クライアント、AP、サーバ、コントローラなどを確認する場合、VMware Edge Network Intelligence は、標準の詳細ページ形式を使用します。これらの要素の形式と機能は、デバイス タイプによって異なります。一部の要素にはクリックすると追加の詳細情報が含まれるため、これらの要素を理解することが重要です。

詳細ページは通常、1 つまたは複数の詳細な「カード」で構成されます。上位カードは、通常、アイテムの識別情報であり、デバイスの最後のいくつかの IP アドレスなどの履歴情報が含まれている場合があります。詳細ページのその他の要素には、クライアントのインシデント、アプリケーションの上位のトーカー、AP の AP ネイバーが含まれ、すべてにある程度の Raw データ グラフがあります。

詳細ページは、右上隅の時間ピッカーにも適用されますが、次に示すように、すべての詳細が制約に従うわけではありません。