ESXi ホストのアダプタ構成プロセスでは、TCP ネットワーク アダプタの VMkernel バインドを設定し、その後、NVMe over TCP のソフトウェア アダプタを有効にします。

構成プロセス全体で、次のアクションを実行します。
アクション 説明
NVMe over TCP アダプタの VMkernel バインドの構成 NVMe over TCP でポートのバインドを行うには、仮想スイッチを作成し、物理ネットワーク アダプタと VMkernel アダプタを仮想スイッチに接続します。この接続を介して、TCP アダプタが VMkernel アダプタにバインドされます。この構成では、vSphere 標準スイッチまたは vSphere Distributed Switch を使用できます。
NVMe over TCP アダプタを有効にする vSphere Client を使用して、NVMe over TCP のソフトウェア ストレージ アダプタを有効にします。
NVMe over Fabrics のコントローラの追加 NVMe コントローラを追加するには、vSphere Client を使用します。コントローラを追加すると、コントローラに関連付けられている NVMe 名前空間を ESXi ホストで使用できるようになります。ESXi 環境内の名前空間を表す NVMe ストレージ デバイスが、ストレージ デバイス リストに表示されます。