ベースラインまたはイメージのいずれかを使用してクラスタを管理できます。単一のクラスタで両方を同時に使用することはできません。クラスタの作成中にクラスタのイメージをセットアップしなかった場合でも、そのクラスタに対してベースラインを使用する方法からイメージを使用する方法にいつでも切り替えることができます。

vSphere Lifecycle Manager イメージに切り替えるには、新しいイメージをセットアップするか、既存のイメージをインポートする必要があります。イメージのセットアップまたはインポートを続行する前に、vCenter Server によって、クラスタがイメージを使用する資格があるかどうかが確認および報告されます。クラスタの適性の詳細については、vSphere Lifecycle Manager イメージを使用するためのクラスタの要件を参照してください。

システム要件

イメージを使用する方法に切り替えるには、クラスタが複数の要件を満たしている必要があります。
  • クラスタ内のすべての ESXi ホストはバージョン 7.0 以降である必要があります。
  • クラスタ内のすべての ESXi ホストはステートフルである必要があります。

    ステートフル インストールの場合、ホストはディスクから起動します。

  • クラスタ内のホストに、不明なコンポーネントを含めることはできません。

ホストのバージョンが ESXi 7.0 より前の場合は、まず、アップグレード ベースラインを使用してホストをアップグレードする必要があります。そうすることで、イメージを使用する方式に正常に切り替えられるようになります。ホストへのパッチ適用操作およびアップグレード操作にベースラインを使用する方法については、vSphere Lifecycle Manager ベースラインおよびベースライン グループの使用を参照してください。

ステートレス ホストをステートフル ホストに変換する方法の詳細については、ESXi のインストールとセットアップのドキュメントに記載されている Auto Deploy の詳細を参照してください。

移行ワークフローの詳細

vSphere Lifecycle Manager イメージを使用する方法に切り替えると、いくつかの動作上の特性が生じます。
  • クラスタにイメージを使用するように切り替えると、ベースラインを使用するように戻すことはできません。ベースラインが使用されるクラスタにホストを移動することはできますが、管理目的で単一のイメージがすでに使用されているクラスタを変更することはできません。
  • クラスタのイメージを設定して保存した場合、ホストを修正しない限り、イメージはクラスタ内のホストに適用されません。管理方法を変更するだけの操作では、クラスタ内のホストは変更されません。
  • クラスタのイメージを設定し、イメージに基づいてクラスタ内のホストを修正すると、スタンドアローンの VIB がホストから削除されます。
  • クラスタのイメージを設定し、イメージに基づいてクラスタ内のホストを修正すると、統合されていないソリューション エージェントがホストから削除されます。
  • 空のクラスタで vSphere Lifecycle Manager と連携できないソリューション(Dell EMC VxRail など)を有効にして、そのクラスタのイメージを使用する方法に切り替えると、移行操作は成功します。ただし、クラスタで vSphere Lifecycle Manager と非統合ソリューションの両方が有効になるため、クラスタ構成はサポート対象外になります。

vSphere Lifecycle Manager イメージを使用するためのクラスタの要件

ベースラインからイメージに切り替えるには、クラスタを管理する vSphere Lifecycle Manager イメージを設定またはインポートする必要があります。移行の一環として、イメージを設定する前に、vCenter Server は、クラスタが vSphere Lifecycle Manager イメージを使用できるかどうかを確認する自動タスクをトリガーします。

[単一イメージでの管理対象クラスタの資格の確認] タスクは、クラスタがベースラインを基準にして修正されないようにし、vSphere Lifecycle Manager イメージを使用するためのすべての要件が満たされているかどうかを確認します。

また、このタスクは、スタンドアローンの VIB を確認し、クラスタで統合されていないソリューションが有効でないことを確認します。統合されていないソリューションがクラスタで有効な場合は、 vSphere Lifecycle Manager イメージの使用に切り替えることができない場合があります。
注: サードパーティ製品またはソリューションを使用する場合は、それぞれのソリューションが vSphere Lifecycle Manager と連携するかどうかをサードパーティ ソフトウェア ベンダーに確認する必要があります。

このタスクは、エラー、警告、情報の3種類の通知を返します。

エラー

クラスタにステートフルでないホスト、または 7.0 以降の互換性のある ESXi バージョンではないホストが 1 台以上含まれている場合、[単一イメージでの管理対象クラスタの資格の確認] タスクによりエラーが報告されます。

また、クラスタ内に統合されていないソリューションの VIB が含まれている場合は、[単一イメージでの管理対象クラスタの資格の確認] によりエラーが返されます。その場合は、統合されていないソリューションを無効にしてから、移行を再試行する必要があります。

警告

クラスタにスタンドアローンの VIB または不明な VIB のあるホストが 1 台以上含まれている場合、[単一イメージでの管理対象クラスタの資格の確認] タスクにより警告が発行されます。警告は vSphere Lifecycle Manager イメージの使用への移行をブロックしませんが、特別な注意またはユーザー操作が必要です。

たとえば、クラスタ内のホストにスタンドアローンの VIB(vSphere Lifecycle Manager デポでコンポーネントが利用可能なドライバなど)が含まれる場合、警告通知が表示されます。VIB を保持する場合は、それぞれのコンポーネントを vSphere Lifecycle Manager イメージに追加する必要があります。そうしないと、修正時にスタンドアローンの VIB が削除されます。

クラスタ内のホストに不明な VIB が含まれている場合も警告が表示されます。不明な VIB は、vSphere Lifecycle Manager デポに利用可能なコンポーネントがない、スタンドアローンの VIB です。vSphere Lifecycle Manager が不明な VIB を検出した場合は、VIB を含むコンポーネントを vSphere Lifecycle Manager デポにインポートして、移行を再開する必要があります。そうしないと、修正時に不明な VIB が削除されます。

情報

[単一イメージでの管理対象クラスタの資格の確認] タスクでは、クラスタにスタンドアローンの VIB を持つホストが 1 台以上含まれている場合に情報通知を提供しますが、追加のアクションを実行せずにクラスタの vSphere Lifecycle Manager イメージの設定を続けることができます。

たとえば vSphere HA や vSAN などの統合ソリューションでクラスタが有効な場合、情報通知が表示されます。

オプション 1:新しいイメージの設定

vSphere Lifecycle Manager で、ベースラインを使用する既存のクラスタのイメージを利用するには、まずイメージを手動で設定します。

クラスタにイメージを使用するように切り替えると、ベースラインを使用するように戻すことはできません。ベースラインが使用される別のクラスタにホストを移動することはできますが、単一のイメージがすでに使用されているクラスタを変更することはできません。

vSphere Lifecycle Manager イメージの概念については、vSphere Lifecycle Manager イメージ を参照してください。

vSphere Lifecycle Manager イメージを使用してホストおよびクラスタを管理する方法については、vSphere Lifecycle Manager イメージの使用を参照してください。

前提条件

  • クラスタ内のすべての ESXi ホストがバージョン 7.0 以降であることを確認します。
  • クラスタ内のすべての ESXi ホストがステートフルであることを確認します。ステートフル インストールの場合、ホストはディスクから起動します。
  • クラスタ内のすべての ESXi ホストが同一ハードウェア ベンダーのものであることを確認します。
  • 統合されていないソリューションがクラスタに対して有効になっていないことを確認します。
  • 適切な権限があることを確認します。イメージを使用するための vSphere Lifecycle Manager の権限を参照してください。

手順

  1. vSphere Client で、ベースラインおよびベースライン グループを使用して管理するクラスタに移動します。
  2. [更新] タブで、[イメージ] をクリックします。
  3. [イメージのセットアップ] ボタンをクリックします。
    vSphere Lifecycle Manager は、クラスタがイメージを使用する資格があるかどうかを確認します。問題が報告されない場合は、 [イメージへの変換] ペインが表示されます。
  4. [単一イメージでの管理対象クラスタの資格の確認] タスクから、対処が必要なことを示すエラーまたは警告が報告された場合は、問題を解決して、手順を再開します。
  5. [ESXi バージョン] ドロップダウン メニューで ESXi イメージを選択します。
  6. (オプション) イメージにベンダー アドオンを追加します。
    1. [選択] をクリックします。
      [ベンダー アドオンの選択] が表示されます。
    2. リストからアドオンを選択します。
      右側に情報パネルが表示されます。情報パネルには、アドオンによって ESXi イメージに追加されるコンポーネントとイメージから削除されるコンポーネントに関する情報が表示されます。
    3. 選択したアドオンの [バージョン] ドロップダウン メニューから、アドオンのバージョンを選択します。
    4. [選択] をクリックします。
  7. (オプション) イメージにファームウェアとドライバのアドオンを追加します。
    1. [選択] をクリックします。
      [ファームウェアとドライバのアドオンの選択] が表示されます。
    2. 該当するドロップダウン メニューからハードウェア サポート マネージャを選択します。
      ファームウェアとドライバのアドオンのリストが表示されます。
    3. リストからアドオンを選択します。
      右側に情報パネルが表示されます。情報パネルには、サポートされている ESXi のバージョン、およびアドオンにドライバが含まれているかどうかに関する情報が表示されます。
    4. 選択したアドオンの [バージョン] ドロップダウン メニューから、アドオンのバージョンを選択します。
    5. [選択] をクリックします。
  8. (オプション) イメージにコンポーネントを追加します。
    1. [詳細を表示] をクリックします。
    2. [コンポーネントの追加] をクリックします。
      [コンポーネントの追加] ダイアログ ボックスが表示されます。
    3. (オプション) [表示] ドロップダウン メニューを使用して、選択したベンダー アドオンに含まれていないコンポーネントを特定します。
    4. リストから 1 つまたは複数のコンポーネントを選択します。
      右側に情報パネルが表示されます。情報パネルには、最初に選択したコンポーネントに関する情報が表示されます。
    5. 選択したコンポーネントの [バージョン] ドロップダウン メニューから、コンポーネントのバージョンを選択します。
    6. [選択] をクリックします。
      選択したコンポーネントが、イメージに含まれるコンポーネントのリストに表示されます。 [表示] ドロップダウン メニューを使用して、他のコンポーネントを特定できます。
    7. (オプション) [詳細を非表示] をクリックして、コンポーネントのリストを非表示にします。
  9. (オプション) イメージを検証するには、[検証] ボタンをクリックします。
    イメージを検証して、欠落している依存関係やコンポーネントの競合を確認します。
  10. [保存] をクリックします。
    イメージを保存すると、自動コンプライアンス チェックがトリガーされます。クラスタ内のすべてのホストがイメージを基準としてチェックされます。
  11. [イメージへの変換] ペインでイメージのセットアップを終了します。
    1. [イメージのセットアップの完了] ボタンをクリックします。
    2. [イメージのセットアップの完了] ダイアログ ボックスで [はい、イメージのセットアップを完了します] をクリックします。

結果

クラスタのイメージがセットアップされました。クラスタの単一イメージを使用して、クラスタ内のすべてのホストをまとめて管理できるようになりました。修正時に、クラスタ内のすべてのホストにイメージがインストールされます。

次のタスク

クラスタ内のすべてのホストにイメージを適用するには、イメージに対してクラスタを修正します。

オプション 2:既存のイメージのインポート

ベースラインをすでに使用している既存のクラスタを単一の vSphere Lifecycle Manager イメージで管理するには、新しいイメージを手動で設定する代わりに、別のクラスタからイメージをインポートできます。

クラスタにイメージを使用するように切り替えると、ベースラインを使用するように戻すことはできません。ベースラインが使用される別のクラスタにホストを移動することはできますが、単一のイメージがすでに使用されているクラスタを変更することはできません。

vSphere Lifecycle Manager イメージの概念については、vSphere Lifecycle Manager イメージ を参照してください。

vSphere Lifecycle Manager イメージを使用してホストおよびクラスタを管理する方法については、vSphere Lifecycle Manager イメージの使用を参照してください。

前提条件

  • クラスタ内のすべての ESXi ホストがバージョン 7.0 以降であることを確認します。
  • クラスタ内のすべての ESXi ホストがステートフルであることを確認します。ステートフル インストールの場合、ホストはディスクから起動します。
  • クラスタ内のすべての ESXi ホストが同一ハードウェア ベンダーのものであることを確認します。
  • 統合されていないソリューションがクラスタに対して有効になっていないことを確認します。
  • 適切な権限があることを確認します。イメージを使用するための vSphere Lifecycle Manager の権限を参照してください。

手順

  1. vSphere Client で、ベースラインおよびベースライン グループを使用して管理するクラスタに移動します。
  2. [更新] タブで、[イメージ] をクリックします。
  3. [イメージのインポート] ボタンをクリックします。
    [イメージのインポート] ダイアログ ボックスが表示されます。
  4. インポートする JSON ファイルを選択し、[次へ] をクリックします。
    • [参照] ボタンをクリックし、ローカル マシンで JSON ファイルを選択します。
    • リモート Web サーバの JSON ファイルに対する有効な URL を入力します。
    vSphere Lifecycle Manager は、クラスタがイメージを使用する資格があるかどうかを確認します。問題が報告されない場合は、 [イメージへの変換] ペインが表示されます。インポートしたイメージの要素は、 [イメージの定義] 定義に表示されます。
  5. (オプション) いずれかの要素を変更して、インポートしたイメージをカスタマイズします。
  6. (オプション) イメージを検証するには、[検証] ボタンをクリックします。
    イメージを検証して、欠落している依存関係やコンポーネントの競合を確認します。
  7. [保存] をクリックします。
    イメージを保存すると、自動コンプライアンス チェックがトリガーされます。クラスタ内のすべてのホストがイメージを基準としてチェックされます。
  8. [イメージへの変換] ペインでイメージのセットアップを終了します。
    1. [イメージのセットアップの完了] ボタンをクリックします。
    2. [イメージのセットアップの完了] ダイアログ ボックスで [はい、イメージのセットアップを完了します] をクリックします。

結果

クラスタの単一イメージを使用して、クラスタ内のすべてのホストをまとめて管理できるようになりました。修正時に、クラスタ内のすべてのホストにイメージがインストールされます。

次のタスク

クラスタ内のすべてのホストにイメージを適用するには、イメージに対してクラスタを修正します。