専用 VDI デスクトップ割り当てによって使用されるイメージを更新したら、[割り当て] ページで割り当てを更新して、割り当て内の割り当てられたデスクトップを更新できます。

専用 VDI デスクトップ割り当てに対して Horizon Cloud のエージェント更新機能の仕組みに関する高度な説明については、 専用 VDI デスクトップ割り当てに対するエージェントのアップデート機能の仕組みを参照してください。
重要: これらの手順は、専用 VDI デスクトップ割り当てで使用します。これらの手順は、フローティング VDI デスクトップ割り当てには適用されません。フローティング VDI デスクトップ割り当てでのエージェントの更新の詳細については、 フローティング VDI デスクトップ割り当てによって使用されるイメージのエージェント ソフトウェアを更新するを参照してください。

前提条件

注意: エージェントの更新操作が進行中のときには、割り当てのデスクトップ仮想マシンに電源変更操作が発生する原因として考えられるアクティビティが何も予定されていない状態を確保する必要があります。たとえば、他の管理者に対して、これらのデスクトップ仮想マシンを手動でパワーオフまたはパワーオンしないように通知したり、この割り当て内で構成された電源管理スケジュールによって、エージェントの更新タスクの実行中にデスクトップのパワーオンやパワーオフが行われないようにします。システムで仮想マシンのエージェントの更新タスクを実行しているときに、デスクトップ仮想マシンにおいて電源変更操作が行われると、予期しない結果が発生し、デスクトップ仮想マシンが手動でリカバリしなくてはならない状態になる可能性があります。

ベスト プラクティスは、割り当てを編集し、設定された電源管理スケジュールをすべて削除することで、エージェントの更新タスクの実行中に電源変更操作が行われないようにすることです。

手順

  1. [割り当て] をクリックして、[割り当て] ページに移動します。
    [割り当て] ページでは、更新を適用する対象の専用 VDI デスクトップ割り当ての名前の横に青いドットが表示されます。青いドットをポイントすると、その割り当てで利用可能な Horizon Agents Installer の新しいバージョンを示すポップアップ ボックスが表示されます。

    次のスクリーンショットは、エージェントの更新が la24dedsales という名前の割り当てに対して利用可能であることを示しています。


    [割り当て] ページで、専用 VDI デスクトップ割り当てについて、エージェントの更新が利用可能なことを示す青いドットが表示されているスクリーンショット。

    どのようなアップデートが利用可能であるかを確認するには、その青いドットにポインタを置いたままにします。


    専用 VDI デスクトップ割り当ての隣にある青いドットをポイントすると、どのエージェント更新を利用可能であるかを確認できます。

  2. 更新するイメージの横にあるチェック ボックスを選択します。
  3. [エージェントのアップデート] をクリックします。
    [エージェントのアップデート] ウィザードが表示されます。
    専用 VDI デスクトップ割り当てでエージェントの更新を行うための [エージェントのアップデート] ウィザードのスクリーンショット。

  4. [ソフトウェア] 手順で、ドロップダウン リストから使用するアップデートのバージョンを選択します。
  5. (必須) [ユーザーが利用可能な仮想マシン] フィールドで、更新プロセス中にパワーオンしてエンド ユーザーが利用できるようにする割り当て内のデスクトップ仮想マシンの割合を指定します。
    重要: デスクトップを利用可能にする必要がない場合は、ゼロ (0) を入力します。更新プロセス中にデスクトップ仮想マシンをユーザーに利用可能にする必要がない場合でも、 [ユーザーが利用可能な仮想マシン] の値を指定する必要があります。
    この値は、システムが割り当てに対して更新を実行する期間中に、何台のデスクトップ仮想マシンをユーザーがアクセス可能にするかを決定します。この設定は、システムがデスクトップの更新を進める際に、小規模プールの高い割合を確実に利用可能にするので、デスクトップが 30 台または 30 台の 2 ~ 3 倍(60 台または 90台)未満であるデスクトップ割り当てに有用です。例については 専用 VDI デスクトップ割り当てに対するエージェントのアップデート機能の仕組みを参照してください。

    利用可能割合をより高く設定することで、現在更新している仮想マシンのバッチにおけるデスクトップの数が調整されることになります。割り当てを更新する場合、システムは仮想マシンのバッチを並行して更新します。デフォルトでは、更新する仮想マシンの残りの数が 30 未満になるまで、システムはバッチごとに 30 台の仮想マシンを使用します。30 未満になった時点で、最終バッチは残りの仮想マシンに対して処理します。1 台の仮想マシンを完全に更新するには約 30 分かかるので、仮想マシンのセットを並行して更新した場合でも、更新処理中の仮想マシンのセットはその時間中使用できません。

    多数のデスクトップがある割り当てでは、割り当てにおけるデスクトップの総数に対してシステムの最大デフォルトである 1 バッチ 30 台の仮想マシンは小さな割合にしかならないので、このオプションはほとんど有用ではありません。

  6. (オプション) ログイン ユーザーのいるデスクトップをスキップするには、[ログイン ユーザーがいる仮想マシンをスキップ] トグルを [はい] に設定します。
    このトグルを [はい] に設定すると、 [スキップされた仮想マシンを再試行] トグルが表示されます。
    [ログイン ユーザーがいる仮想マシンをスキップ] トグルが表示されているスクリーンショット。

  7. (オプション) スキップされた仮想マシンを自動的に再試行するには、[スキップされた仮想マシンを再試行] トグルを [はい] に設定します。
    このトグルを [はい] に設定すると、 [ジョブのタイムアウト] フィールドが表示されます。
    [スキップされた仮想マシンを再試行] トグルを [はい] に設定したときに表示される [ジョブのタイムアウト] フィールドを示しているスクリーンショット。

  8. (オプション) [ジョブのタイムアウト] フィールドで、スキップされた仮想マシンの更新をシステムが自動的に試行する期間を指定します。
    [ジョブのタイムアウト] フィールドは、スキップされた仮想マシンの更新をシステムが再試行する分数を設定します。システムは、この時間に到達するまで、または割り当てのすべてのデスクトップ仮想マシンが更新されるまで、30 分ごとにスキップされた仮想マシンを更新します。

    120 分(2 時間)から 1440 分(24 時間)までの値を入力できます。デフォルト値は 720 分(12 時間)です。

    注: 更新プロセス中にエラーが発生した仮想マシンについては再試行は行われません。更新に失敗した場合、仮想マシンは更新プロセスが開始される前に持っていたエージェント バージョンにロールバックします。
  9. [次へ] をクリックします。
  10. (オプション) コマンド ラインの手順で、イメージでのこのアップデートに関係する可能性がある任意のコマンドライン オプションを追加します。
    ウィザードには、指定されたアップデートに対してコマンドライン オプションが利用可能かどうかを示すメッセージが表示されます。
  11. [送信] をクリックします。

結果

  • アップデートが開始されたことを示すメッセージがページの最上部に表示されます。
  • システムにより、専用 VDI デスクトップ割り当て内のデスクトップ仮想マシン上のエージェントに関連するコンポーネントが更新されます。

[監視] > [アクティビティ] の順に選択すると、アップデート タスクの進捗を表示できます。