次の手順は、Microsoft Azure のポッドでゴールド イメージとして使用する仮想マシンを手動でインポートする方法の一部です。Horizon Cloud にインポートするための環境の要件に準拠する仮想マシンを手動で構築する場合は、マルチステップ プロセスで行います。これらの手順のほとんどは、Microsoft Azure ポータルで実行します。最初にベース仮想マシンを作成して構成し、そのベース仮想マシンにエージェントに関連するソフトウェア コンポーネントをインストールしてから、それらのエージェントに関連するコンポーネントの特定のプロパティを構成します。

自動化ウィザードを使用せずに Microsoft Azure ポータルを使用して手動で仮想マシンを構築する場合、または Microsoft Azure ポータルを使用してすでに手動で仮想マシンを構築済みで、その仮想マシンを Horizon Cloud でゴールド イメージの基盤として使用する場合のみに、これらの手順を使用します。Microsoft Azure のポッドのゴールド イメージを自動的に構築するために推奨される方法は、ウィザードを使用することです。自動化されたウィザードの使用の詳細については、Microsoft Azure Marketplace から自動的にベース仮想マシンを作成し、Horizon Cloud とペアリングを参照してください。

重要: Microsoft Azure に仮想マシンがあり、それをゴールド イメージ用に Horizon Cloud にインポートする場合は、 Microsoft Azure のポッドに仮想マシンを手動で作成するに記載されている手動の手順を使用して仮想マシンが構築およびインポートされるときと同じ条件に確実に準拠するようにする必要があります。仮想マシンが同じ条件に準拠していない場合、 Horizon Cloud はそれを使用してコンソールに表示したり、[イメージに変換] ワークフローで使用したりすることはできません。次の条件が重要です。
  • エージェントに関連するソフトウェアをインストールする前に、ベース仮想マシンで [ストレージ - 管理対象ディスクを使用][はい] に設定する必要があります。ベース仮想マシンがこの設定に従っていない場合、Horizon Cloud はこの仮想マシンを使用できません。
  • ベース仮想マシンは、ベース仮想マシンを使用するポッドと同じ Microsoft Azure の場所にある必要があります。
  • ベース仮想マシンは、Microsoft Azure サブスクリプションの特定のリソース グループに配置される必要があります。このリソース グループは、ベース仮想マシンを使用する予定のポッドに属しているものになります。リソース グループは vmw-hcs-podID-base-vms という名前で、podID はポッドの UUID 識別子です。
  • ベース仮想マシンは、ポッドが接続されている同じ仮想ネットワークに接続される必要があります。
  • ベース仮想マシンは、ポッドの vmw-hcs-podID-net-tenant という名前のサブネットに接続する必要があります。
  • ベース仮想マシンは、この Horizon Cloud リリースでの使用が現在サポートされているオペレーティング システムを使用する必要があります。サポートされているオペレーティン グシステムに関するナレッジベースの記事へのリンクは、ドキュメント トピックHorizon Cloud — 環境、オペレーティング システム、および互換性にあります。
  • IPv6 IP アドレスを使用するようにベース仮想マシンを構成しないでください。Horizon Cloud では、IPv6 IP アドレスを使用する仮想マシンに基づく仮想マシンについて、[デスクトップの健全性] タブで IP アドレス異常のアラートが報告されます。

ベース仮想マシンをさらに構成するのを始める前にそれが条件を満たしていることを確認するには、Horizon Cloud にログインして、[インベントリ仮想マシン] ページに移動し、そのページにベース仮想マシンが一覧表示されていることを確認します。一覧表示されている場合は、そのベース仮想マシンは上記の条件を満たしており、エージェントをインストールする前に手動で作成した仮想マシンを準備するに一覧表示されているトピックから始まる残りの構成の手順を安全に進めることができます。