ベースラインおよびベースライン グループを使用して ESXi ホストの更新およびアップグレードを管理する方法は、複数のステージからなるプロセスです。

  1. vSphere Lifecycle Manager リポジトリにパッチ、拡張機能、アップデートを追加します。

    vSphere Lifecycle Manager リポジトリには、vSphere Lifecycle Manager ベースラインと vSphere Lifecycle Manager イメージの両方で使用できるソフトウェア アップデートが含まれています。 また、

    vSphere Lifecycle Manager ホーム ビューの [アップデート] タブには、vSphere Lifecycle Manager デポで入手可能なすべてのソフトウェア アップデートが、通知として表示されます。

    アップデートは、構成可能なダウンロード ソースと同期することによって、vSphere Lifecycle Manager のローカル デポに追加されます。デフォルトでは、vSphere Lifecycle Manager は、公式の VMware デポからアップデートを同期するように構成されています。

    アップデートのデポへのインポートは、手動で行うこともできます。

    ベースラインを使用したホストのアップグレード操作では、ESXi ISO イメージを使用しますが、これは vSphere Lifecycle Manager デポに手動でインポートする必要もあります。

    vSphere Lifecycle Manager デポを使用した操作についての詳細は、vSphere Lifecycle Manager デポを参照してください。
  2. ベースラインを作成するには、デポからの通知を統合し手動でアップロードした ESXi ISO イメージを使用します。

    また、複数の競合していないベースラインを組み合わせてベースライン グループを作成することもできます。ベースライン グループには、さまざまなタイプのベースラインを含めることができます。ベースライン グループに、アップグレードとパッチ ベースライン、またはアップグレードと拡張機能ベースラインが含まれている場合は、アップグレードが最初に実行されます。

    ベースラインおよびベースライン グループの作成についての詳細は、ベースラインおよびベースライン グループの作成と操作を参照してください。
  3. ベースラインは、個々の ESXi ホストまたは ESXi ホストのコンテナ オブジェクトに添付します。

    詳細については、『オブジェクトへのベースラインおよびベースライン グループの添付』を参照してください。

  4. 選択したベースラインまたはベースライン グループに対する ESXi ホストのコンプライアンスを確認します。

    コンプライアンス チェックは、個々の ESXi ホストまたはコンテナ オブジェクトに対して実行できます。

    ベースラインおよびベースライン グループに対するコンプライアンス チェックの詳細については、vSphere Lifecycle Managerベースラインおよびベースライン グループを基準としたコンプライアンスの確認を参照してください。

  5. スキャンしたオブジェクトのコンプライアンス状態を確認します。

    コンプライアンス状態の詳細については、ESXiホストおよびアップデートに関するコンプライアンス情報の表示を参照してください。

  6. オプションで、修正前に ESXi ホストにパッチおよび拡張機能をステージングできます。ステージングは必須の手順ではありません。スキップすることができます。

    修正前のアップデートのステージングについての詳細は、ESXi ホストへのパッチおよび拡張機能のステージングを参照してください。

  7. 非準拠のオブジェクトを修正します。修正後、コンプライアンス状態を再度確認して、アップデートがインストールされていることを確認できます。

    ベースラインおよびベースライン グループを基準にしたオブジェクト修正の詳細は、vSphere Lifecycle Manager ベースラインおよびベースライン グループを基準にした ESXi ホストの修正を参照してください。