vSphere vMotion を使用すれば、仮想マシンを別のコンピューティング リソースおよびストレージに同時に移行できます。1 台のホストがソースとターゲットの両方のデータストアに対するアクセス権限を必要とする vSphere Storage vMotion の場合とは異なり、ストレージのアクセシビリティの境界を越えて仮想マシンを移行できます。

vSphere vMotion では、共有ストレージの環境は不要です。これは、ターゲット クラスタのマシンにソース クラスタのストレージに対するアクセス権限がない可能性があるときにクラスタ間の移行を実行する場合に有効です。vSphere vMotion を使った移行中、仮想マシンで実行しているプロセスは続行されます。

vSphere vMotion を使用して、仮想マシンを vCenter Server インスタンス間で移行できます。

仮想マシンとそのすべてのディスクを 1 つの場所に配置することも、仮想マシン構成ファイルと各仮想ディスクを別々の場所に配置することもできます。また、シック プロビジョニングからシン プロビジョニングに、またはシン プロビジョニングからシック プロビジョニングに仮想ディスクを変更できます。仮想互換モード RDM では、マッピング ファイルを移行したり、RDM から VMDK に変換したりできます。

共有ストレージを使用しない vSphere vMotion は、共有ストレージを使用する vSphere vMotion や vSphere Storage vMotion のタスクと同様の仮想インフラストラクチャ管理タスクで役立ちます。

  • ホストのメンテナンス。仮想マシンをホストから切り離し、ホストのメンテナンスを実行できます。
  • ストレージのメンテナンスと再構成。仮想マシンをストレージ デバイスの外に移動できるので、仮想マシンのダウンタイムを発生させずに、ストレージ デバイスをメンテナンスまたは再構成できます。
  • ストレージ負荷の再配分。仮想マシンまたは仮想ディスクを別のストレージ ボリュームに手動で再配分し、キャパシティのバランスを調節したり、パフォーマンスを向上したりすることができます。

共有ストレージを使用しない場合の vMotion の要件および制限事項

仮想マシンのファイルおよびディスクを共有ストレージを使用せずに vMotion で移行するには、仮想マシンとそのホストがリソース要件と構成要件を満たしている必要があります。

共有ストレージを使用しない環境の vMotion には次の要件および制限があります。

  • ホストに vMotion のライセンスが必要です。
  • ホストは ESXi 5.1 以降を実行している必要があります。
  • ホストは vMotion のネットワーク要件を満たしている必要があります。vSphere vMotion のネットワーク要件 を参照してください。
  • 仮想マシンは適切に vMotion 用に構成されている必要があります。vSphere vMotion の仮想マシンの要件および制限事項 を参照してください。
  • 仮想マシン ディスクは、通常モードになっているか、Raw デバイス マッピング (RDM) されている。Storage vMotion の要件および制限事項 を参照してください。
  • ターゲット ホストには、ターゲット ストレージへのアクセス権限が必要です。
  • RDM を使用する仮想マシンを移動するときに、それらの RDM を VMDK に変換しない場合、ターゲット ホストには RDM LUN に対するアクセス権限が必要です。
  • 共有ストレージを使用せずに vMotion での移行を実行する場合は、同時移行の制限を考慮してください。このタイプの vMotion は、vMotion と Storage vMotion の両方の制限数に対してカウントされるため、1 つのネットワーク リソースと 16 のデータストア リソースの両方を消費します。同時移行の制限を参照してください。