Microsoft Azure ポータルでは、VDI クライアント ベースのデスクトップ、RDS ベースのセッション デスクトップ、または RDS ベースのリモート アプリケーションで使用する Windows ゲスト OS を使用して仮想マシン (VM) を作成します。この仮想マシンは、Horizon Cloud ポッドで使用したものと同じサブスクリプションを使用して作成します。

この仮想マシンは、ポッドが接続されている同じ Microsoft Azure VNet(仮想ネットワーク)で作成される必要があります。また、この仮想マシンは、vmw-hcs-podID-base-vms という名前のリソース グループに作成する必要があります。ここで、podID はポッドの UUID 識別子です。Horizon Cloud は、そのリソース グループにある仮想マシンを自動的に検出します。[ストレージ - 管理対象ディスクを使用][はい] に設定している場合、Horizon Cloud はコンソールのインベントリ画面にそれらの仮想マシンをリストします。

インポートされた仮想マシンの場合は、Microsoft Azure ポータルの仮想マシン カタログで入手可能で、Horizon Cloud のこのリリースでの使用が現在サポートされているオペレーティング システムに一致する Microsoft Windows 仮想マシンを使用することができます。サポートされているオペレーティング システムに関するナレッジベースの記事へのリンクは、このリリースの リリース ノートの環境、オペレーティング システム、および互換性の各セクションにあります。

注: 仮想マシンをインポートするための [Marketplace からの仮想マシンのインポート] の自動化された方法では、仮想マシンを作成するときに次の特定の仮想マシン ファミリが使用されます。 Horizon Cloud にインポートするための仮想マシンを手動で作成する場合、一般的にこれらの同じパターンを使用します。後でファームと VDI デスクトップ割り当てを作成するときに実際の RDS ベースの仮想マシンと VDI クライアントベースのデスクトップの仮想マシンのタイプを選択するので、インポートされた仮想マシンに Marketplace からの仮想マシンのインポート プロセスで使用するものよりも大きなサイズを使用する理由はほとんどありません。ただし、仮想マシンにアプリケーションをロードし、その仮想マシンに基づくゴールド イメージをシーリングする前にそれらをテストする場合は、より大きなサイズを試してみることができます。
  • 非 GPU の RDS ベースのオペレーティング システム:D2 V3 Standard タイプ
  • 非 GPU のクライアントベースのオペレーティング システム:D4 V3 Standard タイプ
  • GPU によりバッキングされた RDS ベースのオペレーティング システム:NV6 Standard タイプ
  • GPU によりバッキングされたクライアントベースのオペレーティング システム:NV6 Standard タイプ

ポッドがデプロイされている Microsoft Azure リージョンに D2 V3 Standard または D4 V3 Standard タイプが含まれていない場合、自動化された Marketplace からの仮想マシンのインポート プロセスは D2 V2 Standard(RDS ベースの OS 用)および D3 V2 Standard(クライアントベースの OS 用)を使用する状態に戻ります。

Horizon Cloud の Microsoft Azure 仮想マシンのタイプとサイズの詳細については、VMware ナレッジベースの記事 KB77120を参照してください。Microsoft Azure ドキュメントの仮想マシンのサイズの詳細については、Azure の Windows 仮想マシンのサイズを参照してください。

注: GPU アクセラレーションをサポートする Microsoft 仮想マシンのタイプ、すなわち NV シリーズ タイプは一部の Microsoft Azure リージョンでのみ使用できます。ポッドから GPU ベースのデスクトップまたはリモート アプリケーションを使用できるようにするには、ポッドが、特定の NV シリーズ仮想マシン タイプを使用できる Microsoft Azure リージョンにある必要があります。詳細については、 リージョン別の Azure 製品を参照してください。

前提条件

仮想マシンを作成している対象のポッドに関する次の情報を取得します。この情報を表示するには、 Horizon Cloud 管理コンソールで [設定] > [キャパシティ] に移動し、ポッドの名前をクリックして、ポッドの詳細ページを開きます。ポッドの [サマリ] タブから次を取得します。
  • ポッドを接続する仮想ネットワークの名前。仮想マシンの作成では、同じ仮想ネットワークを選択する必要があります。
  • 仮想マシンを作成している対象のポッドの ID。ポッドの ID は、UUID 形式の識別子です。この UUID は Microsoft Azure ポータルでそのポッドのリソース グループを識別するために必要になります。これにより、どのリソース グループで仮想マシンを検索すればよいかを特定できます。
  • ポッドを手動で作成されたサブネットにデプロイした場合は、デスクトップ(テナント)サブネットの名前を取得します。仮想マシンを作成するときは、同じサブネットを選択する必要があります。

手順

  1. ポッドのデプロイに使用するサブスクリプションに関連付けられている Microsoft Azure アカウントを使用して、Microsoft Azure ポータルにログインします。
  2. ポータルの左側のナビゲーションで [リソース グループ] をクリックしてポッドの vmw-hcs-podID-base-vms リソース グループに移動し、特定のリソース グループを見つけてその名前をクリックします。
    特定のポッドのリソース グループのみを一覧表示するには、 [リソース グループ] 画面で、そのポッドの ID を [名前によるフィルタ] フィールドに入力します。
  3. その vmw-hcs-podID-base-vms リソース グループの画面で、[追加] をクリックします。
  4. 使用する Microsoft Windows オペレーティング システムを見つけます。
    このベース仮想マシンを使用して VDI クライアントベースのデスクトップもしくは RDS ベースのデスクトップまたはリモート アプリケーションをプロビジョニングするかどうかに基づいて、オペレーティング システムを選択します。 Horizon Cloud によってサポートされるオペレーティング システムについてのナレッジベースの記事へのリンクについては、ドキュメントのトピック Horizon Cloud(環境、オペレーティング システム、互換性)を参照してください。
    重要: GPU ベースの RDS ベースのデスクトップが必要な場合は、Microsoft Windows Server 2012 R2 を選択します。NVIDIA ドライバの制限により、各 Windows Server 2012 R2 ファーム仮想マシンにアクセスするエンド ユーザー セッションの数は、それぞれ最大 20 セッションに制限されます。

    GPU ベースのデスクトップを使用する場合は、Microsoft Windows 7 を選択しないでください。Horizon Cloud では、GPU とともに Windows 7 を使用することはサポートされていません。

  5. 基本の仮想マシンで使用するものをどれかクリックします。
  6. 新しいペインで、[作成] ボタンの下に Deploy with Resource Manager が表示されていることを確認してから、[作成] をクリックします。
    ポータルには仮想マシンを作成するためのウィザードの手順が表示され、 [基本] の手順が開きます。

    次のスクリーンショットは、Windows 10 Pro N バージョン 1809 が選択されたときに表示されるウィザードの手順を示しています。


    基本手順での仮想マシンの作成のスクリーンショット

  7. [基本] の手順で、必須フィールドを入力し、[次へ: ディスク] をクリックして値を保存し、次の手順に進みます。
    オプション 説明
    [サブスクリプション] 選択したサブスクリプションのデフォルト設定のままにします。
    [リソース グループ] 仮想デスクトップとアプリケーションを提供するポッドのベース仮想マシン リソース グループ (vmw-hcs-podID-base-vms) を選択します。
    [仮想マシン名] この仮想マシンに最大 15 文字の英数字の名前を付けます。
    [リージョン] ポッドがデプロイされている Microsoft Azure のリージョンと一致するリージョンを選択します。
    注: GPU ベースの仮想マシンを必要とする場合は、ポッドの Microsoft Azure リージョンで NV シリーズ仮想マシン タイプが使用できる必要があります。NV シリーズのタイプは、すべての Microsoft Azure リージョンで使用できるわけではありません。
    [可用性オプション] デフォルト([インフラストラクチャの冗長性なし])を保持します。
    [イメージ] 選択内容が使用する Windows オペレーティング システムと一致していることを確認します。
    [サイズ] 仮想マシンのサイズを選択します。システムの [Marketplace からの仮想マシンのインポート] ウィザードで使用されるものに従って選択する場合は、次のようになります。
    • 非 GPU の RDS ベースのオペレーティング システム:D2 V3 Standard タイプ
    • 非 GPU のクライアントベースのオペレーティング システム:D4 V3 Standard タイプ
    • GPU によりバッキングされた RDS ベースのオペレーティング システム:NV6 Standard タイプ
    • GPU によりバッキングされたクライアントベースのオペレーティング システム:NV6 Standard タイプ
    注: Horizon Cloud では、Microsoft Windows 7 での GPU NV シリーズの使用はサポートされていません。
    [ユーザー名] 仮想マシンのデフォルト管理者アカウントの名前を入力します。
    [パスワード]

    [パスワードの確認]

    デフォルトの管理者アカウントのパスワードを入力して確定します。

    パスワードは、Microsoft Azure が仮想マシンに対して定義するパスワードの複雑さのルールに準拠している必要があります。通常、パスワードの長さは 12 文字以上で、1 つの小文字、1 つの大文字、1 つの数字、およびバックスラッシュ (¥) またはハイフン (-) 以外の 1 つの特殊文字を含む必要があります。

    [パブリック受信ポート] RDP を使用してインターネット経由で仮想マシンに接続することによってエージェントをインストールできるようにする場合は、[選択したポートを許可] を選択してから、[RDP](ポート 3389)を選択します。
    [コストの節約] セクション 画面に表示される指示に従います。選択した Microsoft オペレーティング システムで組織が使用している有効なライセンスに適した選択肢を選択します。

    次のスクリーンショットは、選択された仮想マシンのタイプが Microsoft Windows 10 ProN バージョン 1809 の場合の設定の一部を示しています。


    値が入力された [仮想マシンの作成] の基本の手順

  8. [ディスク] の手順で、[オペレーティング システム ディスク タイプ][標準の SSD] または [標準の HDD] を選択します。
    この仮想マシンを GPU ベースの仮想デスクトップまたはアプリケーションで使用する場合は、ディスク タイプに [標準 HDD] を選択します。それ以外の場合は、デフォルトの [SSD] 設定を保持するか、必要に応じて [HDD] を選択します。
  9. (オプション) [ディスク] 手順で、この基本イメージに基づく仮想デスクトップまたは RDSH インスタンスがデータ ディスクを持つようにする場合は、[データ ディスク] セクションを使用して、データ ディスクを作成してこのベース仮想マシンに接続します。
    [新しいディスクの作成] ウィンドウで、 [ソース タイプ][なし (空のディスク)] を選択します。他の選択肢については、デフォルトをそのまま使用するか、変更することができます。データ ディスクの名前はカスタマイズできます。必要な設定を指定したら、 [OK] をクリックします。

    次のスクリーンショットは、フィールドに入力された [新しいディスクの作成] ウィンドウを示しています。


    新しいデータ ディスクの作成手順を示すスクリーンショット

    ディスクが [ディスク]手順に表示されている場合、オプションでデータディスクの[ホストキャッシュ]設定を選択できます。通常、データ ディスクの使用目的に最も適している設定に応じて、設定を選択します。

  10. [ディスク] の手順で、[詳細] セクションを展開し、[管理対象ディスクを使用] トグルが [はい] に設定されていることを確認します。
    注意: [管理対象ディスクを使用][はい] に設定したままにしておく必要があります。エージェントに関連するソフトウェア コンポーネントをインストールするインストーラを実行する前に仮想マシンで [管理対象ディスクを使用][はい] に設定していない場合、 Horizon Cloud はこの仮想マシンを使用できないため、別のものを新しく作成する必要があります。
    次のスクリーンショットは、1 つのデータ ディスクが指定されている状態の図です。
    仮想マシンの作成を示したスクリーンショット ‐ ディスク手順を記入済み

  11. [[次へ: ネットワーク]] をクリックして次の手順に進みます。
  12. [ネットワーク] の手順で、以下で説明するように仮想ネットワークとサブネットを設定し、[確認および作成] をクリックして構成内容を保存して、確認の手順に進みます。
    その他すべての設定ではデフォルト値を使用します。
    注目:
    • 上記の前提条件セクションの説明のように、ポッドが使用する VNet と同じように [仮想ネットワーク] を設定する必要があります。
    • [ネットワーク] 画面のその他のオプションは変更しないでください(拡張機能なし、など)。これらのオプションはデフォルト設定のままにします。次の表に記載されている内容以外は変更しないでください。
    オプション 説明
    [仮想ネットワーク] [仮想ネットワーク] をクリックし、ポッドが接続されているのと同じ仮想ネットワーク (VNet ) を選択します。
    [サブネット] [サブネット] をクリックし、ポッドのデスクトップ(テナント)サブネットを 1 つ選択します。ポッドをデプロイしたときに、ポッド デプロイヤが自動的にサブネットを作成した場合、このサブネットは vmw-hcs-podID-net-tenant という名前になります。

    Microsoft Azure でのベース仮想マシンの作成 - 手順 3

    [確認および作成] をクリックすると、検証が実行されます。検証に成功すると、ウィザードは最後の手順に移動します。
  13. 最後の手順ではサマリを確認します。特にリソース グループ、仮想ネットワーク、サブネットの設定が正しいこと、そして [管理対象ディスクを使用]Yes に設定されていることを確認します。
    リソース グループとサブネット名には、ポッドの UUID ( podID) が含まれています。
    設定
    リソース グループ vmw-hcs-podID-base-vms
    管理対象ディスクを使用 Yes
    仮想ネットワーク ポッドの仮想ネットワーク。
    サブネット vmw-hcs-podID-net-tenant

    Microsoft Azure でのベース仮想マシンの作成

  14. ペインの下部にある [作成] ボタンをクリックして仮想マシンのデプロイを開始します。

結果

Microsoft Azure は新しい仮想マシンのリソース グループへのデプロイを開始します。Microsoft Azure で仮想マシンが正常にデプロイされると、 Horizon Cloud コンソールの [インポートされた仮想マシン] ページに仮想マシンが表示されます。このページでは、エージェント関連のコンポーネントをまだインストールしていないため、仮想マシンのエージェントの状態が Not Paired として表示されます。
エージェントのステータスを指している緑色の矢印が付いた、新しく作成された手動のイメージを示している [インポートされた仮想マシン] ページ

注: 管理ディスクを使用して仮想マシンを作成することや、ポッドのプライマリ テナント サブネットに接続することや、ポッドの base-vms リソース グループに配置することなどの条件を遵守しているにもかかわらず、ページに仮想マシンが表示されない場合があります。これは、タグが付いていない仮想マシンをポッドが認識しないというまれに生じる問題が原因である可能性があります。この問題を回避するには、Microsoft Azure ポータルで、仮想マシンにタグを手動で追加します。タグには任意の値を指定できます。Microsoft Azure ポータルで、[仮想マシンの概要] ページで、 [ タグ(変更)] が表示されたら、 [変更] をクリックして、タグを追加します。[インポートされた仮想マシン] ページを更新します。

次のタスク

仮想マシンの完全なデプロイには数分かかることがあります。仮想マシンが作成され、準備が完了したことがポータルのダッシュボードに示されたら、仮想マシンのパブリック IP アドレスへのリモート デスクトップ接続を行い、ベース仮想マシンの構成を続行します。エージェントをインストールする前に手動で作成した仮想マシンを準備する の手順を完了させます。