vSphere with Tanzu では、スーパーバイザーvSphere 名前空間、名前空間内で実行されるすべてのオブジェクト(vSphere ポッド、仮想マシン、Tanzu Kubernetes クラスタなど)への接続を有効にするために、特定のネットワーク構成が必要です。vSphere 管理者は、vSphere with Tanzu で使用する NSX をインストールして構成します。

図 1. NSX を使用してスーパーバイザーを構成するためのワークフロー

NSX を使用してスーパーバイザーを構成するためのワークフロー
このセクションでは、新しい NSX インスタンスをデプロイして スーパーバイザー ネットワークを構成する方法について説明しますが、手順は既存の NSX デプロイにも適用できます。また、このセクションでは、 スーパーバイザー ワークロード ドメインを設定するときに VMware Cloud Foundation SDDC Manager で行われている処理を理解するための背景も説明します。

前提条件

  • 環境が vSphere クラスタを スーパーバイザー として設定するためのシステム要件を満たしていることを確認します。要件の詳細については、『vSphere with Tanzu の概念と計画』のRequirements for a Three-Zone Supervisor with NSX Advanced Load BalancerおよびRequirements for Enabling a Single Cluster Supervisor with NSX Advanced Load Balancerを参照してください。
  • Kubernetes のアドオンを含む VMware vSphere 7 Enterprise Plus のライセンスを、スーパーバイザー の一部となるすべての ESXi ホストに割り当てます。
  • 制御プレーン仮想マシン、ポッドの短期ディスク、コンテナ イメージの配置用のストレージ ポリシーを作成します。
  • クラスタの共有ストレージを構成します。vSphere DRS と HA、およびコンテナのパーシステント ボリュームの保存には、共有ストレージが必要です。
  • vSphere クラスタで DRS と HA が有効であり、DRS が完全自動化モードに設定されていることを確認します。
  • クラスタに関するクラスタ全体の構成の変更権限があることを確認します。