Horizon Cloud テナントを VMware Cloud Services Engagement Platform にオンボーディングすると、テナント環境の追加機能がロックされます。環境のポッドに対して Horizon インフラストラクチャの監視 を有効にするには、Horizon Cloud テナントが VMware Cloud Services Engagement Platform に登録されている必要があります。

注: VMware Cloud Services Engagement Platform は、 VMware Cloud services という名前でも知られています。これらの 2 つの名前は、 Horizon Cloud のドキュメントと Horizon Universal Console で同じ意味で使用される場合があります。

テナントを VMware Cloud Services Engagement Platform にオンボーディングすると、Horizon Cloud がグループまたは組織の VMware Cloud services 組織に関連付けられます。オンボーディングされたら、VMware Cloud services の組織にログインし、[マイ サービス] の下の [Horizon Cloud] カードを使用できます。

重要: Horizon Cloud での管理タスクのためのクラウドベースの Horizon Universal Console のツアーに記載されているように、クラウドベースのコンソールは動的であり、 Horizon Cloud テナント環境の最新の状況に適したワークフローと設定が反映されます。機能へのアクセスは、テナントのリージョン クラウド プレーン、クラウドに接続されたポッドがポッドの最新レベルのソフトウェアを実行しているかどうか、機能が特定のライセンスに基づいているかどうかなどの要因によって異なります。お持ちのライセンスまたはテナント アカウント構成にそのような機能の使用が含まれる場合のみ、コンソールにその機能に関連する要素が動的に反映されます。使用したい機能がコンソール内に見つからない場合は、VMware アカウントの担当者に問い合わせて、お持ちのライセンスおよびテナント アカウント構成にその機能を使用する資格が付与されているか確認してください。

Horizon Cloud のテナント レコードが、VMware Cloud Services Engagement Platform にオンボーディングするオプションを使用して構成されていて、テナントが VMware Cloud services の組織にまだ関連付けられていない場合、Horizon Universal Console の上部に青いバナーが表示されます。このバナーは、そのオンボーディング プロセスを有効にする方法を提供します。次のスクリーンショットは、テナント レコードがこれらの条件を満たしている場合の表示を示しています。


オンボードディングの有効化ボタンが表示された、VMware Cloud Services へのオンボーディングに関する青いバナー。

次のような状況では、このバナーは表示されません。

  • Workspace ONE 環境のコンソールから Horizon Cloud カードをクリックしてコンソールにアクセスする場合。このシナリオでは Workspace ONE コンソールのサービス エリアに Horizon Cloud カードがあり、Horizon Cloud テナントがすでに VMware Cloud Services Engagement Platform にオンボーディングされていることを意味します。
  • Horizon Cloud のユーザー レコードが環境を VMware Cloud Services Engagement Platform にオンボーディングするオプションを使用して構成されていない場合。この機能へのアクセスを要求するには、https://kb.vmware.com/s/article/2006985 の説明に従って VMware サポートにお問い合わせください。

このエンドツーエンドのプロセスでは、VMware Cloud services にアカウントを作成し、VMware Cloud services 内の既存の組織を選択するか、新しい組織を作成します。VMware Cloud services におけるこのプロセスの詳細については、VMware Cloud Services のドキュメント内のVMware Cloud Services への登録およびID およびアクセス権の管理のトピックを参照してください。

手順

  1. 青いバナーで、[オンボーディング] をクリックします。
    オンボーディング プロセスを続行するための新しいボックスが表示されます。次のスクリーンショットは例を示します。

  2. [オンボーディング] をクリックします。
    VMware Cloud Services Engagement Platform ポータルでオンボーディング プロセスを続行するための別のボックスが表示されます。

  3. [次へ] をクリックしてオンボーディング プロセスを続行します。
    ブラウザが VMware Cloud services ポータルにリダイレクトします。
  4. 画面上のすべてのフォームとプロンプトに従って、VMware Cloud services の組織へのこの Horizon Cloud テナント環境のオンボーディングを完了します。
    これらの画面上の手順の一部として、この Horizon Cloud テナントに関連付ける組織を選択します。組織と Horizon Cloud テナント間の関連付けは、1 対 1 の関連付けにする必要があります。選択した組織は、他の Horizon Cloud テナントと関連付けられていてはなりません。すべての既存の組織が他の Horizon Cloud テナントにすでに関連付けられている場合は、画面上の手順の一部として、このテナントに関連付ける新しい組織を作成できます。

結果

このプロセスが正常に完了すると、これらの項目が配置されます。

  • 関連付けられた VMware Cloud services 組織の [マイ サービス] 領域では、[Horizon Cloud Services] カードを使用できます。このカードをクリックすると、VMware Cloud services からのクラウド サービス アカウントの認証情報を使用して Horizon Universal Console が自動的に起動し、認証が実行されます。

  • Horizon Universal Console の [全般設定] ページには、VMware Cloud services へのオンボーディングが完了したことが示されます。

    注: Horizon Cloud テナントと VMware Cloud services 組織を関連付けるプロセスには時間がかかることがあります。現在のステータスを確認するには、[全般設定] ページの [Cloud サービス プロバイダ] セクションの更新アイコンを使用します。30 分以上経過しても Completed のステータスが表示されない場合は、 https://kb.vmware.com/s/article/2006985の説明に従って VMware サポートにお問い合わせください。

次のタスク

Horizon Cloud テナントが VMware Cloud services に登録されたので、環境のポッドの Horizon インフラストラクチャの監視 を有効にできます。Horizon インフラストラクチャの監視 と Horizon Cloud 環境のポッドを参照してください。