このドキュメントのトピックでは、Horizon Cloud と一緒に使用できる環境とオペレーティング システムについて説明します。また、このトピックでは、Horizon Cloud と VMware エコシステムとの緊密な連携についても説明し、VMware の相互運用性マトリックスへの便利なポインタについても取り上げます。

Microsoft Azure クラウド環境

Microsoft Azure デプロイに対して、このサービスは現在、次の Microsoft Azure クラウド環境で利用できます。

  • Microsoft Azure(商用)
  • Microsoft Azure(中国)
  • Microsoft Azure Germany(公開)
  • Microsoft Azure Government(バージニア州政府、アリゾナ州政府、テキサス州政府)
注:

現在、Microsoft Azure のポッドの高可用性 (HA) 対応アーキテクチャは、中国の Microsoft Azure のポッドには提供されていません。

サポートされる Microsoft Windows オペレーティング システム

サービスの Microsoft Azure 環境では、Azure Marketplace における次の Microsoft Windows オペレーティング システムのエディションおよびバージョンは、本リリースでのイメージのデプロイ方法が自動か手動かにかかわらず、本リリースでの使用がサポートされています。

このサービスは、拡張セキュリティ更新プログラムが適用された Windows 7 仮想デスクトップの Tech Preview サポートも提供しています。このオペレーティング システムに基づく仮想デスクトップでは、Horizon Windows クライアント、RDP 8.x プロトコル、および Horizon リモート エクスペリエンス機能の USB リダイレクトとヘルプデスクを使用できます。NV シリーズの仮想マシンで GPU を使用することはサポートされていません。

VMware エコシステム内の緊密な連携

幅広い VMware エコシステムから入手可能な次の製品とともに、Horizon Cloud を使用することができます。

VMware Carbon Black
VMware Carbon Black Cloud 間の統合と、 Horizon Cloud ポッドによってプロビジョニングされたファームおよび VDI デスクトップでの VMware Carbon Black センサーの使用については、 VMware Carbon Black と Horizon Cloud Service on Microsoft Azure の相互運用性 (KB81253) を参照してください。
VMware Workspace ONE® Hub サービスと VMware Workspace ONE® Access™ クラウド
この統合によって、 VMware Horizon® Service Universal Broker™ を使用して仲介されたデスクトップとリモート アプリケーションの割り当ては、 VMware Workspace ONE® Intelligent Hub カタログに自動的に同期して、エンド ユーザーが表示および起動するために Hub を介して使用できるようになります。現在のリリースでは、この統合はブラウザベースの Hub カタログ、 Workspace ONE Intelligent Hub for Windows、および Workspace ONE Intelligent Hub for macOS のクライアントを使用したエンドユーザー アクセスをサポートします。このサポートに必要な Windows および macOS デスクトップ アプリケーションの最小バージョンは 21.05 です。
VMware Workspace ONE® UEM
Workspace ONE UEM を使用して、 Horizon Cloud ポッドによってプロビジョニングされた Microsoft Windows 10 専用 VDI デスクトップを管理できます。 Workspace ONE UEM および専用 VDI デスクトップの使用を参照してください。
VMware Workspace ONE® Assist™ for Horizon®
Workspace ONE Assist for Horizon を使用すると、 Horizon Cloud 管理者は、 Horizon Universal Console にあるヘルプ デスク ツールから直接リモート サポート セッションを起動できます。この製品を使用すると、管理者はリモート表示および制御機能を活用して、仮想デスクトップについて従業員を支援できます。詳細については、 Workspace ONE UEM 製品のドキュメントにある Workspace ONE Assist for Horizon と Horizon Cloud ドキュメントを参照してください。
注: Workspace ONE Assist for Horizon との統合には、関連する VDI デスクトップからの送信通信のための追加の DNS、ポート、およびプロトコル要件が含まれます。詳細については、 Workspace ONE Assist for Horizon と Horizon Cloud ドキュメントを参照してください。
VMware NSX-T™ Data Center
Horizon Cloud on Microsoft Azure バージョンと NSX-T Data Center バージョン間の互換性は、VMware 製品の相互運用性マトリックス ( https://interopmatrix.vmware.com) の最新バージョンの Horizon Cloud Service on Microsoft Azure で利用できます。 Horizon Cloud ドキュメントは、 VMware 製品の相互運用性マトリックスで互換性があると表示されているバージョンに従って、最新の構成手順を反映しています。

ポッドでバージョン 2010 より前の Horizon Cloud Service on Microsoft Azure バージョンのマニフェストが実行されている状態で、そのようなポッドで NSX-T Data Center 2.4 または 2.5 を使用するようにすでに構成している場合、構成は引き続き動作します。ただし、Horizon Cloud システムがこれらのポッドを更新する必要があるとコンソールに表示する場合は、これらのポッドを更新する必要があります。

VMware NSX® Advanced Load Balancer™
Horizon Cloud は、Microsoft Azure の Horizon Cloud ポッドのゲートウェイ構成で NSX Advanced Load Balancer の使用をサポートします。 NSX Advanced Load Balancer は、VMware の一部となった、Avi Networks の Avi Vantage ロード バランシング機能を提供します。リファレンス設計、一連の手順、および適用可能な構成情報は、 Azure 環境での Horizon Cloud の UAG のロード バランシングというタイトルの Avi Networks の記事に記載されています。
注: Horizon Cloud ポッドとのこの統合のいくつかの側面では、全体的な構成を完了するために VMware Horizon Cloud Service チームの支援が必要になる可能性があります。この統合を開始する前に最新情報を取得するには、 Customer Connect でサポート リクエストを提出する方法 (VMware KB 2006985)の説明に従って、 Horizon Cloud Service チームにサービス リクエスト (SR) を提出してください。
VMware Horizon® Client™ 製品ライン
クラウド接続されたポッド フリート内のポッドによって仲介されるデスクトップおよびリモート アプリケーションと互換性のある Horizon Client 製品ラインの特定のバージョンを確認するには、 VMware 製品の相互運用性マトリックスを参照してください。ポッドのタイプに応じて、ドロップダウン メニューで Horizon Cloud Service on Microsoft Azure または Horizon を選択し、 VMware Horizon Client を選択します。 Horizon Client の各バージョンに関するリリース ノートは、 VMware Horizon Client のドキュメント ページ ( docs.vmware.com/jp/VMware-Horizon-Client/) のリンクをクリックして取得できます。
Horizon ClientHorizon Cloud Service on Microsoft Azure の間でサポートされる機能のマトリックスをダウンロードするには、 VMware ナレッジベースの記事:Horizon Cloud on Azure の Horizon Client 機能のマトリックス (80386)を参照してください。現時点では、マトリックスの情報は、最善の努力で最新の状態に保持されています。
注:
  • Microsoft Azure の Horizon Cloud ポッドでのゼロ クライアントの使用はサポートされていません。
  • Universal Broker でのゼロ クライアントの使用はサポートされていません。
  • VMware Horizon HTML Access クライアントは、モバイル ブラウザで使用すると、一部の機能がサポートされなくなります。また、出荷状態の Horizon Client がクライアントのローカル システムと仮想マシンの間でテキストのコピー アンド ペーストをサポートしていても、Horizon HTML Access の場合は、エンド ユーザーがこの機能を使用するために、機能の構成が必要になります。詳細については、VMware Horizon HTML Access ドキュメント ページ を参照して、最新の『ユーザー ガイド』および『インストールとセットアップ ガイド』の情報を検索してください。

Universal Broker によって仲介されるリモート リソースにアクセスするには、最低でも次のバージョンのクライアントが必要です。クライアントで使用するための Universal Broker の接続 FQDN をエンド ユーザーに提供する必要があります。その接続 FQDN を構成する方法については、Universal Broker 設定の構成を参照してください。

  • オペレーティング システムの場合は Horizon Client 5.4 以降。Windows ユーザーは、Horizon Client for Windows 5.3 以降を実行できます。

    エンド ユーザーは、Horizon HTML Access を使用して Web ブラウザから Universal Broker サービスに接続することもできます。

    注: Horizon HTML Access を使用する場合、Unified Access Gateway セットアップのロード バランサに構成されている SSL 証明書の共通名がロード バランサの名前と正確に一致し、既知の認証局 (CA) によって署名されている場合を除き、ユーザーが仲介されたデスクトップを開始すると、ブラウザに標準の「安全ではない」メッセージが表示されます。(証明書の共通名と、証明書のインストール先のホスト名との関係の詳細については、 https://support.dnsimple.com/articles/what-is-common-name/ を参照してください)。
VMware Horizon® ポッド
Horizon ポッドは、 Horizon Connection Server ソフトウェアに基づいて構築されたポッド タイプです。 Horizon Cloud Connector を使用して、これらのポッドを Horizon Cloud に接続します。 Horizon Cloud Connector の新しいデプロイは、バージョン NN-1N-2 を使用してサポートされます。 N は、一般公開された最新の Horizon Cloud Connector バージョンです。一般公開された最新の Horizon Cloud Connector バージョンのバージョン番号は、 Horizon Cloud Service リリース ノート ドキュメントの上部に表示されます。

Horizon Cloud ConnectorNN-1N-2 バージョンに対応する Horizon ポッド ソフトウェアのマトリックスについては、VMware 製品の相互運用性マトリックスを参照してください。クラウドに接続された Horizon ポッドでのみ使用可能な高度な機能のメリットを活用するには、デプロイで Horizon Cloud Connector および Horizon ポッド ソフトウェアの最新バージョンを使用する必要があります。VMware Horizon Cloud Service ダウンロード ページ内にある Horizon Cloud Connector セクションに移動して、最新の Horizon Cloud Connector アプライアンスと VMware Universal Broker プラグイン インストーラをダウンロードできます。

注: 2021 年 1 月以降、1.6.x より前のバージョンの Horizon Cloud Connector はクラウド制御プレーンに接続できなくなります。2020 年の後半に、以前のバージョンに基づいてデプロイされた既存のすべてのテナントにはコネクタを更新するように通知が送信されました。

他の VMware 製品との互換性

この製品と他の VMware 製品との互換性に関する最新情報については、VMware 製品の相互運用性マトリックスを参照してください。

IPv6 の使用について

Horizon Cloud は IPv6 の使用をサポートしていません。

TLS 1.2 および Horizon Cloud Service on Microsoft Azure について

2021 年 6 月 16 日のリリース ノートの「新機能」に記載されているとおり、Microsoft Azure 上の Horizon Cloud ポッドの新しいデプロイでは、TLS 1.2 は、ポッドのストレージ アカウントとサービスの提供の一部としてデプロイされる Azure PostgreSQL サービスの両方の最小 TLS バージョンとして設定されます。これらのストレージ アカウントと Azure PostgreSQL サービスは、ポッド マネージャ インスタンスなどのサービス コンポーネントでのみ使用されます。このため、ポッドによる TLS 1.2 の使用が、Microsoft Azure サブスクリプションの顧客管理のアーティファクトに影響することはありません。

対応ブラウザ

クラウドベースの管理コンソールは、Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge の最新バージョンに対応しています。Microsoft Internet Explorer 11 でのコンソールの使用は非推奨であり、最適なエクスペリエンスは提供されません。Apple Safari でのコンソールの使用はサポートされていません。ただし、Apple Safari で使用してみることはできます。Microsoft Internet Explorer 11 などの最新でないブラウザを使用してコンソールにアクセスしようとすると、最新のブラウザの使用を求める情報メッセージがコンソールに表示されます。最高のユーザー エクスペリエンスを実現するには、Google Chrome、Mozilla Firefox、および Microsoft Edge の最新バージョンを使用してください。