アップグレード操作にイメージを使用できません。アップグレード ベースラインを作成するには、ISO イメージが必要です。詳細については、『vSphere Lifecycle Manager デポへの ISO イメージのインポート』を参照してください。

vSphere Lifecycle Manager イメージを使用する場合は、ESXi 7.0 以降が実行されているホストにソフトウェアを含むオフライン バンドルをインポートできます。この場合は、オフライン バンドルの内容を使用して vSphere Lifecycle Manager イメージを設定できます。このイメージを使用すると、ESXi ホストをまとめてアップグレードできます。

前提条件

  • インポートするアップデートの形式が ZIP 形式であることを確認します。
  • 必須権限:VMware vSphere Update Manager.ファイルのアップロード.ファイルのアップロード

手順

  1. vSphere Lifecycle Manager ホスト ビューに移動します。
    1. vSphere Client[メニュー] > [Lifecycle Manager] の順に選択します。
    2. [Lifecycle Manager] ドロップダウン メニューから vCenter Server システムを選択します。
      ドロップダウン メニューは、複数の vCenter Server システムが共通の vCenter Single Sign-On ドメインによって接続されている場合にのみ使用できます。 vCenter Server システムを選択して、管理する vSphere Lifecycle Manager インスタンスを指定します。
  2. vSphere Lifecycle Manager のホーム ビューの上部で [アクション] > [更新のインポート] を選択します。
    [更新のインポート] ダイアログ ボックスが開きます。
  3. ローカル マシンにある ZIP 形式のオフライン バンドルの URL を入力するか、このバンドルを参照します。
    アップロードが失敗した場合は、ZIP ファイルの構造が正しいかどうか、および vSphere Lifecycle Manager ネットワークが正しく設定されているかどうかを確認します。
  4. [インポート] をクリックします。
    [最近のタスク] ペインに、アップデートのインポートのタスクが表示されます。

結果

アップデートが vSphere Lifecycle Manager デポにインポートされました。vSphere Lifecycle Manager は、推奨イメージがすでに生成されているクラスタに対して、新しいイメージ推奨を自動的に生成します。ただし、インポートされたアップデートがソリューション コンポーネントのみである場合、vSphere Lifecycle Manager は新しい推奨を自動的に生成しません。

インポートされたパッチと拡張機能は、vSphere Lifecycle Manager ホーム ビューの [更新] タブに表示されます。

インポートされた ESXi のイメージ、ベンダー アドオン、および追加コンポーネントは、vSphere Lifecycle Manager ホーム ビューの [デポのイメージ] に表示されます。

vSphere Lifecycle Manager デポへの ISO イメージのインポート

ホストのアップグレード操作に使用するアップグレード ベースラインを作成できるようにするには、ESXi イメージを ISO 形式で vSphere Lifecycle Manager のローカル デポにインポートします。

ESXi.iso イメージを使用すると、ESXi 6.7.x ホストおよび ESXi 7.0.x ホストを ESXi 8.0 にアップデードできます。

vSphere Lifecycle Manager 8.0 を使用して、 ESXi をバージョン 7.0 または 6.7 にアップグレードすることはできません。

ISO イメージは vSphere Lifecycle Manager ベースラインとの使用のみが可能です。ISO イメージを使用して、単一のイメージを使用するクラスタ内のホストをアップグレードすることはできません。

ホストをアップグレードするには、VMware から VMware-VMvisor-Installer-7.0.0-build_number.x86_64.iso の名前で配布されているESXi インストーラ イメージ、または vSphere ESXi Image Builder を使用して作成されたカスタム イメージを使用します。OEM が作成および配布した ISO イメージを使用することもできます。

前提条件

必須権限:VMware vSphere Lifecycle Manager.ファイルのアップロード

手順

  1. vSphere Lifecycle Manager ホスト ビューに移動します。
    1. vSphere Client[メニュー] > [Lifecycle Manager] の順に選択します。
    2. [Lifecycle Manager] ドロップダウン メニューから vCenter Server システムを選択します。
      ドロップダウン メニューは、複数の vCenter Server システムが共通の vCenter Single Sign-On ドメインによって接続されている場合にのみ使用できます。 vCenter Server システムを選択して、管理する vSphere Lifecycle Manager インスタンスを指定します。
  2. [インポートされた ISO] タブで、[ISO のインポート] をクリックします。
  3. [ISO のインポート] ダイアログ ボックスで、イメージを選択します。
    • [参照] ボタンをクリックして、ローカル システムから ESXi イメージをインポートします。
    • ローカル システムにない ESXi イメージをインポートするには、URL アドレスを入力します。
    ローカル イメージはただちにインポートされますが、URL からイメージをインポートする場合は時間がかかります。
  4. [インポート] をクリックします。

結果

アップロードした ISO イメージが、イメージのリストに表示されます。製品、バージョンおよびビルドの詳細、ベンダー、許容レベル、作成日付などの ESXi イメージに関する情報を確認できます。

次のタスク

ホスト アップグレード ベースラインを作成します。

vSphere Lifecycle Managerデポからの ISO イメージの削除

ESXiイメージが必要ない場合は、vSphere Lifecycle Manager デポから削除することができます。

vSphere Lifecycle Managerデポから削除できないコンポーネントやバンドルと異なり、デポにインポートした ISO イメージは、不要になった時点で削除できます。

前提条件

  • 削除する ISO イメージが、ベースラインの一部ではないことを確認します。ベースラインに含まれているイメージは削除できません。
  • 削除する ISO イメージを含むベースラインをすべて削除します。

手順

  1. vSphere Lifecycle Manager ホスト ビューに移動します。
    1. vSphere Client[メニュー] > [Lifecycle Manager] の順に選択します。
    2. [Lifecycle Manager] ドロップダウン メニューから vCenter Server システムを選択します。
      ドロップダウン メニューは、複数の vCenter Server システムが共通の vCenter Single Sign-On ドメインによって接続されている場合にのみ使用できます。 vCenter Server システムを選択して、管理する vSphere Lifecycle Manager インスタンスを指定します。
  2. [インポートされた ISO] タブで、リストからイメージを選択し、[削除] をクリックします。
    注: ベースラインで使用されている ESXiイメージの削除を試行すると、エラー メッセージとともに操作が失敗します。
  3. [はい] をクリックし、削除することを確認します。

結果

ISO イメージが削除され、使用できなくなります。

vSphere Lifecycle Manager デポの同期

事前定義されたダウンロード タスクがスケジュールどおりに実行されるのを待たずに、ローカルの vSphere Lifecycle Manager デポを直ちに更新できます。

vSphere Lifecycle Manager は定期的に設定可能な間隔で、設定されたダウンロード ソースからアップデートをダウンロードします。ダウンロード ソースには、オンライン デポまたは UMDS によって作成された共有リポジトリを指定できます。

ダウンロードのスケジュールに関係なく、vSphere Lifecycle Manager デポと設定されたダウンロード ソース間の同期を開始できます。同期を手動で開始すると、スケジューリングされた同期と同様に、vSphere Lifecycle Manager は使用するように設定されたすべてのオンライン デポからソフトウェアをダウンロードします。vSphere Lifecycle Manager ダウンロード ソースの設定の詳細については、vSphere Lifecycle Manager のダウンロード元の構成を参照してください。

同期中に、vSphere Lifecycle Manager はアップデート メタデータのみをダウンロードします。実際のペイロードは、ステージングまたは修正中にダウンロードされます。

手順

  1. vSphere Lifecycle Manager ホスト ビューに移動します。
    1. vSphere Client[メニュー] > [Lifecycle Manager] の順に選択します。
    2. [Lifecycle Manager] ドロップダウン メニューから vCenter Server システムを選択します。
      ドロップダウン メニューは、複数の vCenter Server システムが共通の vCenter Single Sign-On ドメインによって接続されている場合にのみ使用できます。 vCenter Server システムを選択して、管理する vSphere Lifecycle Manager インスタンスを指定します。
  2. vSphere Lifecycle Manager のホーム ビューの上部で [アクション] > [更新の同期] を選択します。
    [最近のタスク] ペインに、更新の同期のタスクが表示されます。

結果

更新が vSphere Lifecycle Manager デポにダウンロードされました。vSphere Lifecycle Manager は、推奨イメージがすでに生成されているクラスタに対して、新しいイメージ推奨を自動的に生成します。ただし、アップデートに関係するのがソリューション コンポーネントのダウンロードのみの場合、vSphere Lifecycle Manager は新しい推奨を自動的に生成しません。

ダウンロードされたパッチと拡張機能は、vSphere Lifecycle Manager ホーム ビューの [更新] タブに表示されます。

ダウンロードされた ESXi のイメージ、ベンダー アドオン、およびコンポーネントは、vSphere Lifecycle Manager ホーム ビューの [デポのイメージ] タブに表示されます。