Horizon Cloud では、さまざまなタイプのポッドを使用でき、さまざまな環境にデプロイされたポッドをすべて単一の Horizon Cloud テナント環境に接続することができます。クラウド接続されたポッドがクラウド プレーンにオンボーディングされている場合、それらは管理コンソールの [キャパシティ] ページにリストされます。[キャパシティ] ページは、クラウド接続されたポッドの全体を監視および管理できるワンストップの場所です。ここでポッドをテナント環境に追加したり、ポッドの特性を編集したり、ポッドを削除したりできます。[ポッド] タブを使用して、ポッドをエンティティ全体として操作する以外に、[キャパシティ] ページのその他のタブでは、サイト(クラウド接続されたポッドの定義済みコレクション)を構成し、ポッドのキャパシティ関連リソース(保存された認証情報など)の設定を構成できます。



このトピックには次のセクションが含まれています。

[キャパシティ] ページの概要

[キャパシティ] ページは、コンソールの [設定] アイコンからアクセスできます。[キャパシティ] ページには複数のタブがあります。これらのタブについて考えられる役割の 1 つは、クラウド接続されたポッド、サイト、キャパシティ関連リソースに対する CRUD(一般的な作成、読み取り、更新、削除)操作へのアクセスを提供することです。

作成操作
[ポッド] タブには、ポッド フリートに新しいポッドを追加するワークフローを開始するための [新規] アクションが表示されます。[サイト] タブには、新しいサイトを定義するための [新規] アクションが表示されます。[リソース] タブには、新しいウィンドウを開く [管理] アクションが表示されます。この新しいウィンドウから、新しい Microsoft Azure サブスクリプション情報を追加して Horizon Cloud に保存できます。
読み取り操作
[ポッド] タブは、特定のポッドの詳細をドリルダウンして調べるためのアクセス ポイントでもあります。リストされたポッドの名前を選択し、ポッドに関する詳細を表示するページを開きます。[リソース] タブで、リストされたリソースの名前を選択し、リソースに関する詳細を表示するページを開きます。[サイト] タブでは、 [編集] ボタンを使用して、リストされているサイトの詳細を表示できます。
更新操作
[ポッド] タブは、ポッドの編集可能な特性を変更するための [編集] アクションを提供します。ポッドに対して編集できる特性は、ポッドのタイプ、ポッドの既存の特性、およびそのポッド タイプと特性に対してどのような変更がサポートされているかによって異なります。同様に、[サイト] タブには、サイトの編集可能な特性を変更するための [編集] アクションがあります。[リソース] タブの [管理] アクションは、リソースの編集可能な特性を変更するためのエントリ ポイントです。
削除操作
[ポッド] タブは、 Horizon Cloud テナントのクラウド接続ポッドからポッドを削除するための [削除] アクションを提供します。[サイト] タブには、そのタブで定義されているサイトを削除するための [削除] アクションが表示されます。[リソース] タブの [管理] アクションは、Microsoft Azure サブスクリプションの保存された認証情報など、保存されたキャパシティ関連のリソースを削除するためのエントリ ポイントです。

ポッド: ポッドレベルの情報

[ポッド] タブは、Horizon Cloud テナント環境のクラウド接続されたポッド、そのステータス、およびそのリソースの使用率に関する処理状況についての概要を示します。また、ここから、新しいポッドのデプロイの開始、ポッドの特性の編集、またはテナント環境からのポッドの削除など、ポッドレベルの管理ワークフローを開始することもできます。ポッドのタイプごとに、[ポッド] タブに固有の情報が表示されます。

表 1. [ポッド] タブのポッド別の情報列
詳細
ステータス オンラインなど、ポッドの健全性ステータスを示すアイコン。表示される各種ステータスの意味については、ポッド: 健全性ステータスの表示を参照してください。
名前 ポッドの現在の名前が表示されます。
タイプ ポッドがポッド フリートでサポートされるタイプの 1 つであるかどうかに応じて、ポッドのタイプが表示されます。コンソールのこの列に表示される内容の例として、On-PremisesVMware Cloud on AWS があります。
バージョン ポッド マネージャ ベースのポッドの場合、この列にはポッドのソフトウェア マニフェスト情報からのソフトウェア バージョンが表示されます。この数字は、ポッドが現在実行されているソフトウェア バイナリのバージョンを反映しています。

VMware SDDC 上の Horizon ポッドの場合、この列にはポッドを Horizon Cloud に接続する Horizon Cloud Connector のソフトウェア バージョンが表示されます。

状態 この列には、ポッドの現在の状態が表示されます。状態の意味は、ポッドのタイプ、すなわちポッド マネージャ ベースの Horizon ポッドであるか、Connection Server ベースの Horizon ポッドであるかによって異なります。これらのポッドのタイプ間のソフトウェア テクノロジーの違いの簡単な説明については、Horizon Cloud の紹介およびポッドをクラウド接続するためのオンボーディングの概要を参照してください。
Microsoft Azure のポッド マネージャ ベースの Horizon ポッド
このタイプのポッドは、コンソールの自動化されたポッド デプロイ ウィザードを実行すると、Microsoft Azure サブスクリプションでインスタンス化されます。[キャパシティ] ページには、このタイプのポッドは常に Managed として表示されます。このようなポッドは常に Horizon Cloud 制御プレーンを使用して管理できるためです。コンソールを使用してポッドのすべての側面を管理できます。また、コンソールの 統合された可視性、健全性監視、およびヘルプ デスク機能も活用できます。
VMware SDDC 上の Connection Server ベースの Horizon ポッド(Azure VMware Solution の Horizon ポッドを含む)
[キャパシティ] ページには、このタイプのポッドは Monitored または Managed として表示されます。監視状態は、これらのポッドを最初に Horizon Cloud にオンボーディングした後のデフォルト状態です。ポッドが監視状態にある場合は、 統合された可視性、健全性監視、およびヘルプ デスク機能を提供するそれらのコンソール機能を使用できます。

このタイプのポッドが特定の要件を満たしている場合は、そのポッドを管理状態に移行できます。管理状態にある VMware SDDC 上の Horizon ポッドの場合、監視状態のポッドに使用できるコンソール機能を使用できることに加えて、管理対象ポッドのリソースを使用するマルチクラウド割り当て (MCA) を作成し、コンソールを使用してそれらの MCA を管理することもできます。

場所 現在ポッドに関連付けられている地理的な場所を表示します。ポッドに関連付けられた場所を変更するには、[キャパシティ] ページの [編集] アクションを使用して、ポッドを別の場所に関連付けます。ポッドの特性の編集を参照してください。
サイト Universal Broker によって仲介されるマルチクラウド割り当てを使用するようにご使用の環境を構成している場合、この列には、現在ポッドに関連付けられているサイトの名前が表示されます。Universal Broker のサイトの構成を参照してください。
デスクトップとアプリケーションの使用率 Horizon Cloud 環境では、デスクトップとアプリケーションの使用率は、最大可能なセッション数に対するアクティブな使用中のエンドユーザー セッション数の割合という観点からのユーザー アクティビティの測定値です。
注: このリリースでは、Microsoft Azure のフリートにあるポッド マネージャ ベースの Horizon ポッドのデスクトップとアプリケーションの使用率のみが報告されます。

ポッド レベルでは、[デスクトップとアプリケーションの使用率] 列には、以下に従って計算された割合が表示されます。

  1. ポッドに接続されているアクティブなデスクトップ セッションとリモート アプリケーション セッションをすべて合計します。
  2. 構成されたファームと VDI デスクトップ割り当てセッションの最大値に基づき、ポッドに構成されているすべての提供可能なデスクトップ セッションとリモート アプリケーション セッションを合計します。
  3. 1 番目の合計を 2 番目の合計で除算し、100 を掛けて使用率を算出します。

例として、ポッドには次のものが含まれるとします。

  • 1 台の RDSH 仮想マシンと、仮想マシンあたり 10 個の同時セッション用に設定された 1 つのデスクトップ ファーム(そのファームからの 10 個の潜在的なセッション)。
  • 2 台の RDSH 仮想マシンと、仮想マシンあたり 20 個の同時セッション用に設定された 1 つのアプリケーション ファーム(そのファームからの 40 個の潜在的なセッション)。
  • アプリケーション ファームからリモート アプリケーションへの 1 つのアクティブなエンド ユーザー接続

潜在的なセッションの数が 50(デスクトップ ファームから 10、アプリケーション ファームから 40)で、アクティブなセッションの数が 1 であるため、1 / 50 = 2% となり、[デスクトップとアプリケーションの使用率] 列に表示されるポッドの割合は 2% になります。

使用済み容量 Horizon Cloud 環境では、キャパシティの使用率とは、ポッドがデプロイされる基盤となるキャパシティ インフラストラクチャ内でのポッドの使用に利用できる潜在的なキャパシティの合計のうち、使用中のポッドの仮想 CPU リソース (vCPU) が占める割合を示す測定値を意味します。
注: このリリースでは、Microsoft Azure のフリートにあるポッド マネージャ ベースの Horizon ポッドのキャパシティの使用率のみが報告されます。このようなポッドのキャパシティ使用率は、サブスクリプション全体のリージョンあたりの合計 vCPU 割り当てに基づいています。同じサブスクリプション内のすべてのポッドは、同じキャパシティの使用率を報告します。

たとえば、このようなポッドの場合、vCPU のキャパシティ使用率は、Microsoft Azure サブスクリプションの Microsoft.Compute で確認できるリージョンあたりの合計 vCPU 割り当ての値になります。インポートされた仮想マシン、シールドされたイメージ、ファーム RDSH インスタンス、および VDI デスクトップ インスタンスに使用される vCPU に加え、このようなポッドはそれぞれ、サブスクリプションのリージョンあたりの合計 vCPU 割り当てのうち、そのマネージャ仮想マシンに 4 つの vCPU、それぞれの Unified Access Gateway 仮想マシンに 4 つの vCPU を使用します。

ポッド: 使用可能なポッドレベルのアクション

[キャパシティ] ページから実行できるポッドレベルの管理アクションの詳細は、アクションに関与するポッドのタイプ(VMware SDDC 上の Horizon ポッド、または Microsoft Azure 上の Horizon ポッド)によって異なります。ご使用の環境で自動デプロイ ウィザードを使用できるポッド タイプに対してポッドのデプロイを開始できます。

アクション 説明
[新規] > [ポッドのタイプ] ポッド フリートに新しいクラウド接続されたポッドを追加するワークフローを開始します。最初のポッドの追加後に、ポッドを追加する際にこのアクションを使用します。ポッドの追加方法は、必要なポッドのタイプと、現在の Horizon Cloud サービス レベルでの使用がサポートされているものによって異なります。

以下のトピックは、ポッドのタイプに基づく詳細な手順にリンクしています。

[編集] ポッドを選択し、[編集] をクリックして、ポッドの編集可能な特性を変更します。
[削除] ポッドを選択し、[削除] をクリックして、ポッドを Horizon Cloud テナントから削除します。
ヒント: 削除ワークフローの結果は、ポッドのタイプによって異なります。
  • Microsoft Azure 上のポッド マネージャ ベースの Horizon ポッドの場合、削除ワークフローによって、ポッドとそのすべてのアーティファクトが Microsoft Azure サブスクリプションから削除されます。
  • VMware SDDC 上の Horizon ポッドの場合、削除ワークフローによってポッドが Horizon Cloud 制御プレーンから切断され、ポッドはクラウド接続ポッドではなくなります。ポッドのアーティファクトは、Horizon Cloud Connector を使用してポッドをクラウドに接続する前にデプロイ先だったキャパシティ環境にとどまります。このようなポッドの場合、削除ワークフローは、Horizon Cloud Connector ユーザー インターフェイスで Horizon Cloud Connector [接続解除] アクションを使用する場合と同じ結果になります。
[詳細] > [状態の変更]

ポッドが監視対象の状態にあり、特定の要件を満たす場合は、マルチクラウド割り当てでの使用のために管理対象の状態に変更できます。

注: コンソールには、VMware SDDC 上の Horizon ポッドに対してのみこのアクションが表示されます。上述したように、Microsoft Azure 上のポッド マネージャ ベースの Horizon ポッドは常に管理状態になります。結果として、このようなポッドの状態を変更することはできません。

このワークフローを使用するには、監視状態にあるポッドを選択してから [詳細] > [状態の変更] を選択します。詳細については、View ポッド - マルチクラウド割り当てのためのクラウド接続されたポッドの有効化およびそのサブトピックを参照してください。

ポッド: 詳細ページ

[キャパシティ] ページでポッドの名前をクリックすると、ポッドの詳細ページが表示されます。ポッドの詳細ページには、そのポッドで実行できる情報とアクションが表示されます。ポッドについて表示できる詳細な特性のタイプは、ポッドのタイプによって異なります。ポッドに対して実行できるアクションのタイプは、ポッドのタイプとポッドの現在の状態によって異なります。ポッドの編集やテナント環境からのポッドの削除など、一部のアクションは、ポッドに対して実行できるワークフローを [キャパシティ] ページから複製します。

表 2. タイプに応じたポッドの詳細ページ
タイプ 詳細
VMware SDDC 上の Horizon ポッド(Azure VMware Solution 上の Horizon ポッドを含む)

ページには、[サマリ] および [監査ログ] タブがあります。[監査ログ] タブの詳細については、監査ログの操作を参照してください。

ポッドの [サマリ] タブのアクション ボタンを使用して、現在 Horizon ポッドでの使用がサービスによってサポートされているアクションを実行します。

[バージョン番号] フィールドに表示される数字は、ポッドで現在実行されている Horizon Cloud Connector のバージョンとビルド番号を反映しています。

Microsoft Azure の Horizon ポッド(ポッド マネージャ ベースの種別)

ページには、[サマリ]、[システム アクティビティ]、[ユーザー アクティビティ]、および [監査ログ] タブがあります。[監査ログ] タブの詳細については、監査ログの操作を参照してください。

ポッドの [サマリ] タブのアクション ボタンを使用して、現在このタイプのポッドでの使用がサービスによってサポートされているアクションを実行できます。

[バージョン番号] フィールドに表示される数字は、ポッドが現在実行されているソフトウェア バイナリのバージョンを反映しています。このバージョンは、ポッドのマニフェスト番号またはポッドのビルド番号と呼ばれることがあります。ポッド ソフトウェアの更新版をポッドで使用できる場合、画面にはポッドに適用できるマニフェスト番号を含むメッセージが表示されます。

ポッドの詳細ページからポッドのサブスクリプション情報を編集することもできます。デプロイされた Horizon Cloud ポッドに関連付けられたサブスクリプション情報の変更、修正、更新を参照してください。

ポッドの詳細ページから、このようなポッドが Microsoft Azure サブスクリプション制限を使用しているレベルを調べることもできます。Horizon Universal Console を使用して、サブスクリプションによる Microsoft Azure 制限の現在の使用率を調べるを参照してください。

ポッド: 健全性ステータスの表示

Cloud Monitoring Service は、各ポッドからの情報を取得し、その情報を使用して [キャパシティ] ページと [ダッシュボード] ページにポッドの健全性を示します。[キャパシティ] ページの [ステータス] 列に表示される健全性ステータスの意味は、次のセクションに記載されています。[キャパシティ] ページでは、ステータス アイコンの上にカーソルを置くと、報告されたステータスの基盤となる詳細を表示できます。

オンライン
ポッドには健全性の問題はありません。ポッドのコネクタ サービスは オンライン ステータスで、すべてのポッドのサービスが動作しています。
準備完了
ポッドには健全性の問題はありません。ポッドのデプロイまたは更新プロセスの完了など、ポッドが オンライン に移行しているときに、[キャパシティ] ページに 準備完了 のステータスが一時的に表示されることがあります。
エラー
ポッドには重大な健全性の問題がいくつかあり、対処する必要があります。重大な問題は、ポッドの正常な動作に影響します。
警告
クラウド監視システムが、ポッドから健全性ステータスを取得しましたが、いくつかの問題があります。これらの問題はポッドの操作にとって重大ではないため、ポッドは正常に動作します。
オフライン
クラウド監視システムは、ポッドで接続サービスが実行されていないことを検出しました。
  • ポッド マネージャ ベースのポッドの場合、このステータスは通常ポッドのマネージャ仮想マシンが実行されていないことを意味します。この状況はまれであり、通常、Microsoft Azure ポータルを使用してポッド マネージャを手動でシャットダウンした場合、または Microsoft Azure クラウドに障害が起きている場合に発生します。
  • Horizon Cloud Connector を使用して接続されている Horizon ポッド(VMware SDDC 上のすべての Horizon ポッド)の場合、このステータスは Horizon Cloud ConnectorHorizon Cloud 間の接続がないことを意味します。Horizon Cloud Connector が操作可能で実行中であることを確認します。
不明
クラウド監視システムは、ポッドから健全性ステータスを取得できません。Horizon ポッドの場合、通常このステータスは、Horizon ポッドへの API 呼び出しで情報を取得できないことを意味します。たとえば、 Horizon Cloud Connector インスタンスまたは Connection Server インスタンスに問題があり、必要なデータを提供できない場合などです。

サイト

[サイト] タブは、環境が Universal Broker を使用するように構成されている場合に表示されます。Horizon Cloud 環境のサイトの詳細については、Universal Broker 環境でのサイトの操作およびそのサブ トピックを参照してください。

リソース

Horizon Cloud では、各タイプのリソース キャパシティに存在するポッドと連携するために、特定のタイプの情報が必要です。この情報は、リソース キャパシティを Horizon Cloud 環境に関連付けるときに Horizon Cloud の構成セットに保存されます。[リソース] タブには、次のものがあります。

  • それらの保存された構成設定の概要。
  • それらの設定を管理するための [管理] アクション。現在、このタブには、Horizon Cloud で Microsoft Azure 上のポッド マネージャ ベースの Horizon ポッドの実行と管理に使用する、保存された Microsoft Azure サブスクリプション情報を管理する機能が用意されています。Microsoft Azure サブスクリプション情報の編集、削除、および追加を参照してください。