Horizon Cloud のテナント環境におけるポッドのフリートに最初のクラウド接続ポッドが追加され、Active Directory ドメイン登録が完了したら、コンソールの [キャパシティ] ページにアクセスできます。その時点で、[キャパシティ] ページの [新規] メニューが表示されます。そのメニューを使用して、フリートへのさらなるポッドの追加を開始できます。

コンソールで、[設定] > [キャパシティ] を使用して [キャパシティ] ページを開きます。フリートへのポッドの追加を開始するには、[新規] をクリックし、追加するポッドのタイプに応じて適切なオプションを選択します。

重要: フリートにポッドを追加するためのメニューの選択肢と特定のワークフロー手順は、追加するポッドの正確なタイプと、 Horizon Cloud テナント アカウントの構成に応じた使用においてサポートされる機能によって異なります。 Horizon Cloud での管理タスクのためのクラウドベースの Horizon Universal Console のツアーで説明するように、コンソールは動的であり、テナント アカウントでの構成内容に応じて機能が表示されたりされなかったりします。期待する機能がコンソールに表示されない場合は、情報に関するサポート リクエストを提出して申請してください。
Microsoft Azure の新しい Horizon Cloud ポッドをフリートに追加する場合
この使用事例では、メニュー フロー [新規] > [Microsoft Azure] を使用します。このフローにより、ポッド マネージャ ベースの Horizon Cloud ポッドのデプロイを自動化するウィザードが開始されます。これらのポッドは、 Horizon Cloud ポッド マネージャ テクノロジーをベースとしており、これは Microsoft Azure サブスクリプションでのみ動作します。詳細なワークフロー手順については、 Microsoft Azure 上の Horizon Cloud ポッド - Horizon Universal Console の [キャパシティ] ページを使用した、ポッド フリートへのポッドの追加を参照してください。
ヒント: この選択肢は、Azure VMware Solution (AVS) 上の Horizon ポッドには該当しません。AVS 上の Horizon ポッドは、 Horizon Connection Server テクノロジーをベースとしたポッドです。
新しい Horizon ポッドを追加する場合(Azure VMware Solution (AVS) 上の Horizon ポッドを含む)
Horizon ポッドは、ポッド マネージャ テクノロジーではなく、 Horizon Connection Server ソフトウェアをベースとしています。今回のリリースでは、 Horizon Cloud Connector を使用してこれらすべてのタイプのポッドを追加します。Horizon ポッドは、オンプレミス環境またはクラウド環境にすでに存在し、実行されている必要があります。このユース ケースにはメニュー フロー [新規] > [VMware SDDC] が適用されます。このオプションを使用した後、 [ダウンロード] をクリックして、最新の Horizon Cloud Connector アプライアンスのダウンロード元となる my.vmware.com ダウンロード ページに移動します。アプライアンスをダウンロードした後にポッドを接続するためのワークフロー手順については、 Horizon ポッドの Horizon Cloud 制御プレーンへのオンボーディングを参照してください。
注意: 特に VMware Cloud on AWS 上の Horizon ポッドに関しては、 [新規] > [VMware SDDC] をクリックした後、そのタイプに対して [追加] アクションがコンソールに表示される可能性がありますが、そのパスは使用しないでください。現時点では、このパスは汎用的なものではありません。また、公開されているドキュメントはありません。 VMware Cloud on AWS に Horizon ポッドを追加するには、 [ダウンロード] パスを使用します。