ストレージ プロバイダとは、VMware から提供されるか、vSphere APIs for Storage Awareness (VASA) を使用してサードパーティによって開発されたソフトウェア コンポーネントです。ストレージ プロバイダは、VASA プロバイダとも呼ばれます。ストレージ プロバイダはさまざまなストレージ エンティティと連携します。これらのエンティティには、外部の物理ストレージのほか、vSANVirtual Volumes などのストレージ抽象化が含まれます。ストレージ プロバイダは、I/O フィルタなどのソフトウェア ソリューションをサポートすることもできます。

ストレージ プロバイダの概念

一般に vCenter Server および ESXi は、ストレージ プロバイダを使用して、使用環境で提供されるストレージ設定、ステータス、およびストレージ データの各サービスに関する情報を取得します。この情報は、 vSphere Client で表示されます。この情報により、仮想マシンの配置について適切に決定し、ストレージ要件の設定やストレージ環境の監視を行うことができます。
パーシステンス ストレージ プロバイダ
アレイとストレージ抽象化を管理するストレージ プロバイダは、パーシステンス ストレージ プロバイダと呼ばれます。 Virtual Volumes または vSAN をサポートするプロバイダは、ここに分類されます。パーシステンス プロバイダは、ストレージの他に、レプリケーションなどのデータ サービスを提供できます。
データ サービス プロバイダ
プロバイダの別のカテゴリは、I/O フィルタ ストレージ プロバイダまたはデータ サービス プロバイダです。これらのプロバイダは、ホスト ベースのキャッシュ、圧縮、暗号化などのデータ サービスを提供します。
パーシステンス ストレージ プロバイダとデータ サービス プロバイダの両方が、これらのカテゴリのいずれかに属していることがあります。
組み込みストレージ プロバイダ
組み込みストレージ プロバイダは VMware によって提供されます。通常、登録は必要ありません。たとえば、vSAN または I/O フィルタをサポートするストレージ プロバイダが組み込まれていて、自動的に登録されます。
サードパーティのストレージ プロバイダ
サード パーティからプロバイダが提供される場合は、通常、プロバイダを登録する必要があります。そのようなプロバイダには、 Virtual Volumes プロバイダなどがあります。 vSphere Client を使用して、各ストレージ プロバイダのコンポーネントを登録して管理します。
詳細については、 vSphere Virtual Volumes のストレージ プロバイダの管理を参照してください。

次の図は、さまざまなタイプのストレージ プロバイダが、vCenter ServerESXi、およびストレージ環境のその他のコンポーネントの間の通信を促進する方法を示します。これらのコンポーネントには、ストレージ アレイ、Virtual Volumes のストレージ、および I/O フィルタなどが含まれる場合があります。

さまざまなタイプのストレージ プロバイダが、vCenter Server、ESXi、およびストレージ環境の他のコンポーネント間で通信を円滑にします。

ストレージ プロバイダおよびデータの表現

ストレージ プロバイダが提供する情報は、次のカテゴリに区分できます。

  • ストレージ データ サービスおよび機能。このタイプの情報は、vSANVirtual Volumes、および I/O フィルタなどの機能に不可欠です。これらの機能を表すストレージ プロバイダは、ストレージ ポリシーベース管理 (SPBM) メカニズムと統合されます。ストレージ プロバイダは、基盤となるストレージ エンティティまたは使用可能な I/O フィルタが提供するデータ サービスに関する情報を収集します。

    ストレージ ポリシーの仮想マシンおよび仮想ディスクのストレージ要件を定義するときに、これらのデータ サービスを参照します。SPBM メカニズムを使用すると、使用環境に応じて仮想マシンのストレージを適切に配置したり、仮想ディスクで特定のデータ サービスを有効にしたりできます。詳細については、vSphere の仮想マシン ストレージ ポリシーの作成と管理を参照してください。

  • ストレージ ステータス。このカテゴリには、さまざまなストレージ エンティティのステータスに関するレポートが含まれています。構成の変更に関して通知するアラームやイベントも含まれています。

    このタイプの情報は、ストレージの接続やパフォーマンスの問題を解決するのに役立ちます。アレイ生成イベントおよびアラームをアレイ上での対応するパフォーマンスおよびロードの変化と関連付ける場合も役に立ちます。

  • ブロック デバイスまたはファイル システムの Distributed Resource Scheduling に関する Storage DRS 情報。この情報は、Storage DRS による決定事項と、ストレージ システム内部のリソース管理による決定事項の互換性を確保するために役立ちます。

ストレージ プロバイダの要件および考慮事項

サードパーティのストレージ プロバイダを使用する場合、ストレージ プロバイダはベンダーが提供します。VMware VASA プログラムはサードパーティのストレージ プロバイダを vSphere 環境に統合するアーキテクチャを定義するため、vCenter Server ホストおよび ESXi ホストはストレージ プロバイダと通信できます。

ストレージ プロバイダを使用するには、次の要件に従います。

  • 使用するすべてのストレージ プロバイダが VMware によって認定され、適切にデプロイされていることを確認します。ストレージ プロバイダのデプロイの詳細については、ストレージ ベンダーにお問い合わせください。
  • ストレージ プロバイダが vCenter Server および ESXi のバージョンと互換性があることを確認します。VMware 互換性ガイド を参照してください。
  • vCenter Server と同じシステムに VASA プロバイダをインストールしないでください。
  • ご使用の環境に古いバージョンのストレージ プロバイダが含まれている場合、既存の機能は継続して動作します。ただし、新しい機能を使用する場合は、ストレージ プロバイダを新しいバージョンにアップグレードしてください。

ストレージ プロバイダの管理

vCenter Server との接続を確立するには、特定のタイプのストレージ プロバイダの登録が必要になる場合があります。ストレージ プロバイダを確認して、管理することができます。

ストレージ プロバイダの登録

vSphere Client を使用して、クラスタの各ホストで個別のストレージ プロバイダを登録してください。

登録後、 vCenter Server では新しい VASA バージョンの機能を検出し、使用できます。
注: 組み込みストレージ プロバイダの登録は必要ありません。たとえば、 vSAN または I/O フィルタをサポートするストレージ プロバイダが組み込まれています。ストレージ プロバイダが登録され、ストレージ プロバイダのリストに自動的に表示されます。詳細については、 VMware vSAN の管理ドキュメントおよび vSphere での仮想マシン I/O のフィルタリングを参照してください。

前提条件

ストレージ プロバイダ コンポーネントがストレージ側にインストールされていることを確認して、その証明書をストレージ管理者から取得します。

手順

  1. vCenter Server に移動します。
  2. [構成] タブをクリックし、[ストレージ プロバイダ] をクリックします。
  3. [追加]アイコンをクリックします。
  4. ストレージ プロバイダの接続情報 (名前、URL、認証情報など) を入力します。
  5. [OK] をクリックします。

結果

vCenter Server はストレージ プロバイダを登録し、プロバイダとのセキュアな接続を確立します。

次のタスク

ストレージ プロバイダの登録のトラブルシューティングについては、VMware ナレッジベースの記事 https://kb.vmware.com/s/article/49798 を参照してください。

ストレージ プロバイダ情報の表示

ストレージ プロバイダ コンポーネントを vCenter Server に登録すると、ストレージ プロバイダ リストにそのストレージ プロバイダが表示されます。ストレージ プロバイダが表すエンティティ(vSAN、I/O フィルタなど)を設定すると、そのストレージ プロバイダの自己登録が行われ、自動的にリストに表示されます。

vSphere Client を使用して、一般的なストレージ プロバイダ情報と各ストレージ コンポーネントの詳細を表示します。

手順

  1. vCenter Server に移動します。
  2. [構成] タブをクリックし、[ストレージ プロバイダ] をクリックします。
  3. [ストレージ プロバイダ] リストで、vCenter Server に登録されたストレージ プロバイダを確認します。
    リストには、ストレージ プロバイダの名前、その URL とステータス、VASA API のバージョンなどの全般的な情報が表示されます。
  4. 追加の詳細を表示するには、プロバイダ名の横にあるアイコンをクリックします。
    注: 単一のストレージ プロバイダで、複数の異なるベンダーのストレージ システムをサポートできます。
    プロバイダの証明書およびプロバイダが表すストレージ エンティティに関する情報を表示できます。

ストレージ プロバイダの管理

登録されているストレージ プロバイダに対していくつかの管理操作を実行するには、vSphere Client を使用します。

手順

  1. vCenter Server に移動します。
  2. [構成] タブをクリックし、[ストレージ プロバイダ] をクリックします。
  3. アイコンをクリックして、すべてのプロバイダに対して次のいずれかのグローバル アクションを実行します。
    アイコン 説明
    ストレージ プロバイダの同期 現在の状態で、すべてのストレージ プロバイダと同期します。
    ホストの VASA クライアントの再認証 Virtual Volumes データストアを持つすべてのホストを、それぞれのストレージ プロバイダに対して再認証します。このアイコンを使用できるのは、Virtual Volumes プロバイダのみです。
    注: この操作は時間がかかります。
  4. 特定のストレージ プロバイダを管理するには、プロバイダに移動し、プロバイダ名の横にある [行アクション](3 つのドット)アイコンをクリックします。
    この図は、行アクション アイコンのメニュー オプションを示しています。
  5. [行アクション] メニューから次のいずれかを選択します。
    メニュー オプションの可用性は、使用するストレージ プロバイダのタイプによって異なります。たとえば、 vSAN や I/O フィルタ ストレージ プロバイダなど、VMware によって提供される特定のストレージ プロバイダを手動で登録解除またはアップグレードすることはできません。
    オプション 説明
    再スキャン プロバイダのストレージ データを更新します。

    vCenter Server はそのデータベース内のストレージ データを定期的に更新します。更新は部分的に行われ、ストレージ プロバイダがそのときに vCenter Server とやり取りした変更分のみが反映されます。必要に応じて、選択したストレージ プロバイダに対して、データベースの完全同期を行うことができます。

    削除 使用しないストレージ プロバイダを登録解除します。この操作を実行すると、vCenter Server により接続が終了され、その構成からストレージ プロバイダが削除されます。
    証明書の更新 vCenter Server は、ストレージ プロバイダに割り当てられている証明書の有効期限が間もなく終了することを示す警告を表示します。証明書を更新すると、引き続きプロバイダを使用できます。

    期限切れ前に証明書を更新しなければ、vCenter Server はプロバイダの使用を終了します。

    ストレージ プロバイダのアップグレード 利用可能な新しい VASA バージョンについての通知を vCenter Server から受け取る場合は、このバージョンを受け入れて、vSphere 環境で有効にします。vCenter Server はストレージ プロバイダによって公開される新しい機能を有効にし、インベントリ内のすべてのホストにこの情報を伝達します。

    このアクションを実行する場合は、ストレージ プロバイダの認証情報を入力する必要があります。

    複数のバージョンが使用可能な場合、アップグレードする特定の VASA バージョンを選択することはできません。 vCenter Server は最新バージョンにのみアップグレードされます。
    注: アップグレードは自分のペースで柔軟に実行できます。詳細については、『 vSphere Virtual Volumes のセキュリティ』を参照してください。
    vCenter Server の再認証 ストレージ プロバイダに対して vCenter Server を再認証します。

    認証が失われて認証情報が必要になった場合にこのアクションを実行すると、ストレージ プロバイダに対して vCenter Server が再認証されます。

    ストレージ プロバイダの認証情報を入力する必要があります。