ポートのバインドは、特定のタイプの iSCSI および iSER アダプタと物理ネットワーク アダプタ間のトラフィックの接続を作成します。

次のタイプのアダプタには、ポートのバインドが必要です。
  • ソフトウェア iSCSI アダプタ
  • 依存型ハードウェア iSCSI アダプタ
  • VMware iSCSI over RDMA (iSER) アダプタ
次のタスクでは、vSphere 標準スイッチと単一の物理ネットワーク アダプタによるネットワーク構成について説明します。複数のネットワーク アダプタがある場合は、 iSCSI または iSER 構成での複数のネットワーク アダプタを参照してください。
注: iSER は NIC チーミングをサポートしません。iSER のポートのバインドを設定する場合は、vSwitch ごとに 1 つの RDMA 対応物理アダプタ (vmnic#) と 1 つの VMkernel アダプタ (vmk#) のみを使用します。

ポートのバインド設定では、VMware vSphere® Distributed Switch™ と VMware NSX® Virtual Switch™ も使用できます。NSX 仮想スイッチの詳細については、『VMware NSX Data Center for vSphere』ドキュメントを参照してください。

複数のアップリンク ポートがある vSphere Distributed を使用している場合は、ポートのバインドに、物理 NIC ごとに個別の分散ポート グループを作成します。次に、各分散ポート グループのアクティブなアップリンク ポートが 1 つだけになるようにチーム ポリシーを設定します。分散スイッチの詳細については、『vSphere のネットワーク』ドキュメントを参照してください。

iSCSI または iSER 用の単一 VMkernel アダプタの作成

iSCSI ストレージ用にサービスを実行する VMkernel を、ESXi ホスト上の物理ネットワーク アダプタに接続します。作成した VMkernel アダプタは、iSCSI または iSER アダプタとともにポートのバインド設定で使用します。

前提条件

手順

  1. vSphere Client で、ESXi ホストに移動します。
  2. 右クリック メニューから [ネットワークの追加] を選択します。
  3. [VMkernel ネットワーク アダプタ] を選択し、[次へ] をクリックします。
  4. [新しい標準スイッチ] を選択して、vSphere Standard スイッチを作成します。
  5. [アダプタの追加] アイコンをクリックし、iSCSI に使用する適切なネットワーク アダプタ (vmnic#) を選択します。
    [アクティブ アダプタ] にアダプタが割り当てられていることを確認します。
  6. ネットワーク ラベルを入力します。
    ネットワーク ラベルは、「iSCSI」や「iSER」など、作成する VMkernel アダプタを識別するわかりやすい名前です。
  7. IP アドレス設定を指定します。
  8. 情報を確認し、[終了] をクリックします。
    これで、ホスト上の物理ネットワーク アダプタ (vmnic#) 用に、仮想 VMkernel アダプタ (vmk#) が作成されました。
  9. 設定を確認します。
    1. [ネットワーク][VMkernel アダプタ] を選択し、リストから VMkernel アダプタ (vmk#) を選択します。
    2. [ポリシー] タブをクリックし、対応する物理ネットワーク アダプタ (vmnic#) が [チーミングおよびフェイルオーバー] に有効なアダプタとして表示されていることを確認します。
      スクリーンショットの ポリシー タブに vmnic4 物理ネットワーク アダプタが表示されています。アダプタはアクティブなアダプタとして表示されます。

次のタスク

ホストに iSCSI トラフィック用の物理ネットワーク アダプタが 1 つある場合は、作成した VMkernel アダプタを iSCSI または iSER vmhba アダプタにバインドします。

複数のネットワーク アダプタがある場合は、追加の VMkernel アダプタを作成してから、iSCSI とのバインドを実行できます。仮想アダプタの数は、ホスト上の物理アダプタの数に対応している必要があります。詳細については、『iSCSI または iSER 構成での複数のネットワーク アダプタ』を参照してください。

iSCSI または iSER アダプタの VMkernel アダプタへのバインド

ESXi ホストで、iSCSI または iSER アダプタと VMkernel アダプタをバインドします。

前提条件

ホスト上の各物理ネットワーク アダプタ用に、仮想 VMkernel アダプタを作成します。複数の VMkernel アダプタを使用する場合は、正しいネットワーク ポリシーを設定してください。

必要な権限:ホスト.設定.ストレージ パーティション設定

手順

  1. vSphere Client で、ESXi ホストに移動します。
  2. [設定] タブをクリックします。
  3. [ストレージ] で、[ストレージ アダプタ] をクリックし、iSCSI または iSER アダプタ (vmhba#) をリストから選択します。
  4. [ネットワーク ポートのバインド] タブをクリックし、[追加] アイコンをクリックします。
  5. iSCSI または iSER アダプタとバインドする VMkernel アダプタを選択します。
    注: VMkernel アダプタのネットワーク ポリシーがバインド要件に準拠していることを確認してください。
    ソフトウェア iSCSI アダプタは、1 つ以上の VMkernel アダプタにバインドできます。依存型ハードウェア iSCSI アダプタまたは iSER アダプタの場合は、正しい物理 NIC と関連付けられた VMkernel アダプタを 1 つのみ使用できます。
  6. [OK] をクリックします。
    ネットワーク接続が、iSCSI または iSER アダプタのネットワーク ポート バインドのリストに表示されます。

    このスクリーンショットは、[ネットワーク ポートのバインド] パネルを示します。このパネルには、iSER アダプタ vmhba66 に接続されている VMkernel アダプタ vmk1 が表示されています。

ESXi ホストでのポートのバインドの詳細の確認

iSCSI または iSER vmhba アダプタにバインドされた VMkernel アダプタのネットワーク詳細を確認します。

手順

  1. vSphere Client で、ESXi ホストに移動します。
  2. [設定] タブをクリックします。
  3. [ストレージ] で、[ストレージ アダプタ] をクリックし、iSCSI または iSER アダプタをリストから選択します。
  4. [ネットワーク ポートのバインド] タブをクリックし、リストから VMkernel アダプタを選択します。
  5. [詳細表示] アイコンをクリックします。
  6. 利用可能なタブを切り替えて、VMkernel アダプタおよび物理アダプタ情報を確認します。

次のタスク

iSCSI ストレージ アダプタまたは iSER ストレージ アダプタに実行できるその他の構成手順については、次のトピックを参照してください。