Tanzu Kubernetes リリース の Ubuntu エディションを使用する v1beta1 クラスタをプロビジョニングするには、この例を参照してください。

v1beta1 の例:Ubuntu TKR を使用するクラスタ

次のサンプル YAML では、v1beta1 API を使用して、指定された TKR の Ubuntu エディションを使用するクラスタをプロビジョニングする方法を示します。この例は、v1beta1 の例:デフォルト クラスタを基準にしています。

デフォルトでは、クラスタ ノードには PhotonOS が使用されます。TKR バージョンで複数の OSImage がサポートされている場合に、Photon ではなく Ubuntu を使用するには、クラスタ仕様に注釈 run.tanzu.vmware.com/resolve-os-image: os-name=ubuntu を含めます。TKR の詳細については、スーパーバイザー での TKG クラスタ用 Tanzu Kubernetes リリースの管理を参照してください。

apiVersion: cluster.x-k8s.io/v1beta1
kind: Cluster
metadata:
  name: cluster-ubuntu
  namespace: tkg-cluster-ns
spec:
  clusterNetwork:
    services:
      cidrBlocks: ["198.51.100.0/12"]
    pods:
      cidrBlocks: ["192.0.2.0/16"]
    serviceDomain: "cluster.local"
  topology:
    class: tanzukubernetescluster
    version: v1.25.7---vmware.3-fips.1-tkg.1
    controlPlane:
      replicas: 3
      metadata:
        annotations:
          run.tanzu.vmware.com/resolve-os-image: os-name=ubuntu
    workers:
      machineDeployments:
        - class: node-pool
          name: node-pool-1
          replicas: 3
          metadata:
            annotations:
              run.tanzu.vmware.com/resolve-os-image: os-name=ubuntu
        - class: node-pool
          name: node-pool-2
          replicas: 3
          metadata:
            annotations:
              run.tanzu.vmware.com/resolve-os-image: os-name=ubuntu
        - class: node-pool
          name: node-pool-3
          replicas: 3
          metadata:
            annotations:
              run.tanzu.vmware.com/resolve-os-image: os-name=ubuntu
    variables:
      - name: vmClass
        value: guaranteed-medium
      - name: storageClass
        value: tkg-storage-policy